FC2ブログ
空舞う竜の日記
サイト『空を舞う竜のように』の日記コーナーです。主にアニメの感想、たまにCDやマンガ、イラスト投稿などがあります。感想にはネタバレがあるためご注意を。 日記へのコメント&トラックバックはもちろん大歓迎です。ですがサイト内容にそぐわないようなものは問答無用で削除させていただく場合がございます。あらかじめご了承ください
神曲奏界ポリフォニカクリムゾンS第12話感想
 何ていうのか・・・・・・うん、って感じでした。

 というわけで最終回ながら原作厨による第二期アニメの愚痴感想が始まります。そういったものがお嫌いな方は戻るボタンをクリックでどうぞ。

 ・神曲奏界ポリフォニカ クリムゾンS 第12奏”希望:vivace”

 嘆きの異邦人サイドは原作よりもいい感じだったかもと思いました。ボルゾンについた三人が世界の種子に吸収されず、逆に自分達の行いを省みてたのがよかったです。その上で「テロは間違ってなかった」と、世界に対して疑問を投げかけたことに満足していたことも。また変に改悪されずボルゾンが”悪”であり続けられたのもよかったです。まあ”悪”といっても天才であるがゆえに孤高すぎた悲しい人って感じでもあるのですが。

 それで絶対にスタッフに愛されているだろうというのがイアリティッケですね。どのシーンにおいても作画が非常によくて可愛く描かれていましたし。性格もいい感じ。それに最期のサモンとのシーンは本当に良かったです。あれを見ているだけでこの二人の過去編を見てみたいと思えるほどでした。これに関しては大変素晴らしかったです。

 その一方でフォロンサイドに関してはつっこみどころだらけでした。まあ今さらなのでもうどうでもいい気がしてきましたけど。フォロンとコーティカルテのキスシーンは思わずイヤホンとテレビ画面から耳と目を離しちゃったくらいでしたからね・・・。あとペルセたちがみんなで歌ってるシーンとか。尺が足りないから仕方がないとはいえなかなか割り切れませんよね・・・。

 でも卒業式を描いたことに関してはこれはこれでよかったと思います。原作の学校を外から眺め桜舞い散る青空へとフェードアウトしていくのもよかったですが、戻ってきた日常と卒業というイベントを同時に見せるという意味ではこれはこれでありだったと思います。

 というわけで全12話を見た感想を。・・・・・・まあ「これは酷い」としかでてこないわけですが。メディア媒体が違うから表現方法が変わってくるのはわかります。12話という尺の長さでは原作分を描ききるのが厳しかったこともわかります。だからオリジナル展開が存在するのはわかりますし、それはそれでいいと思います。が、”作品としての根底”にあたる部分を変えてはいけなかったと思います。簡単にいうとこのアニメは「ポリフォニカ?」ではあっても「神曲奏界ポリフォニカ」ではなかったということです。

 よく比較対照とされ酷い扱いをうける第一期ですが、私としては第一期の方がよかったです。あちらは確かに作画が物凄く酷かったです。話の構成も格別上手いというわけではなかったでしょう。でも、あちらは紛れもなく『神曲奏界ポリフォニカ』だったと思います。そりゃあ原作者たちがシナリオを書いたんですから当然だと思われそうですが、これって大切なことではないでしょうか?そもそもポリフォニカらしくなければ”神曲奏界ポリフォニカ”でアニメをする必要がないわけです。そのあたりが第二期ではダメだったんじゃないかな、と原作ファンは思います。

 実際のところアニメオリジナルでもいいと思えたところはあるんですよ?ライカ襲撃とプリネの件を分けてわかりやすくしたところや、プリネとペルセのエピソードそのものとか。最近のでいえば嘆きの異邦人サイド(notライカの最期)やエレインドゥースの活躍ですね。ですから決して全てが全て悪かったというわけではありません。

 しかし全体を通してみると改悪と呼ぶようなところが多かったんですよね。設定の多少の変更は仕方ないですし構わないと思います。原作者の榊先生も単行本のあとがきで言っていましたが、第一期だって設定を変えているところ(コーティカルテが物質透過で壁抜けするところ)はありました。が、第二期に関してはそれが多すぎたように思えます。そして何より、描いてない要素が多かったのが問題ですね。とりあえず神曲と精霊の関係が軽くなりすぎたのが問題だったかと。本来ならもっと密接かつ多大な影響のある関係ですが、それが「神曲があると精霊がパワーアップするよ~」くらいにしかなってなかったのがダメだったと思います。この描写が足りなかったので音楽を主体としている作品なのにそれが感じられなかったという弊害も発生したんだと思います。あとはやはり原作の名シーンをないがしろにしすぎているということですね。とりあえず私が名シーンだと思った個所に関しては全てなかったことになっています。原作ファンに媚びるわけではないですが、押さえるところは押さえるべきだったと思います。あるいはそれに代わるだけの名シーンがあればよかったのですが・・・・・・まったくありませんでしたしね。

 あとはまあ・・・コーティカルテの声ですね。「ぬわぁ~にぃ~!!」はほんと勘弁してください。もうキネティックの声でかき消したくなるくらいこれは酷かったです。あるいはこれがなかったらもう少し印象がよかったかもしれません。それとこれまでは書きませんでしたがフォロンとペルセの声にも強烈な違和感がありました。キャライメージが変わるほどにですね。第一期のころは凄くあってたと思うんですけどね・・・。

 ですがこれらの感想はあくまで原作厨である私の感想です。アニメから入った方にとってはそれなりによい作品になったのではないでしょうか?ペルセの態度やコーティカルテのキスなんかは原作をしらなければ自然と受け入れられそうですし。話としても一応綺麗にまとまっていますしね。

 何はともあれスタッフや関係者のみなさんお疲れ様でした。原作の数はあるので万が一にもこのスタッフで第三期を作ることがあるのなら、そのときポリフォニカらしさをお忘れなく。また、他の色をアニメ化する場合も同上です。

 というか他の色をアニメ化して仕切りなおしした方がいい気もしますね。どれも完結してないですから制作は大変そうですけど。でも黒なら第一期みたいに1話・・・だけだと足りないので数話完結のような形にすればいけそうですし。あとまだ読めてませんがダン・サリエルの話はアニメ化しやすいという声もありますね。なんにせよこのまま紅シリーズでいくよりかは他の作品を一端アニメ化したほうがいいかもしれませんね。
スポンサーサイト



テーマ:神曲奏界ポリフォニカ - ジャンル:アニメ・コミック

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://sora0ryu.blog87.fc2.com/tb.php/971-9a0def7f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

RyO(卯竜)

Author:RyO(卯竜)
サイト『空を舞う竜のように』の管理人です。アニメ、マンガ、ゲーム、ラノベ、イラスト、カードゲーム、と趣味の幅は広いです。

また、「卯竜」名義でイラストレーターをやっています。イラストのお仕事を募集中です。何かありましたらご気軽にご連絡くださいませ。

現在キリ番企画実施中
7000hitありがとうございます!!キリ番を踏んだ方はよろしければイラストのリクエストをどうぞ!! next→8000hit
pixiv



web拍手

web-拍手2

日記でもサイトでも何かご意見・ご感想がありましたらこちらからもどうぞ。



お知らせなど

コミックマーケット89に参加します

3日目・西つ15b



フリーエリア



ついったー



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



ブログ内検索



月別アーカイブ



カテゴリー



リンク

このブログをリンクに追加する



カレンダー

08 ≪│2019/09│≫ 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



RSSフィード



メール

名前:
メール:
件名:
本文: