FC2ブログ
空舞う竜の日記
サイト『空を舞う竜のように』の日記コーナーです。主にアニメの感想、たまにCDやマンガ、イラスト投稿などがあります。感想にはネタバレがあるためご注意を。 日記へのコメント&トラックバックはもちろん大歓迎です。ですがサイト内容にそぐわないようなものは問答無用で削除させていただく場合がございます。あらかじめご了承ください
ドラゴノーツ-ザ・レゾナンス-第12話感想
 年賀状制作。こんばんは。


 私がイラストを描いていることを知っている親から「だったら来年の年賀状描いて」と言われました。何事も経験ということで目下製作中です。・・・まあ期待はしていないとは思うんですけどね。やるからにはちゃんとしたものにしたいですし。頑張ります。




 ・ドラゴノーツ-ザ・レゾナンス- 第12話”強襲-灼熱の使者-”

 <あらすじっぽいもの>
 地球に降り立った4体目のオリジナルドラゴン。<オストルム>と名づけられたそれは駆けつけてきたライナたちに対しコミュニケーター形態になることでその身をくらませる。そのまま行方のつかめないオストルム。ISDAは街の住人を退避さつつコミュニケーターのオストルムを探そうとする。しかし、それよりも早くオストルムは行動を起こしていた。コミュニケーター状態に慣れたオストルムは市街地でその能力を発動、ISDAが対処する間もなく避難民のところへ行き力-紅蓮の炎によりその辺り一帯を焼き尽くした・・・。━ジンたちは高層ビルからオストルムの姿を見ていた。ライナやジークリンデがオストルムと交戦するもまるで歯が立たない。そんな彼らの姿を見てアキラは外を目指す。離別したはずのかつての仲間たち。だがアキラには彼らを放っておくことなどできなかった。そしてその想いはマキナが誰よりもわかっていたのだった。そして二人は飛び出す。”仲間”のために・・・。━アキラと別れたジンはマキナから聞いたギオの居場所へ向けて歩き出した。と、その階段の下には何故か記者であるヨナミネの姿が。彼は突然協力を申し出るとクルーザーでギオのいるタルタロスまでジンを連れていく。施設内に入ったジンは閉じ込められたギオの姿を見つけるとすぐに助け出そうとする。だがそこにはすでに先客がいた。カズキだ。取っ組みあいになる二人。だがジンに駆け寄ろうとするギオの姿に気をとられたカズキはジンのタックルをもろに受けて気を失った。その隙に扉を解除しギオに駆け寄るジン。ギオの無事に安堵したのも束の間、目を覚ましたカズキが彼らの足元にある溶鉱炉のハッチを開けたのだった。落ちるジン。ギオはなんとかジンの腕を掴むもその背後にはカズキが歩み寄る。ギオがどうしても自分のものにならないならと銃口を向けためらうことなく引き金を引いた。落ちていく二人。そのとき、ギオの瞳が紅く輝きアクチュアライズを果たす。そのまま上昇し島に張り巡らされたCSSのシールドを突き破り空へと上っていった・・・。ギオの瞳が輝いたそのとき、ISDAでは一体のドラゴンがアクチュアライズしたときだった。その名は<アトルム>。そしてコミュニケーター時の名は、ノザキ。そう研究班の主任であるノザキこそ、オリジナルドラゴンの一体アトルムだったのだ。アトルムはライナたちを蹴散らし基地を襲撃したオストルムから帰還してきたキタジマを守るためにその身を変化させたのだった。そして二体は交錯しながら空へ。アトルムとオストルム、二体のオリジナルドラゴンは空中でにらみ合い続ける・・・・・・。


 カズキはもう戻れないところまできているんじゃないでしょうか?

 ノザキがアトルムだったことよりもカズキの壊れぐあいの方が驚きでした。ギオを”物”と扱うのはまあ間違っているにしても人的な理性はあったと思います。でも今回の”自分の思い通りにならないなら殺してもかまわない”という考え方は”壊れた”状態までになってしまったんだと思います。いわゆる”ヤンデレ”というのか。自分の望みのために理性の一部が聞かなくなっている状態というのか。・・・・・・女の子ならともかく男だとちょっと。これって差別になるのでしょうか?

 しかし新たなオリジナルドラゴンが出てきたことで物語が一気に動いた気がしますね。一般人にも多大な被害が出てしまいましたし、ISDAも次なる段階に強制的に進めさせられましたし。ノザキがアトルムだということも明らかになりましたし、ここから色々と深いところが明らかになって面白くなりそうです。・・・・・・しかしトアが全然出てこなかったな~。

 次回はこの今回の戦いに決着がつくみたいです。サブタイトルが”光臨-示された道標-”ということで次回を境目に後半戦スタートということなのでしょう。12話を過ぎてもこれから先の想像がさっぱりなので期待しています。



 それではこれで。・・・・・・そういえばサイト用に自分の分も作らないと。リアルは・・・今年はもう年賀状なさそうですし。
スポンサーサイト



テーマ:ドラゴノーツ-ザ・レゾナンス- - ジャンル:アニメ・コミック

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://sora0ryu.blog87.fc2.com/tb.php/351-56dc1e38
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

(アニメ感想) ドラゴノーツ -ザ・レゾナンス- 第12話 「強襲 ―灼熱の使者― 」

DVD ドラゴノーツ -ザ・レゾナンス- Vol.1 タナトスからの新たな使者の到来に出動するドラゴノーツ達。だがそれは、ドラゴノーツ達の目の前で、忽然と姿を消してしまう。不安とパニックに見舞われる新小笠原全土。全島を封鎖し、ドラゴノーツによる必死の捜索活動が開?... ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人【2007/12/20 23:40】

プロフィール

RyO(卯竜)

Author:RyO(卯竜)
サイト『空を舞う竜のように』の管理人です。アニメ、マンガ、ゲーム、ラノベ、イラスト、カードゲーム、と趣味の幅は広いです。

また、「卯竜」名義でイラストレーターをやっています。イラストのお仕事を募集中です。何かありましたらご気軽にご連絡くださいませ。

現在キリ番企画実施中
7000hitありがとうございます!!キリ番を踏んだ方はよろしければイラストのリクエストをどうぞ!! next→8000hit
pixiv



web拍手

web-拍手2

日記でもサイトでも何かご意見・ご感想がありましたらこちらからもどうぞ。



お知らせなど

コミックマーケット89に参加します

3日目・西つ15b



フリーエリア



ついったー



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



ブログ内検索



月別アーカイブ



カテゴリー



リンク

このブログをリンクに追加する



カレンダー

08 ≪│2019/09│≫ 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



RSSフィード



メール

名前:
メール:
件名:
本文: