空舞う竜の日記
サイト『空を舞う竜のように』の日記コーナーです。主にアニメの感想、たまにCDやマンガ、イラスト投稿などがあります。感想にはネタバレがあるためご注意を。 日記へのコメント&トラックバックはもちろん大歓迎です。ですがサイト内容にそぐわないようなものは問答無用で削除させていただく場合がございます。あらかじめご了承ください
魔弾の王と戦姫第13話感想
 いよいよラスト!!!


 ・魔弾の王と戦姫 第13話”広がる世界”

 綺麗にまとまりましたね!!

 まだまだ物語には続きがあると感じさせるものの、ストーリーとしては区切りの良いところで綺麗に終わっていて良かったと思います。結局戦姫の一人が全くでできませんでしたが、無理やりだしたりしなかったのがむしろ潔くって好感触でした。

 バートランの死にふさぎ込むティグルを立ち直らせるきっかけを与えたり、復讐心に捕らわれかけたティグルを正気に戻したりと、この最終回でエレンはメインヒロインしてましたね。そして、それらを受け成長したティグルもまた素晴らしい主人公でした。ティナルディエ侯爵との一本の矢での一騎打ちは痺れましたね~。この戦争のすべてを込めた一撃だったからでしょうか。その後は凱旋パレードと”エレンのもの”となったティグルの変わらぬ姿を見せて綺麗に終わりましたが、これまで王となる者に与えられてきた「月光の騎士」の称号を授かったり結局弓の謎は解けてなかったりとティグルの今後が気になる余韻も残してきましたね。これは続編を期待してしまいますし、積んである原作も早く読まねばと思わされてしまいました(笑)。……これで魔弾の”王”の条件もクリアできますし、最終的にまさかの統一王化で戦姫を側室にする展開もあるかも!?

 ラノベ系な戦姫のビジュアルとは裏腹にかなりしっかりとしたファンタジー戦記だったこの作品。デザインと内容のミスマッチ具合にいろんな意見もあったりするみたいですが、個人的には凄く良かったと思います。やっぱりアニメとして見るにはキャラビジュアルって凄く大切ですから。内容が真面目なだけにエレンたちの華やかさは作品に色を添えていたと思いますしね。総合的に見ていて凄く面白い作品でした。

 まだ、尺的に厳しい戦記ものを駒を使った戦況説明やアイキャッチによる解説などで可能な限りコンパクトに、でも分かりやすくしようとしていた創意工夫は本当に素晴らしいものだったと思います。むしろ個人的には今後戦記ものはこのやり方がベストなのではないかとさえ思ったほどですね(笑)。ほんと、この演出は凄く良かったと思います。

 ということで、想像していた以上に面白かった『魔弾の王と戦姫』もこれで終わりですね。MF文庫最後の刺客という扱いだったわけですが、それに相応しい面白い作品でした。同じMF文庫作品の『ノーゲーム・ノーライフ』と共にぜひとも続編をやってほしいですね~。スタッフや関係者の方々お疲れ様でした!!


 それではこれで。
スポンサーサイト

テーマ:魔弾の王と戦姫 - ジャンル:アニメ・コミック

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://sora0ryu.blog87.fc2.com/tb.php/3104-0a468dc0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

RyO(卯竜)

Author:RyO(卯竜)
サイト『空を舞う竜のように』の管理人です。アニメ、マンガ、ゲーム、ラノベ、イラスト、カードゲーム、と趣味の幅は広いです。

また、「卯竜」名義でイラストレーターをやっています。イラストのお仕事を募集中です。何かありましたらご気軽にご連絡くださいませ。

現在キリ番企画実施中
7000hitありがとうございます!!キリ番を踏んだ方はよろしければイラストのリクエストをどうぞ!! next→8000hit
pixiv



web拍手

web-拍手2

日記でもサイトでも何かご意見・ご感想がありましたらこちらからもどうぞ。



お知らせなど

コミックマーケット89に参加します

3日目・西つ15b



フリーエリア



ついったー



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



ブログ内検索



月別アーカイブ



カテゴリー



リンク

このブログをリンクに追加する



カレンダー

04 ≪│2017/05│≫ 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



RSSフィード



メール

名前:
メール:
件名:
本文: