FC2ブログ
空舞う竜の日記
サイト『空を舞う竜のように』の日記コーナーです。主にアニメの感想、たまにCDやマンガ、イラスト投稿などがあります。感想にはネタバレがあるためご注意を。 日記へのコメント&トラックバックはもちろん大歓迎です。ですがサイト内容にそぐわないようなものは問答無用で削除させていただく場合がございます。あらかじめご了承ください
機動戦士ガンダム00第9話&その他3作感想
 現在深夜0時過ぎです。こんばんは。


 思いつかないので前置き無しです。以上。




 ・機動戦士ガンダム00 第9話”大国の威信”

 すごく面白くなってきた

 別にこれまでがつまらなかったというわけでなく、さらに一歩重面白くなったという意味です。やはりガンダム側がピンチに陥ると緊迫感が増して面白くなりますね。人革連の物量作戦も見事でしたし。少数精鋭の弱点を見事についていると思いました。

 また戦闘以外にも面白い&気になる要素は多かったです。冒頭のロックオンそっくりの男のことやアザディスタン王国を支援することとなった国連の代表の男(たしかソレスタルビーイングの支援者の一人)の目的、フェルトとロックオンの良い雰囲気、クリスのトラウマ(?)など。こうしたものもあり、充実した回でした。

 しかし思ったのですが、ソレスタルビーイングは機動力の高いキュリオスと広範囲攻撃可能なヴァーチェがいないと宇宙戦は苦手なような気がします。重力のない広大な宇宙空間においてエクシアの近接戦闘やデュナメスの単体狙撃は相性が悪いと思います。これは性能特化ゆえに仕方がないことだと思いますが、今後戦場が宇宙メインとなった場合苦戦は免れないと思います。

 次回はアレルヤの覚醒とヴァーチェの能力開放だそうです。アレルヤはハレルヤになることでしょうし、ヴァーチェはあの分厚い装甲をどうにかするのでしょう。ピンチの時の大逆転は非常に熱くなる展開なので楽しみです。


 ・ひぐらしのなく頃に解 祭囃し編 其の八”48時間”

 すごく面白くなってきたその2

 運命を変える戦いの幕が開けました。事前に相手の手がわかっていたというのはありますが、次々に決まる”作戦”を見ているのは爽快感がありました。特に大石のカッコよさは最高でした。番組が始まった当初はあまり好きそうになれないキャラでしたが、物語が進むごとに印象が変わっていきました。やはりキャラを知るというのは大事なことですね。

 ”作戦”は上手くいっている、とはいえそのままですむ三四ではないですね。富竹は最後の方で囲まれてピンチでしたし、入江も三四に疑いをかけられてまずい状況です。戦い自体に負ける要素はほとんどないと思いますが、誰も犠牲にしないとなると多少厳しい状況だと思います。・・・まずは、頑張れ富竹!あなたの生還が最初の関門だ!


 ・ナイトウィザード 第9話”「パンドラの匣」~ベル対アンゼロット~”

 すごく面白くなってきたその3

 7つの宝玉が集まったことによりエリスの正体が明かされました。どうも<破壊神シャイマール>の転生体みたいですね。前回のシャイマールはなんだ?ということになりますが、あれは転生前のシャイマールを時空を超えて召喚したと考えれば辻褄は合います。・・・・・・イマイチわかりづらいですが。

 しかし魔王軍VSウィザードの戦いはかなり一方的なものでしたね、仕方がないとはいえ。そもそもわざわざベルが連れてきたぐらいですからそれ相応の強さを持つ魔王たちなのにそのうえリオンによる<書>による”予言(?)”もあり大ピンチといった感じでした。おまけに結局ベルが一人突進してきたせいで足止めの役目も果たせませんでしたし。ドリームもマユリも大した活躍はできませんでしたし。魔王を一対一で食い止める姿を期待していただけに残念。

 しかしシリアスになるストーリーとは裏腹にしっかりと笑いどころは用意されていました。期待の柊関係としては夢でも学校に行けないことや卒業がピンチなこと、おまけに現実でも学校に行けなかったところです。・・・ネタもシリアスも万能な男、柊蓮司。・・・・・・そして緊迫する戦闘の中で思いにもよらない言葉を聞いてしまいました。それが「護衛艦”かわたな”」でした。・・・・・・”かわたな”とは人の愛称で、リプレイでよくプレイヤーをされている方です。まさかアニメでその名前を聞けるとは思いませんでした。・・・・・・細かいところまでネタを仕込んでいますね、スタッフ。他にもアイキャッチまで。

 次回は今回のラストのままシリアスモードが続きそうです。エリスの正体がシャイマールだとわかった以上、アンゼロットは世界の危機を未然に防ぐためエリスを殺そうとするでしょう。好む好まない関係なく。それが<ファー・ジ・アースの守護者>である彼女の役目だから。・・・・・・そして柊はそれに反発してエリスを守るためにウィザードたちを敵に回すことになると。おそらくくれはや灯も味方になってくれるでしょうし、キリヒトもいます。戦力的にどうこうというのはないでしょう。・・・・・・ただ、今回は解決の糸口がさっぱりわからなかったりします。今のところ”倒すべき、壊すべき何か”という存在がありませんし。ここからどうくるか、次回に期待です。


 ・ef - a tale of memories. 第9話”forget me not”

 <紘サイド>
 これでもかというくらいやばい状況です

 これから先景がどうなってしまうか予想がつきません。ヤンデレ化・・・というには何か足りない気がしますし、だからといって落ち込んで終わりということもなさそうですし。・・・一番考えられるのは自暴自棄になってしまうことです。一種の”壊れ”というか、そんな風になってしまうんじゃないかなって思います。

 しかし・・・紘はみやこを選んだということなのですが、イマイチ釈然としないものがあります。みやこが紘の中でそれなりに大きな存在になっているのはわかりますが、今回の領域までいくほどとは思えませんでした。そもそも流れとしては今回が久しぶりの再会なんですし。そのあいだみやこのことを焦がれていたという描写もなかったですし。・・・・・・なんだかな~です、ほんと。

 <蓮治サイド>
 蓮治が選んだ道は千尋のそばに居続けることでした。それが自分の知っている”千尋”じゃないかもしれなくても。・・・”千尋”のことをどう捉えるかが大切なんだと思います。”千尋”の本質、つまり根っこの部分は変わらないのでしょう。でも積み上げてきた記憶による”千尋”、蓮治が見ている”千尋”はどれだけ日記を読み返そうとも前と同じ”千尋”ではないんだと思います。だから蓮治は涙した、叫んだ。自分の知っている”千尋”はもういない、そうした考えがずっと消えないから。

 千尋が書いていた物語。それがおそらく千尋の”本質”をあらわしたものなのでしょう。だから火村はそれを読むように言った。それが苦しむ蓮治の一筋の光になるかもしれないから。”本質”の千尋を知ることで今の”千尋”も”千尋”であると納得できるかもしれないから。・・・・・・とても難しい話ですね。こう意見を書いてはいるものの私も理解してはいませんし。

 <京介サイド>
 京介はこれから景を支える存在になりそうですね。ある意味、だれよりも景のことを理解しているのは京介ですし。・・・・・・とは言っても今後どうなるかイマイチ想像つかないんですけどね。



 それではこれで。<あらすじっぽいもの>がなくてもやはり4作品の感想はそれなりに時間がかかります。
スポンサーサイト



テーマ:機動戦士ガンダムOO - ジャンル:アニメ・コミック

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://sora0ryu.blog87.fc2.com/tb.php/333-30e74c2b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

(アニメ感想) 機動戦士ガンダム00 第9話 「大国の威信」

機動戦士ガンダム00 (1) ソレスタルビーイングが武力介入を開始してから四ヶ月の時が過ぎようとしていた。人々は好むと好まざるとに関わらず、彼らの存在を受け入れていく。ソレスタルビーイグを肯定するもの、否定するものどちらの気持ちも戦争を否定するという意味で... ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人【2007/12/03 18:47】

プロフィール

RyO(卯竜)

Author:RyO(卯竜)
サイト『空を舞う竜のように』の管理人です。アニメ、マンガ、ゲーム、ラノベ、イラスト、カードゲーム、と趣味の幅は広いです。

また、「卯竜」名義でイラストレーターをやっています。イラストのお仕事を募集中です。何かありましたらご気軽にご連絡くださいませ。

現在キリ番企画実施中
7000hitありがとうございます!!キリ番を踏んだ方はよろしければイラストのリクエストをどうぞ!! next→8000hit
pixiv



web拍手

web-拍手2

日記でもサイトでも何かご意見・ご感想がありましたらこちらからもどうぞ。



お知らせなど

コミックマーケット89に参加します

3日目・西つ15b



フリーエリア



ついったー



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



ブログ内検索



月別アーカイブ



カテゴリー



リンク

このブログをリンクに追加する



カレンダー

08 ≪│2019/09│≫ 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



RSSフィード



メール

名前:
メール:
件名:
本文: