FC2ブログ
空舞う竜の日記
サイト『空を舞う竜のように』の日記コーナーです。主にアニメの感想、たまにCDやマンガ、イラスト投稿などがあります。感想にはネタバレがあるためご注意を。 日記へのコメント&トラックバックはもちろん大歓迎です。ですがサイト内容にそぐわないようなものは問答無用で削除させていただく場合がございます。あらかじめご了承ください
神曲奏界ポリフォニカ クリムゾンS 第一奏”邂逅:misterioso” 感想
 ちょっとこの作品については本気の本気で感想を書きたいと思ったのでカテゴリを専用のにわけました。

 原作は計4回(PC、PS2、PSP、ノベル)ほど読んでいます。どうしようもないほど記憶力が悪いのでところどころ記憶違いがあるかもしれませんが、それでもファンと言えるほどにはこの『神曲奏界ポリフォニカ クリムゾンシリーズ』のことを好きだと思っています。ということで一ファンとしてこのアニメとなった『神曲奏界ポリフォニカ クリムゾンS』の感想を書いていこうと思います。

 感想は続きからです。ただ初っ端から愚痴っているので注意してください。

 ・神曲奏界ポリフォニカ クリムゾンS 第一奏”邂逅:misterioso”

 ・・・・・・ものすっごい複雑な心境です

 原作ファンの方がアニメ化に際し不満を言われる気持ちがわかってしまいました。アニメ化するために物語にアレンジを加えるのは構いません。元々の表現媒体が違うのですからそうなるのは当然ですし、アニメならではの表現によってまた別の楽しみが生まれることもあるのですから。・・・ただし、原作においてとても重要かと思われる描写を省略してしまったりするのはどうなのでしょうか。今回で言うならコーティカルテの暴走がフォロンの姿を見ただけでピタリと止まってしまったこと。精霊にとって禁断症状による暴走はそんな生易しいものではありません。これが単にフォロンの歌を聴いたことで彼を求めて単に彷徨っている程度の描写に留めていたら納得はできます。しかし今回のコーティカルテの描写はどす黒い闇に覆われて周囲のものを破壊してまわる明らかな破壊症状を持った状態でした。これは神曲を得られなくなったことによる禁断症状、暴走です。原作ではその状態になってしまった彼女を(そのときは彼女だと気づいてませんが)をフォロンが止めてあげたいと想い歌った歌が飢餓状態にあった彼女を癒し落ち着かせたのです。その描写を除いてしまったことが残念でなりませんでした。なんて言うのか、精霊の危うさと神曲の美しさを表現できる重要なワンシーンを逃してしまった感じです。

 あと細かいうえに物凄く個人的なところなのですが、最後のフォロンがコーティカルテやユギリ姉妹と登校する場面におけるペルセのキャラが何か違った感じが。具体的に言うとコーティカルテのことを三角関係レベルでライバル視(もちろん恋愛方向で)している感じがしました。このころペルセが抱いていたのはフォロンに対しての恋心というよりは理想の神曲楽士に対しての憧れみたいなものだったはずです。もちろん優しい先輩として慕っている部分もありましたけど、せいぜいまだそのくらいでした。コーティカルテに対してもフォロンから引き剥がそうとするのではなく”なぜ自分がフォロンと一緒にいてはいけないのか?”とコーティカルテが敵対心を抱いているのがわかっていない状態でした。だから・・・こんな感じではないと思うんですけどね。

 まああとは細かいところで物足りないところも。初めてのコーティカルテとフォロンの邂逅の際、その出会いがフォロンをどれだけ救ったのかということ。精霊に対しての説明。神曲に対しての説明。などなど・・・。でもこのあたりは媒体の違いによるところが大きいので仕方がない気もしますけどね。心理描写や状況説明をさせやすい小説と比べるとどうしてもアニメは難しいですからね。ですからここは不満とかではなく単にあったらよかったな~くらいで。

 でもアニメ版アレンジもかなり良い所もありました。フォロンが食堂の掃除をしているシーンですね。ここは短い中に様々な状況や伏線を上手く詰め込んだと思います。たとえばテロの話。原作では第3章から出てくる話題なのですが、この時点でそれを入れることによって今後の展開への唐突さをなくしスムーズに移行させることができると思います。またこの場にレンバルトとユギリ姉妹を居合わせたのが上手いです。キャラ紹介を一度に兼ねましたし、またこのときユギリ姉妹が何をしていたのかをシンプルにわかりやすく語られたと思います。またその他にもコーティカルテとフォロンの途中契約の様、そして再契約の様子が追加されて描かれたのはよかったですね。あとはこの再会が仕組まれたものであると裏付ける封印を解いた”彼”の存在とか。

 OP担当は前作に引き続きeufoniusさんが担当。相変わらず素晴らしすぎる楽曲です。映像もなかなかいい感じでした。EDはシーンと重ねてありましたがコーティカルテ役の戸松さんの楽曲のようですね。キャラソンて感じがしなくもないですがちゃんと聴けば気に入れそうです。

 声優さんたちは前作と同じということもあり安定している気がします。ただ戸松さんに関しては前作以降数多くの作品に出演されていたので少し他のキャラとダブってしまったのが個人的に残念でした。ただ大人版コーティカルテは実に良かったと思います。

 第1話から愚痴ってばかりでしたが良アレンジ部分もありましたし、まだ期待していきたいと思います。第2話は予告と話の流れからすると”あの話”のようですね。第2話でどこまで描かれるかはわかりませんが、これにも好きなシーンがありますしできれば期待したいと思います。
スポンサーサイト



テーマ:神曲奏界ポリフォニカ - ジャンル:アニメ・コミック

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://sora0ryu.blog87.fc2.com/tb.php/881-43cb0f9f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

RyO(卯竜)

Author:RyO(卯竜)
サイト『空を舞う竜のように』の管理人です。アニメ、マンガ、ゲーム、ラノベ、イラスト、カードゲーム、と趣味の幅は広いです。

また、「卯竜」名義でイラストレーターをやっています。イラストのお仕事を募集中です。何かありましたらご気軽にご連絡くださいませ。

現在キリ番企画実施中
7000hitありがとうございます!!キリ番を踏んだ方はよろしければイラストのリクエストをどうぞ!! next→8000hit
pixiv



web拍手

web-拍手2

日記でもサイトでも何かご意見・ご感想がありましたらこちらからもどうぞ。



お知らせなど

コミックマーケット89に参加します

3日目・西つ15b



フリーエリア



ついったー



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



ブログ内検索



月別アーカイブ



カテゴリー



リンク

このブログをリンクに追加する



カレンダー

02 ≪│2020/03│≫ 04
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



RSSフィード



メール

名前:
メール:
件名:
本文: