FC2ブログ
空舞う竜の日記
サイト『空を舞う竜のように』の日記コーナーです。主にアニメの感想、たまにCDやマンガ、イラスト投稿などがあります。感想にはネタバレがあるためご注意を。 日記へのコメント&トラックバックはもちろん大歓迎です。ですがサイト内容にそぐわないようなものは問答無用で削除させていただく場合がございます。あらかじめご了承ください
D.C.Ⅱ~ダ・カーポⅡ~第10話感想&ゲーム感想
 二日連続ゲーム感想です。こんばんは。


 昨日に続いて今日もゲームの感想です。でも昨日よりはあっさりなので文量は少なめです。そういうこと(どういうこと?)で、お願いします。



 ・D.C.Ⅱ~ダ・カーポⅡ~ 第10話”霞んでいく想い”

 義之倒れないか?

 いや音姫と同じく心労で。義之が悪い面もあるとはいえ小恋のこと、美夏の正体がみんなにばれた事、委員長のロボットを憎む理由にそれとつられるように追い込まれる美夏の立場。一度にこれだけ重なれば倒れてしまう可能性も高いと思います。・・・・・・人が良いというのが見事に跳ね返ってきた感じです。

 小恋とのことはかなり難しい問題になってしまっていますね。小恋の言っていることはもっともですけど、緊急時の際って冷静なときは当たり前のようなことも忘れてしまいますし。その辺りはもちろん小恋もわかっているのでしょうけど、それでも納得できないのが乙女心というやつなんでしょうしね。・・・・・・でも帰ってきた後の第一声は「ごめん」だろうとは思いますけどね。いくら気まずくても。その点でやっぱり義之は悪い、といえるかな?

 ・・・しかしまあ、ここまでロボットの立場が低いというのもなんと言えばいいのか。委員長がロボットを憎むのは理解できました。実際はロボットが悪いわけではないとはいえ彼女から見たらロボットこそ父親を殺した存在にしか見えないでしょうし。・・・ただその他の人たちの反応はどうかと思います。自分よりも優れた存在を妬んでしまうのは仕方がないことなのかもしれません。でもそれがあんなデモになることには理解できませんし、今は今で生徒たちの態度には怒りしかおぼえません。反応が妙に生々しい感じなのも癇に障る理由かもしれませんが。・・・・・・やはり『ドラえもん』を見て育った人間としてはこうした人たちの心情を理解することはできませんね。

 あと今回は少しだけ”魔法”についてっぽいことが語られてました。詳しいことは不明ですが音姫も義之もいわゆる<魔法使い>らしいですね。それで小さい頃二人は”秘密”を共有する関係になったと。普通だったらただの約束ですが、”一心同体”という言葉と”魔法”の存在があるとこからあの指きりは”契約”のようなものだったんじゃないかなって思います。音姫が目を覚ました後義之がふらついたのは二人の感覚が一部リンクした状態にあるんじゃないかなって。直前の描写からそう予測してみたり。・・・・・・でも真相は不明なので”魔法に”関してはちゃんとした説明がほしいですね。

 次回予告(というかサブタイトル)を見ると次回は小恋が話の中心にくる感じですね。もちろん美夏のこともあるでしょうけど、このまま小恋を放っておくことはないでしょうし。・・・・・・でも別れの可能性が残っているのが怖いんですよね。今は喧嘩中みたいな状態ですし。ここから発展して別れ、なんてことも。



 ・そして明日の世界より- 感想その1

 青葉ルートクリアー、ということで一先ず簡単に感想を。共通項目も合わせてどうぞ。

 <共通及び全体的なことについて>

 (作品の空気)
 この作品の最大級の持ち味はこれだと私は思っています。開始からの最初の数日間、離島という小さな空間だからこそ持つ温かなのんびりとした空気。そこから”世界の滅亡”が発表され壊れかける”日常”の空気への移り変わり。それをこえて残された時間で精一杯”日常”を生きようとする空気。・・・そして個別ルートへ。・・・・・・こうした”空気”がすごく身近に、自分もそこにいるように感じられる。それが魅力だと思います。

 (BGMなど)
 OP曲は川田まみさんでした。派手さはないけれど胸に染み入るような歌でした。ムービーや作品の空気とととてもマッチしている良曲だと思います。
 BGMも場面に合っていていい感じです。・・・・・・ただ暗い曲の方が印象深いのはなんとも。”世界滅亡”の知らせからは色々あって仕方がないんですけどね。
 EDはキャラ別にED曲があるみたいです。今は青葉ルートだけですが、これはeufoniusさんの曲でEDシーンとも相まって素晴らしい一曲でした。
 (グラフィック)
 背景及びキャラクター及び塗りが最高品質です。これだけでも買ってよかったと思えてきます。こうした物語に植田さんの描き方はよく馴染みます。立ち絵のパターンもけっこうあると思いますし、表情もコロコロ変わって良い感じです。・・・・・・欲を言えば夕陽の寝起きで立ち絵に差分がほしかったです。寝ているときは髪を留めていないわけですし。

 <青葉ルート>

 最初に青葉ルートを選んでしまったことを悔やみました

 というのも、あまりにキャラもシナリオも私の好みのど真ん中だったからです。「この青葉の気持ちを知ってしまったら他のルートは選びにくい」そんな気持ちで今進めている次第です、はい。

 シナリオは簡単に言うなら”自分の目の前にある姿が真実だと思い込んでしまった二人の物語”と言ったところでしょうか。ボタンを掛け違えたまま進んでいく二人の物語は”痛み”を感じるものでした。そのぶんボタンがかけ直されたときにはうれしかったですけど。

 物語を見ている立場の人間として辛かったのは青葉の変化です。青葉が今まで昴に見せていた”姿”の理由は結構早期の内に気づいたのですが、それは二人のことを第三者として見ているから気づいたことで。当事者であり、何年も思い違いをしていた昴はそう簡単に気づくことはなく・・・。世界滅亡というタイムリミットができてしまい”変わる”青葉の心情を察すると胸が苦しくなってしまいました。気持ちに押しつぶされ本当に壊れてしまうんじゃないかって不安にもなりましたし。

 ただそこから先はもう甘々でした。特に青葉からしてみれば気持ちが溢れて仕方がないという状態なのでしょう。過程を見てきた身としては「良かった良かった」という気持ちと「オイオイ」という気持ちの入り混じったなんともいえない気持ちでした。・・・まあ結局、良かったことに変わりはないんですけどね。

 <一区切り>
 ということで<感想その1>を終了します。攻略順は青葉→夕陽→朝陽→御波→共通→アフターという順でいこうと思っています。個人的推測では御波には何かあるんじゃないかなと思っています。他のみんなと立場がけっこう違いますし。


 それではこれで。あ、学校の課題一つ終了です。・・・・・・そして新たに一つ。
スポンサーサイト



テーマ:PCゲー - ジャンル:ゲーム

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://sora0ryu.blog87.fc2.com/tb.php/335-7c394bbd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

(アニメ感想) ~D.C.II ~ダ・カーポII~ 第10話 「霞んでいく想い」

D.C.II~ダ・カーポII~ Vol.0 修学旅行を満喫する義之。だが、そんな彼の元に由夢から一本の電話が入った。そこで聞かされた事実に愕然とする義之。そして・・・。 ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人【2007/12/05 04:49】

プロフィール

RyO(卯竜)

Author:RyO(卯竜)
サイト『空を舞う竜のように』の管理人です。アニメ、マンガ、ゲーム、ラノベ、イラスト、カードゲーム、と趣味の幅は広いです。

また、「卯竜」名義でイラストレーターをやっています。イラストのお仕事を募集中です。何かありましたらご気軽にご連絡くださいませ。

現在キリ番企画実施中
7000hitありがとうございます!!キリ番を踏んだ方はよろしければイラストのリクエストをどうぞ!! next→8000hit
pixiv



web拍手

web-拍手2

日記でもサイトでも何かご意見・ご感想がありましたらこちらからもどうぞ。



お知らせなど

コミックマーケット89に参加します

3日目・西つ15b



フリーエリア



ついったー



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



ブログ内検索



月別アーカイブ



カテゴリー



リンク

このブログをリンクに追加する



カレンダー

08 ≪│2019/09│≫ 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



RSSフィード



メール

名前:
メール:
件名:
本文: