FC2ブログ
空舞う竜の日記
サイト『空を舞う竜のように』の日記コーナーです。主にアニメの感想、たまにCDやマンガ、イラスト投稿などがあります。感想にはネタバレがあるためご注意を。 日記へのコメント&トラックバックはもちろん大歓迎です。ですがサイト内容にそぐわないようなものは問答無用で削除させていただく場合がございます。あらかじめご了承ください
ドラゴノーツ-ザ・レゾナンス-第13話感想
 来期のアニメについて。こんばんは。


 まったく考えていません。今期からの続きはもちろん見るつもりですが、それ以外は今のところ何があるのかすらわかっていません。そろそろ放送されるアニメを確認しないと時間調整が間に合わなくなってしまいます。




 ・ドラゴノーツ-ザ・レゾナンス- 第13話”光臨-示された道標-”

 <あらすじっぽいもの>
 タナトスから地球に放たれたオストルム。オストルムの目的はタナトスの望みを果たすこと。そしてその望みとは”地球産ドラゴンを抹殺すること”だった。地球で生活てきたアトルムは自分の”子”であるドラゴンたちを守るためにオストルムと交戦する。しかしそばにやってきたキタジマの存在に気をとられ逆に打ちのめされてしまう・・・。━そのころのトアは未だ囚われの身だった。マザーであるタナトスとの交信不能から地球の危機を感じたトアは屈辱を味あわされながらもアーシムにアクチュアライズをさせてもらえるよう頼み込む。しかしその願いは聞き届けられず再び地下に隔離されてしまう。どうすればいいのか途方にくれるトア。だがそんな彼女の前にISDAのスパイだったホシが現れる。トアが本当に地球を救いたいと思っていることを確認すると「愛する人を-先輩を助けて」とCSSの装置を停止させる。しかしその背後から一発の銃声が。その銃弾はホシに疑いをかけていたガーネットから放たれホシの身体へと吸い込まれていった。再び起動させられるCSSの装置。トアの悲痛な叫びが響き渡る・・・。━ジンとギオはオストルムと交戦していた。アトルムを倒したオストルムはトアを探して空中をさまようギオに気づき攻撃を仕掛けてきたのだった。ギオとオストルム、そこに一度は撃墜されながらも再び立ち上がったドラゴノーツ隊を入れた五体のドラゴンが空中を入り混じる。と、そのときジンの耳に”歌声”が届く。それはCSSが解除されているわずかの間にトアが上げた声。それが”歌”となり遠く離れたジンに届いたのだった。トアがいる場所が火星であるとわかったジンはそれを皆に告げる。それを聞いたアキラたちはジンをトアの元へと向かわせるためオストルムの相手を一手に引き受ける。しかしオストルムの力は絶大でアキラたちは再びねじ伏せられてしまう。しかしそこへオトヒメが現れオストルムへ特攻、その巨体を空へと突き上げていく。その胸には一発で小惑星すら砕くほどの威力を秘めた爆弾、<タイプX>が抱えられていた。地球への被害をださないために宇宙へと向かうオトヒメ。だがオストルムの攻撃により振り落とされ、さらにタイプXも零れ落ちてしまう。進みゆく爆発へのカウントダウン。そこに現れたのは、ジンの駆るギオだった。「僕はもう一人じゃない」それはもはやトアに対しての言葉だけではなくなっていたのだった。タイプXを掴みそのままオストルムへ突進。その身体を宇宙へと押し上げる。そして宇宙空間に出たとき、カウントはゼロに。巻き起こる大爆発。地表にすらその爆風は届くほどだった・・・。━爆風によって雲が吹き払われた空。そこから何かが降りてくる。それはジンとギオ。彼らは間近で起きたあの爆発から生き延びたのだった。そしてサカキはオストルムの姿がなくなったことを確認するとDプロジェクトの次のフェイズへの移行を宣言するのだった・・・・・・。


 今年の最後に相応しい熱さだったと思います

 ギオとオストルムの交戦を見て再び立ち上がるアキラたちは熱かったですし、ジンを行かせようとする姿も熱かったです。そして何より、トアの元へと向かわず戦いに舞い戻ってきたジンが熱かったです。今までのジンだったらトアの元へと向かっていたんじゃないかなと考えると、アキラたちとふれあったことでジンも成長したんだと思えます。この成長から次にトアと再会したときには自分からトアを引っ張っていける男になってくれたらうれしく思えます。

 しかしギオって丈夫ですよね。あの爆発の中から疲弊はしているものの無事に生還したんですから。これだけの存在だからドラゴンは他の兵器と一線を画するんでしょうね。・・・そしてギオが生きているということはオストルムも生き残っている可能性は高いと思います。物語的にもここで退場するとは思えませんし。

 Dプロジェクトの次のフェイズは直接宇宙へ向かうことみたいですね。目的はタナトスの破壊そのままでしょうか。傍若無人のアーシム率いるジルアード軍に人類を見捨てたタナトス、そしてISDA。これで全勢力はできったみたいですね。残り1クールはこれらの戦いとトアとジンの物語を中心に進みそうですね。だいたいの事情は明らかになりましたし、ここからの盛り上がりに大いに期待です。



 それではこれで。願わくば面白そうなのがたくさんありますように。
スポンサーサイト



テーマ:ドラゴノーツ-ザ・レゾナンス- - ジャンル:アニメ・コミック

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://sora0ryu.blog87.fc2.com/tb.php/358-ddc99fb0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

(アニメ感想) ドラゴノーツ -ザ・レゾナンス- 第13話 「光臨-示された道標-」

DVD ドラゴノーツ -ザ・レゾナンス- Vol.1 トアを探してタルタロスを脱出し、大空へと飛び立ったジンとギオだったが、さらわれたトアの居場所は依然として知れなかった。その間にも進行する新小笠原の破壊。迎撃に出撃するライナ、アキラ、ジークリンデらドラゴノーツ?... ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人【2007/12/31 03:14】

プロフィール

RyO(卯竜)

Author:RyO(卯竜)
サイト『空を舞う竜のように』の管理人です。アニメ、マンガ、ゲーム、ラノベ、イラスト、カードゲーム、と趣味の幅は広いです。

また、「卯竜」名義でイラストレーターをやっています。イラストのお仕事を募集中です。何かありましたらご気軽にご連絡くださいませ。

現在キリ番企画実施中
7000hitありがとうございます!!キリ番を踏んだ方はよろしければイラストのリクエストをどうぞ!! next→8000hit
pixiv



web拍手

web-拍手2

日記でもサイトでも何かご意見・ご感想がありましたらこちらからもどうぞ。



お知らせなど

コミックマーケット89に参加します

3日目・西つ15b



フリーエリア



ついったー



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



ブログ内検索



月別アーカイブ



カテゴリー



リンク

このブログをリンクに追加する



カレンダー

08 ≪│2019/09│≫ 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



RSSフィード



メール

名前:
メール:
件名:
本文: