FC2ブログ
空舞う竜の日記
サイト『空を舞う竜のように』の日記コーナーです。主にアニメの感想、たまにCDやマンガ、イラスト投稿などがあります。感想にはネタバレがあるためご注意を。 日記へのコメント&トラックバックはもちろん大歓迎です。ですがサイト内容にそぐわないようなものは問答無用で削除させていただく場合がございます。あらかじめご了承ください
機動戦士ガンダム00 セカンドシーズン第25話感想
 もう3月も終わりですね。こんばんは。

 もう4月なんだと思うと妙な焦りがでてきます。「ちょ、ヤバイよヤバイよ!?」って感じで。・・・・・・さっさとあれを完成させないと。


 アニメ感想は続きからです。一作品の感想としては過去最高クラスの長さっぽいです。

 機動戦士ガンダム00 セカンドシーズン 第25話”再生”

 最終回に相応しい戦闘描写の凄さ

 何かもうこれに尽きるって感じでしたね。兎に角圧巻でした。この戦闘のためだけに何度も見返したくなります。やはりセル画のロボットがこれだけ縦横無尽に動き回ると迫力がありすぎますね。

 まずダブルオーライザーVSリボーンズキャノン。リボーンズキャノンのまさかのガンダムモードに変形するのがビックリでした。擬似太陽炉とはいえこちらもツインドライブだっただけにダブルオーライザーと互角、それどころか上回ってましたね。機体がどんどん破壊されながらも勝つために攻撃の手を休めない二機の命の削りあいはさながら燃え盛る炎のような激しさでした。

 次にアレルヤ&ハレルヤ・ライルVSヒリング・リヴァイブ。ここでは特にライルが最高にカッコよかったですね。ボロボロの機体でさらに追い詰められて。それでも最後の一瞬のタイミングを逃さずトランザムを機動→銃を押し付け連射の動きはもう凄いの一言でした。アレルヤもハレルヤが復活したことで戦闘能力が上がってましたね。ヴェーダのサポートがないとはいえ完全にイノベイドを圧倒していました。あの荒々しい動きが良かったです。

 そしてそして、予想だにしなかった奇跡、いや運命の戦いが。オーガンダムVSガンダムエクシア!!もうテンションは最高潮でした。またバックで読まれるマリナの手紙がいいんですよね。第一期の刹那の手紙に対する返事のようなものになってましたが、刹那の幸せを願う内容が読み上げられるなか戦い続ける刹那の姿を見ていたら、こう、なんだかよくわからないけど熱いものが胸に込み上げてくるようなそんな感じでした。いやもう兎に角凄かったです。

 そしてエピローグへ。マリナは復興したアザディスタンの女王になったみたいですね。最後まで平和を願い続けたきた彼女には相応しいと思います。国民も祝福しているようですしいい女王になってほしいと思います。

 ルイスは病院で療養中のようでした。沙慈ともまた元のような関係に戻れたようで本当に何よりです。このときの沙慈の言葉はこの作品の締めであると同時に世界への問いかけのように感じられました。この第二期で様々なことを経験してきた沙慈だからこその言葉かなって思えましたね。

 連邦は新たな大統領が決まり平和に向かって歩き出しましたね。気になることとしてはちらほら見受けられたイノベイドらしき人たちです。たぶんアニューと同じように自分達がイノベイドであることに無自覚で暮らしている者たちだと思うのですが・・・来るべき対話において何かあるのでしょうか?

 生きていると信じていたコーラサワーでしたがやっぱりバッチリ生きていました。しかもカティと結婚とは!!第一期第1話から登場してこの作品通して一番幸せな人物ではないでしょうか。まさに癒し。

 アンドレイは軍人を続けてましたね。父のことを受け止めて、そのうえで母と父のような人々を守る理想の軍人を目指しているようです。

 ビリーは研究者を続けているようでした。でもスメラギと寄りを戻したらしく写真が飾られてましたね。さらにその後ろにはグラハムの姿も。刹那に言われたことが彼の中でどう影響しているのでしょうか?

 そしてCBの面々。ライルは家族とアニューの墓の前でCBの一員として戦い続けることを話していました。CBの一員としての意識に関しては描写内容のこともあり彼のが一番わかりやすかった気がします。

 アレルヤとマリーは二人で世界を旅していました。CBとはまた違う道を、”生きる意味”を探す旅のようですね。超兵として開発された彼らはだからこそ争いではない自分の生きる意味を求めているのかもしれませんね。

 ティエリアはヴェーダの一部となり来るべき時までみんなを見守り続けるようです。少し寂しいですがまた会えるときを願いたいと思います。

 そして刹那をはじめとするその他のクルーたちはCBとして戦い続けることを選び空へと飛び立っていきました。飛び立っていくプトレマイオスの機影と沙慈の語り、そして第一期OPテーマ『DAYBREAK'S BELL』の「未来は誰にも撃ち落せない」が最高に決まってました。ここでこの曲がこう
使われるとは思いませんでした。完璧な締めだったと思います。

 そしてラストカットは木星と劇場版の告知で終了。噂には聞いていましたが本当に劇場版をやるんですね。確かに回収されきってない伏線がありますし仕方がないのかもしれません。総集編などではなく続編みたいなので見に行こうかなと今から少し思っています。

 それでは総評を。全体の印象としては兎に角戦闘描写が素晴らしかったと思います。熱い名シーンも非常に多かったですし、総合的カッコよさなら近年の作品でもトップクラスだと思います。ストーリーに関しては細かいところは色々とあるでしょうけどテーマは一貫していましたし、個人的にはよかったと思います。特に刹那が真のイノベイターに覚醒するまでの描写は丁寧に描かれてたのがよかったですね。ただ唯一非常に残念だったことはグラハムが最後に活躍してくれなかったことですね。刹那との会話から最後に何かあるだろうと思っていただけにそこが残念でした。劇場版に期待ですね。

 ということで総評としてとても面白い作品でした。スタッフや関係者の方々お疲れ様でした&ありがとうございました。劇場版楽しみにしています。
スポンサーサイト



テーマ:機動戦士ガンダムOO - ジャンル:アニメ・コミック

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://sora0ryu.blog87.fc2.com/tb.php/873-199ab340
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

RyO(卯竜)

Author:RyO(卯竜)
サイト『空を舞う竜のように』の管理人です。アニメ、マンガ、ゲーム、ラノベ、イラスト、カードゲーム、と趣味の幅は広いです。

また、「卯竜」名義でイラストレーターをやっています。イラストのお仕事を募集中です。何かありましたらご気軽にご連絡くださいませ。

現在キリ番企画実施中
7000hitありがとうございます!!キリ番を踏んだ方はよろしければイラストのリクエストをどうぞ!! next→8000hit
pixiv



web拍手

web-拍手2

日記でもサイトでも何かご意見・ご感想がありましたらこちらからもどうぞ。



お知らせなど

コミックマーケット89に参加します

3日目・西つ15b



フリーエリア



ついったー



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



ブログ内検索



月別アーカイブ



カテゴリー



リンク

このブログをリンクに追加する



カレンダー

08 ≪│2019/09│≫ 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



RSSフィード



メール

名前:
メール:
件名:
本文: