FC2ブログ
空舞う竜の日記
サイト『空を舞う竜のように』の日記コーナーです。主にアニメの感想、たまにCDやマンガ、イラスト投稿などがあります。感想にはネタバレがあるためご注意を。 日記へのコメント&トラックバックはもちろん大歓迎です。ですがサイト内容にそぐわないようなものは問答無用で削除させていただく場合がございます。あらかじめご了承ください
ef - a tale of melodies. 第9話感想
 最近のゲーム事情についてちょこっと。こんばんは。

 一つの作品に集中するのではなくいくつかに同時に手を出しています。時間はかかりますがただでさえ積みゲーが多いので「進めている」という気分になれるのが重要ではないかと今のところ考えています。クリアしたあと感想が書けそうな作品だったら書くことにしますね。


 ・ef - a tale of melodies. 第9話”return”

 過去:夕も優子も自分の心からの本当の想いに気づけましたね。ここの二人の対比の演出は実によかったです。よくこんな演出ができるなと感心もありました。

 そして夕が考えた妹に対してしてやれることは”背負うこと”でした。逃げるわけでも立ち止まるわけでもなくずっとずっと背負いながら前へと歩いていくこと。前へと進むその証があの絵だったんだと思います。

 雨宮はただひたすら妹の影を追い求め続けていたんですね。その狂気じみた想いの強さに今さらですが気づかされました。たぶんその理由の一端は妹を亡くしたショックで妹の顔を描けなくなったから。妹と絵という自分を支える二つの柱を失ってしまったからああいう風にしか生きられなかったんだと思います。他のことはどうであれ夕の絵によって雨宮が満たされたこと、それだけはよかったと思います。

 そして雨宮は火を放ちました。たぶん妹と”再会”できたらそうしようと最初から決めていたんでしょうね。前回で夕に対して「一緒に死んであげること」と言っていましたし。炎に焼かれ画面も徐々に見えなくなっていく演出でした。時計とナイフもその炎に包まれ二人は改めて前を向いて歩き出せるようになりました。・・・・・・しかし実際はどうなったのでしょうか。”現代”を見る限り不安を感じずにはいられません。幸せになってほしいですけど。

 現代:ミズキに受け継がれた二つのお守り。日本とオーストラリア二つの音羽が繋がったって気がしました。イメージの問題でしょうけど物凄い希望の光のように思えました。これなら久瀬を救うことができるような。

 久瀬は気づかないようにしていた自分の本当の想いに気づいてしまいました。”死にたくない””独りは嫌だ”。仮面の下の素顔を顕にしたした彼の元に一通の希望が。果たし状と書かれたその封筒は彼の希望となりえるのか?そして扉は開かれる。・・・・・・久瀬が自分の想いに気づけたのなら救えるかどうかはあとはミズキ次第ですね。決着の場所はおそらく学園の屋上だと思います。



 それではこれで。携帯ゲームはやっぱりプレイしやすいですね。
スポンサーサイト



テーマ:ef - a tale of melodies. - ジャンル:アニメ・コミック

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://sora0ryu.blog87.fc2.com/tb.php/755-42a05596
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

RyO(卯竜)

Author:RyO(卯竜)
サイト『空を舞う竜のように』の管理人です。アニメ、マンガ、ゲーム、ラノベ、イラスト、カードゲーム、と趣味の幅は広いです。

また、「卯竜」名義でイラストレーターをやっています。イラストのお仕事を募集中です。何かありましたらご気軽にご連絡くださいませ。

現在キリ番企画実施中
7000hitありがとうございます!!キリ番を踏んだ方はよろしければイラストのリクエストをどうぞ!! next→8000hit
pixiv



web拍手

web-拍手2

日記でもサイトでも何かご意見・ご感想がありましたらこちらからもどうぞ。



お知らせなど

コミックマーケット89に参加します

3日目・西つ15b



フリーエリア



ついったー



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



ブログ内検索



月別アーカイブ



カテゴリー



リンク

このブログをリンクに追加する



カレンダー

08 ≪│2019/09│≫ 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



RSSフィード



メール

名前:
メール:
件名:
本文: