空舞う竜の日記
サイト『空を舞う竜のように』の日記コーナーです。主にアニメの感想、たまにCDやマンガ、イラスト投稿などがあります。感想にはネタバレがあるためご注意を。 日記へのコメント&トラックバックはもちろん大歓迎です。ですがサイト内容にそぐわないようなものは問答無用で削除させていただく場合がございます。あらかじめご了承ください
艦隊これくしょん‐艦これ‐第12話感想
 いよいよラストです!


 ・艦隊これくしょん‐艦これ‐ 最終話”敵機直上、急降下!”

 盛り沢山の総力戦!!!

 いや~、増援に増援が重なり最終的に凄い数の艦娘たちが出てきましたね!!敵も増援を重ねてたりとちょっとスパロボを思い出しました(笑)。このひたすらガンガン行く感じ、嫌いじゃありません(笑)。結果的に轟沈したものは誰もなく、提督も帰ってきて運命も変えられてめでたしめでたしだったかと。何だかんだ良い最終回だったのではないかなと思います。

 あと、ボスが何度も復活するのはゲームのイベント海域などのゲージボスをイメージしていたのかなって思います。あれ、ゲージを削りきるまで何度も戦わなければなりませんし。たしか、時間でゲージ回復なんてものもありましたしね。敵空母を全滅させなければならなかったのも他の艦を倒さなければボスを倒せないみたいな感じのもの(※記憶は曖昧です)の表現だったのかなと。この作品はゲームの様々な要素を拾ってきてますし、このボス攻略に関してもそうなんじゃないかなって思います。

 原作的な描写でいうと、最後あたりで如月の髪飾りが浮かんできましたが、これは「如月のこと忘れないでね」ということなのか、深海棲艦=沈んだ艦娘という図式の表れなのかそこが気になるところ。”深海棲艦=沈んだ艦娘”説は半ば暗黙の了解みたいな感じになってますし、暗号解読の描写もありましたし、そういう意図だったのかなという気もしてきますね。

 しかし、一番の謎はやはり提督ですね~。姿をくらませていたのはこの決戦に備え大鳳を連れて(建造して)きていたと考えればまあありえますが、ボスの攻略法を知っていたのは普通に考えたらやはりおかしいですよね。このことで個人的に”この世界は二周目(あるいはある世界線)”であるという可能性がググッとあがりました。あの状況下で希望を捨てず攻略の”鍵”となった吹雪も二周目ないしは別の世界線で重要なポジションの艦娘だったのかな、と。赤城や長門なども完全ではないもののその”前世”に当たる記憶を受け継いでいるため作中における重要キャラになっているのかな……と、想像は膨らみます。結局そういった伏線やフラグは放置状態で終わってしまいましたが、続編があるということでその時に明かされることに期待です。

 シナリオ以外の点で言うならやはり欠かせないのは北上さんのピンチにマジで颯爽と現れドロップキックからのラリアットで爆殺した我らが大井っちでしたね!!いやー、愛する人のためなら肉弾戦ですら深海棲艦すら凌駕してしまう大井っちの北上さんLOVEパワーに感服いたしました。その後は二人でイチャイチャしつつOPのくヘリコプターアタックを回収してくれたのでもう大満足です。ノルマも達成ですし、ほんとこの二人は素晴らしかったですね(グッ

 あとは長陸奥ですね。11話で個人的にヒャッハーでしたが、この最終話でも素晴らしかったです。長門のフラグセリフに「禁句よ」と指を当てる陸奥が最高でした(ブラボー
 個々で見ても長門が大活躍(イメージ通りの肉弾戦+近接砲撃)でしたし、これまでの活躍の少なさからの鬱憤を吹き飛ばす見事な活躍だったと思います。

 ということで、アニメ艦これも無事視聴終了しました。全体的な感想としては細かなところは色々とあるものの総合的にはとても面白かったです。魅力的な個性を持つ艦娘たちが動きしゃべる、それに史実をベースとしたシリアスなシナリオが加わって個人的に大いに盛り上がりました。ネタ系も色々と楽しかったですしね。カレー回やながもんは素晴らしかった…(シミジミ

 あと、凄く評価したいのはこのアニメ化にあたり個人的にスタッフの挑戦的な意欲が存分に感じられたことでした。初見の人たちには艦娘たちの魅力をたっぷりと、すでに提督の人たちにはゲームの要素をふんだんに盛り込んで……と、そんな感じで。一応提督である私もこのアニメ化で金剛や夕立、ゲーム中では正直意識していなかった睦月の可愛さまで存分に見せてもらったことで彼女たち艦娘のことがドーンと好きになりましたから。ゲームネタも、改二までならともかくまさかケッコンカッコカリやゲージボスの要素まで入れてくるとは思いませんでしたしね。そういった点でも思いっきり楽しませてもらいました。

 ただ、やはりどこかもにょっとしたものが残ってしまうのは作品全体の構成に違和感があったからなのかなって思います。伏線やフラグがほぼ放置だったためかもしれませんが。あと、原作の要素を詰め込みすぎて少々こんがらがってしまっていたのも違和感の理由かもしれませんね。原作セリフ、シーンに微妙に合ってないものとかありましたし。そういった意味では”残念”だった点も決して少なくはないかなと思います。ただ、これらは途中で続編が決まったことによるシナリオ調整の弊害との噂も聞きましたし、練り直しにかける製作の時間が足りなかったのかもしれませんけどね。

 とはいえ面白かったのは間違いないですし、個人的に弱点となった伏線やフラグなどの管理と物語全体の整合性を改良した続編を大いに期待したいと思います。さらに化けて凄い作品になる可能性は十二分に秘めていると思いますしね。ではひとまず、スタッフや関係者の皆様お疲れ様でした!!!


 それではこれで。
スポンサーサイト

テーマ:艦これ 艦隊これくしょん - ジャンル:アニメ・コミック

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://sora0ryu.blog87.fc2.com/tb.php/3143-10d781b0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

RyO(卯竜)

Author:RyO(卯竜)
サイト『空を舞う竜のように』の管理人です。アニメ、マンガ、ゲーム、ラノベ、イラスト、カードゲーム、と趣味の幅は広いです。

また、「卯竜」名義でイラストレーターをやっています。イラストのお仕事を募集中です。何かありましたらご気軽にご連絡くださいませ。

現在キリ番企画実施中
7000hitありがとうございます!!キリ番を踏んだ方はよろしければイラストのリクエストをどうぞ!! next→8000hit
pixiv



web拍手

web-拍手2

日記でもサイトでも何かご意見・ご感想がありましたらこちらからもどうぞ。



お知らせなど

コミックマーケット89に参加します

3日目・西つ15b



フリーエリア



ついったー



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



ブログ内検索



月別アーカイブ



カテゴリー



リンク

このブログをリンクに追加する



カレンダー

04 ≪│2017/05│≫ 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



RSSフィード



メール

名前:
メール:
件名:
本文: