空舞う竜の日記
サイト『空を舞う竜のように』の日記コーナーです。主にアニメの感想、たまにCDやマンガ、イラスト投稿などがあります。感想にはネタバレがあるためご注意を。 日記へのコメント&トラックバックはもちろん大歓迎です。ですがサイト内容にそぐわないようなものは問答無用で削除させていただく場合がございます。あらかじめご了承ください
カードファイト!!ヴァンガードレギオンメイト編第177話感想
 本日二本目!!

 ・カードファイト!!ヴァンガード レギオンメイト編 第177話”告げられた真実”

 全てはアイチの意思……ってことですか

 人々の記憶から消えたこともカトルナイツの存在も全てはアイチの意思によるもの、ということです。櫂が本物だと言う以上あのイメージのアイチは本物なんでしょう。……ただ、櫂が心に引っ掛かったようにアイチの言葉は本心でありながら本心でない感じなんですよね。感情のこもらないような声もそうですし、何よりもあのアイチが「みんなを拒絶する」こと自体がおかしいことですから。…………ということは、やはり櫂たちを何かに巻き込ませないために多少強引な手段を使ってでもみんなを引きはがしているという説で確定ですかね。その”何か”はまだ情報不足でわかりませんが、ジャッジメントなどで受ける傷なんかよりもはるかに危険(それこそ命に係わるレベルで)ということなんでしょう。だから何よりも大切な人たちである櫂たちを巻き込ませたくないということならばこれらの行動も納得です。アイチはここぞという時の決意は誰よりも固いですからね。…………もっとも、本当にそうだとしたら櫂たちからしてもアイチを一人そんな戦いに向かわせるわけにはいかないですけどね。櫂たちに必要なのは今何が起きようとしているかという情報。次回でその手がかりが少しでも手に入るでしょうか?

 ………しかし、見ていてコーリンが切ないですね~…。フォトンの口上である「殉じる事が叶うなら、この身を罪に染めようと 強大な力を私は得よう! 出よ!我が罪の化身!」というのがもう…。なんかもう「アイチのために」というのがヒシヒシと伝わってきてしまって辛いです。それこそ(恋愛脳と言われそうですが)報われない思いを抱きながらそれでもアイチのために戦っている感みたいなのが出てきてしまって。……・今後どうなっていくかはわかりませんが、少しでも彼女の頑張りが報われる形になっていってほしいですね。

 コーリンに奪われてしまったブラスター・ブレード。彼が櫂の元にきたのはアイチではなく彼自身の意思によるものだったわけですね。それはつまり、自身の分身であるアイチを止めてもらうためにもう一人の分身である櫂に力を求めたということだったのでしょうか。…そんな彼は再びアイチの元へ戻ることになりましたが、ここでアイチと対話するかどうかが気になりますね。アイチの元を離れ櫂と共に戦っていく中で思ったことをアイチに伝える時がくるのでしょうか?



 それではこれで。
スポンサーサイト

テーマ:アニメ・感想 - ジャンル:アニメ・コミック

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://sora0ryu.blog87.fc2.com/tb.php/3021-6fe47021
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

RyO(卯竜)

Author:RyO(卯竜)
サイト『空を舞う竜のように』の管理人です。アニメ、マンガ、ゲーム、ラノベ、イラスト、カードゲーム、と趣味の幅は広いです。

また、「卯竜」名義でイラストレーターをやっています。イラストのお仕事を募集中です。何かありましたらご気軽にご連絡くださいませ。

現在キリ番企画実施中
7000hitありがとうございます!!キリ番を踏んだ方はよろしければイラストのリクエストをどうぞ!! next→8000hit
pixiv



web拍手

web-拍手2

日記でもサイトでも何かご意見・ご感想がありましたらこちらからもどうぞ。



お知らせなど

コミックマーケット89に参加します

3日目・西つ15b



フリーエリア



ついったー



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



ブログ内検索



月別アーカイブ



カテゴリー



リンク

このブログをリンクに追加する



カレンダー

10 ≪│2017/11│≫ 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



RSSフィード



メール

名前:
メール:
件名:
本文: