FC2ブログ
空舞う竜の日記
サイト『空を舞う竜のように』の日記コーナーです。主にアニメの感想、たまにCDやマンガ、イラスト投稿などがあります。感想にはネタバレがあるためご注意を。 日記へのコメント&トラックバックはもちろん大歓迎です。ですがサイト内容にそぐわないようなものは問答無用で削除させていただく場合がございます。あらかじめご了承ください
神曲奏界ポリフォニカクリムゾンS第3話感想
 ・・・・・・話が進むごとに文句が多くなってきます。

 原作を前提とした感想を書いている身として間違ったことを話さないようにと原作ノベル版のクリムゾンS第1巻を読み直したのですが、これが失敗だったかもしれません。私の中でどうしようもないほど原作とアニメで溝が開いてしまったためちょっと今回はアニメならではの良かった点すら見つけられませんでした。

 自分の日記ではありますがこれ以上文句ばかり書くことになりそうならこの作品の感想を書くのを止めることになるかもしれません。不満を書くのはそれはそれで自分の中で見て想ったものを整理する切っ掛けにはなるのですけどそれしかないのもどうかと思うので。その判断は次回を見てということになりそうです。微妙に聞きそびれましたが内容的にアニメオリジナルの部分が多々ありそうなのでいい具合に私の中で”アニメは原作とは別アプローチである”と取り込めるかもしれませんから。

 ※ここから先は原作厨による愚痴感想となっております。閲覧の際はご注意ください

 ・神曲奏界ポリフォニカ クリムゾンS 第3奏”盟約:loco”

 なぜあのシーンを省いたのか?

 そこだけはどうしても問い詰めたいです。アニメ化の際に尺という時間制限がありますから日常的な細かいやりとり、場合によってはそれなりに重要なところが省略または改変されてしまうのは仕方がないと思います。特に原作が文章だと人物の心理描写の表現などは厳しいでしょう。ですから私もこんな風に愚痴を書いてはいるもののある程度は仕方がないとして視聴しています。ですがあのシーンが省かれたのだけは大いに不満です。

 そのシーンとはフォロンが”神曲”を奏でた際のコーティカルテとのやり取りです。ここでコーティカルテはフォロンの神曲を受けて”大人の姿に戻る”のですが、ここが変にカットされていました。といっても別に大人の姿に戻らなかったのに不満があるわけではなく、このやり取りが大きく改変されていたことでした。

 「ごめん。ずいぶんと待たせちゃったね」

      ~~<中略>~~

 「・・・・・・汝の魂は悦びであり慰みであり癒しである。汝が汝である限りは我は汝の力となって常に寄り添うであろう」


 地の文を含め原作のこのシーンですね。正直なところこのシーンは絶対に省いてはいけないシーンだと思っていました。このシーンは二人の始まりとこれからに繋がるとても大切な一つの誓いの儀式でした。アニメでもそれっぽいことはやっていますがどうしても薄っぺらく感じてしまいました。まああとは単純に大人の姿と子どもの姿の声の違いの影響もあると思いますけどね。このときのセリフはコーティカルテが大人だったからこそより重みが増していたというのもあります(キネティック版)。戸松さんも第1話のときの大人姿の声が良かったので今回もそうしていれば十分に箔がついたと思うのですが・・・。今回はちょっと改悪としかいえません。あと精霊は100柱以上集めています。あのシーンでは。

 このアニメはただでさえフォロンがコーティカルテの存在によってどれだけ救われたのかや精霊にとって神曲がどういったものなのかなどといった描写が不足気味なのですからこういった外してはならないようなシーンはきちんと押さえるべきだったと思います。アニメならでは改変というにはならではにすらなっていなかった気がしますし。・・・・・・それとも私の感性が世間とずれているのでしょうか?あのシーンは他の人にとっては大して重要なシーンではないのでしょうか?

 あとはフォロンがダメキャラになっているのが問題です。まあ普通の人間といえばそうなのかもしれませんけど・・・。フォロン寝不足やら悩んでたりしてもペルセの質問にはちゃんと答えていましたし、それにダングイスの態度にもぶち切れたりはしません。ぶっちゃけ究極的にいい人なんです。あと単身楽団の展開に関しても嬉々として語る姿やその展開方法を下級生に見せてあげて見直されるシーンとかも本来ならあったのに・・・・・・。

 あとプリネがダングイスに靴を投げたのはやりすぎ感が。というよりキャラが違う。むしろ本気で切れたときは冷淡な口調になるからこそ凄みが増すのに・・・。まあここは細かい点を気にしすぎなところかもしれませんけどね。・・・でも演出時間が増えるわけでもないですしあの描写はいらなかった気が。

 伏線的には最後あたりにテロやら嘆きの異邦人の話題がありましたね。・・・・・・クチバ・カオルがお飾りな存在にされていたのには泣けましたが。まあここはアニメでは表現されきれないと思いますし仕方がないのかも。・・・ただそうすると第1話冒頭の戦闘以前のコーティカルテが何処にいたのかが表現できないような。クチバ・カオルが小物になってしまうとそこに弊害が出てしまいます。

 何かこれまで溜まっていた不満が爆発した第3話となってしまいました。さらにいうなら小コーティカルテの声が全然イメージと合わなくなってしまっているんですよね・・・。「何ぃ~」が酷すぎる。CMで聴くたびに何か凹みます。・・・・・・最初のイメージって本当に大切ですよね。まああれは平井理子さんの声があまりにも合いすぎていたからですが。あれは絶対に超えられない。というかあれ(キネティツク版)が私が彼女の声を好きになった切っ掛けですけどね。感謝しても足りないくらいです。


 まあこんな具合で。これだけ文句を言っていますが視聴だけは絶対に続けます。だって見ないとどこが嫌だったのか否定できませんから。好きな作品だからこそちゃんと見て自分がどこが良くてどこが悪いと思ったのか納得したいと思います。
スポンサーサイト



テーマ:神曲奏界ポリフォニカ - ジャンル:アニメ・コミック

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://sora0ryu.blog87.fc2.com/tb.php/897-d4d0e7a4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

RyO(卯竜)

Author:RyO(卯竜)
サイト『空を舞う竜のように』の管理人です。アニメ、マンガ、ゲーム、ラノベ、イラスト、カードゲーム、と趣味の幅は広いです。

また、「卯竜」名義でイラストレーターをやっています。イラストのお仕事を募集中です。何かありましたらご気軽にご連絡くださいませ。

現在キリ番企画実施中
7000hitありがとうございます!!キリ番を踏んだ方はよろしければイラストのリクエストをどうぞ!! next→8000hit
pixiv



web拍手

web-拍手2

日記でもサイトでも何かご意見・ご感想がありましたらこちらからもどうぞ。



お知らせなど

コミックマーケット89に参加します

3日目・西つ15b



フリーエリア



ついったー



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



ブログ内検索



月別アーカイブ



カテゴリー



リンク

このブログをリンクに追加する



カレンダー

02 ≪│2020/03│≫ 04
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



RSSフィード



メール

名前:
メール:
件名:
本文: