空舞う竜の日記
サイト『空を舞う竜のように』の日記コーナーです。主にアニメの感想、たまにCDやマンガ、イラスト投稿などがあります。感想にはネタバレがあるためご注意を。 日記へのコメント&トラックバックはもちろん大歓迎です。ですがサイト内容にそぐわないようなものは問答無用で削除させていただく場合がございます。あらかじめご了承ください
デート・ア・ライブⅡ第10話感想
 ということで、デアラⅡの最終回感想です!!


 ・デート・ア・ライブⅡ 最終話”反転”

 劇場版制作決定!!!

 アニメ版『デート・ア・ライブ』がこうして続いてくれることは嬉しいですね~!!ベストはこのまま第三期決定ですが、原作ストックの問題もありますし、それが劇場版公開後のお楽しみにとっておきます(笑)。……しかし、エピソードは何をやるのでしょうか?カットには白い霊装みたいなものの一部が映っていましたが、たしか美九の次の巻は七罪(※まだ表紙しか知りませんが)で緑色なので違いますし……。その次の折紙さんは白(※これも表紙のみ)ですが七罪を飛ばすとは考え難いですし。……となると、もしかしてゲームの『凜祢ユートピア』でしょうか?記憶があいまいなところはありますが、たしかあのキャラも白い部分がありましたし。それとも八舞姉妹と美九が揃っているということで『或守インストール』か……。まあ一番はやっぱりオリジナルストーリでしょうかね~?

 …………しっかし、改めて見て思いましたが、士道って本当にイケメンですね~。美九を約束通り命を懸けて守ったその姿は美九じゃなくても惚れそうな格好よさがありました。それに、十香を救うためにとった方法が躊躇いのないキスだったことにも痺れましたね~。正直もっと言葉を重ねてくるのかと思っていたので、あの「百万の言葉よりも」と言わんばかりのキスには士道の圧倒的”イケメン”を感じずにはいられませんでした(笑)。ここまでハーレム作ってるのが納得できる主人公というのもなかなか凄いなと思いましたね~。

 ”約束”を守ってもらえたことで心を開き見事”デレ”た美九。いきなりのダーリン呼びにはちょっと笑ってしまいましたが、心を開くには十分なものを士道から貰いましたし、その後のライブでのアンコールもとてもよかったのでめでたしめでたしだったと思います。まあそれまでとのギャップを考えれば終わり良ければ総て良しの方が近いでしょうか(苦笑)?最終回の最後でデレたためデレ成分としては正直不足してますし、劇場版ではぜひともデレ美九成分多めできてほしいと思います。

 無事に元に戻ったとはいえ十香の反転劇はの謎が残りましたね。どうも反転している時は完全に別の人格として存在しているみたいでした。それに、鏖殺公を士道が使っていた状態でも全力時のみ使えるであろう≪終焉の剣≫を使えたことから、身体は同じでも”存在そのもの”が十香とは別に存在しているのではないかと思われます。いわゆる”闇堕ち”とは一線を画しているのではないでしょうか。これは”精霊”という存在そのものに関係することでしょうし、物語の根底に関わる非常に重要な要素っぽいので非常に気になりますね~。原作最新刊まで来ると少しはこの謎について明らかになっているのでしょうか?私気になります!!

 謎と言えば士道の謎も増えましたね~。アイザックは士道のことを旧姓である「崇宮」と呼びさらに「知らないよ、”五河”士道のことは」と言いました。ということは、逆に言えば”崇宮士道”のことは知っているということですし、士道が精霊の力を封印できることもそこに関係しているのかもしれませんね。血筋によるものかそれとも……。

 そんなこんなで無事終わった『デート・ア・ライブⅡ』でした!!通常より少ない全10話ということで少々不安でしたが、終わってみれば綺麗にデアラらしくまとめられていたと思います。ヒロインたちも新キャラの耶倶矢も夕弦も美九も含めてみんな魅力的でした(デレ前の美九のあれはあれで魅力がありました)し、主人公である士道の魅力もさらにマシマシでとてもよかったです。個人的には狂三が特に素晴らしかったですね笑)。物語的にも新たな敵や謎が増えより一層面白くなってきました。ぜひとも劇場版にとどまらずこのまま三期四期と物語が完結するまで続いてほしいと思います。私も頑張って原作に追いつきたいと思いますし(笑)。ということで、スタッフや関係者の皆様お疲れさまでした!!


 それではこれで。
スポンサーサイト

テーマ:デートアライブ - ジャンル:アニメ・コミック

この記事に対するコメント

>カットには白い霊装みたいなものの一部が映っていました
>もしかしてゲームの『凜祢ユートピア』でしょうか?
あれは十香の鏖殺公ですよ。
こういう時でもないとアニメで動いて喋る凜祢を見れないので、是非ユートピアの映画化であって欲しいですが……

>反転十香登場
ちなみに、ギャグな短編では十香がカップ焼きそばの麺をお湯ごと捨ててしまった絶望で出てきたりするw
そして好物はツナまよおにぎり。

>折紙に負わされた傷が開き、またしても良い所なのに撤退するエレン
アイザック「…………」
エレン「お願いですから無言で肩に手を置かないで下さいアイク」

>【終焉の剣(ペイヴァーシュヘレヴ)】から士道を庇おうとする美九
原作10巻では、恐怖に足が震えながらも、立っているのが不思議なくらいボロボロになるまで十香の事を護ってくれました。
人間の素晴らしさは、勇気の素晴らしさッ!

>≪終焉の剣≫
反転十香『定められし(ペイヴァーシュ)……終焉の剣(ヘレヴ)ーーーーーーッ!!』
十香『約束された(ハルヴァン)……最期の剣(ヘレヴ)ーーーーーーッ!!』

>どうも反転している時は完全に別の人格として存在している
デアラはバトル要素ありの作品なので、反転十香の天使(鏖殺公)と対を成す悪魔の力、いつか一護の虚化みたく使いこなせないかなと思ってしまいますね。この先戦いも激化していくみたいですし……
対話がテーマなので、いつか十香がもう一人の自分とも向き合えたらいいなと思います。

もしくは、超融合的な何かで十香と反転十香を一つにするとか。
強くなる代わりに、アホの子だった頃が懐かしい位に二十代さんの様な冷めた性格になるけど、最初のデートを再現したりして徐々に心を取り戻していくと……

十代「人は優しいだけでは、大事なものを護れない。覚悟こそが力だ。例え鬼、悪魔と言われようと!」

>”約束”を守ってもらえたことで心を開き見事”デレ”た美九
>デレ成分としては正直不足してます
私も7巻読み終わった後はそんな感じでしたね。今までの言いたい放題やりたい放題を許せる様になるまで随分時間がかかりました(汗)。

>美九編終了
流石に美九級のはもう来ないだろと思ってたら、続く七罪もお姉さんな外見に反して、同レベルでウザく面倒臭かったという……ストレス溜まるわ!!
アニメ2期が10話になったのはそのせいで原作の人気が落ちたからではと邪推してしまいます。デートを題材にしている分、どうしても甘さを期待して心のガードが緩む面がありますし。

アヴドゥル「七罪……君は狡猾な女だ。実に効果的な行動を取る……武力は使わないが、真に恐ろしい女だ……」

なので10巻が燃え分多めで挽回してくれたのは本当に嬉しかったです。
【2014/07/21 09:34】 URL | 二刀の翼 #WV4V227M [ 編集]

Re: タイトルなし
> >カットには白い霊装みたいなものの一部が映っていました
> >もしかしてゲームの『凜祢ユートピア』でしょうか?
> あれは十香の鏖殺公ですよ。
> こういう時でもないとアニメで動いて喋る凜祢を見れないので、是非ユートピアの映画化であって欲しいですが……

うわ、そうだったんですか。私絵を描く人間でありながらそういったデザインとかへの注意力が物凄く低いので全然気づきませんでした……

ゲームって外伝のような立ち位置だと思うので、ルートを固定すれば劇場版とかにはピッタリなエピソードになると思うんですけどね~。


> >反転十香登場
> ちなみに、ギャグな短編では十香がカップ焼きそばの麺をお湯ごと捨ててしまった絶望で出てきたりするw
> そして好物はツナまよおにぎり。

……なんでしょう、ギャグ四コマとかで見かける某騎士王の姿が脳裏に浮かびます。


> >折紙に負わされた傷が開き、またしても良い所なのに撤退するエレン
> アイザック「…………」
> エレン「お願いですから無言で肩に手を置かないで下さいアイク」

完全にシリアス入ってたので忘れてましたがそういえば!?


> >【終焉の剣(ペイヴァーシュヘレヴ)】から士道を庇おうとする美九
> 原作10巻では、恐怖に足が震えながらも、立っているのが不思議なくらいボロボロになるまで十香の事を護ってくれました。
> 人間の素晴らしさは、勇気の素晴らしさッ!

某勇者王「勇気ある誓いと共に、進め!」


> >≪終焉の剣≫
> 反転十香『定められし(ペイヴァーシュ)……終焉の剣(ヘレヴ)ーーーーーーッ!!』
> 十香『約束された(ハルヴァン)……最期の剣(ヘレヴ)ーーーーーーッ!!』

やっぱり某騎士王と重なる!?


> >どうも反転している時は完全に別の人格として存在している
> デアラはバトル要素ありの作品なので、反転十香の天使(鏖殺公)と対を成す悪魔の力、いつか一護の虚化みたく使いこなせないかなと思ってしまいますね。この先戦いも激化していくみたいですし……
> 対話がテーマなので、いつか十香がもう一人の自分とも向き合えたらいいなと思います。

激化する戦い、傷つき倒れる仲間たち、諦めかけたその時現れる自分自身と向き合うことで光と闇二つの力を併せ持った天魔十香……最高に熱い展開ですね!!


> もしくは、超融合的な何かで十香と反転十香を一つにするとか。
> 強くなる代わりに、アホの子だった頃が懐かしい位に二十代さんの様な冷めた性格になるけど、最初のデートを再現したりして徐々に心を取り戻していくと……

某イルカ「ワクワクを思い出すんだ」



> >”約束”を守ってもらえたことで心を開き見事”デレ”た美九
> >デレ成分としては正直不足してます
> 私も7巻読み終わった後はそんな感じでしたね。今までの言いたい放題やりたい放題を許せる様になるまで随分時間がかかりました(汗)。

これは是非とも早急に劇場版、そして第三期をやってもらわないと!!


> >美九編終了
> 流石に美九級のはもう来ないだろと思ってたら、続く七罪もお姉さんな外見に反して、同レベルでウザく面倒臭かったという……ストレス溜まるわ!!
> アニメ2期が10話になったのはそのせいで原作の人気が落ちたからではと邪推してしまいます。デートを題材にしている分、どうしても甘さを期待して心のガードが緩む面がありますし。

連続でレベルの高い面倒くささというのは読者も疲れてしまいますしね~(苦笑)。あと、最近はシリアスが苦手という人も増えたらしいのでその辺の影響もあったりして?


> なので10巻が燃え分多めで挽回してくれたのは本当に嬉しかったです。

やはりバトル要素がある作品は燃えてこそですよね!
【2014/07/24 06:31】 URL | RyO(卯竜) #- [ 編集]


>やっぱり某騎士王と重なる!?
衣装や性格やスタイル的に(失礼)、十香と合うのはエクストラの赤セイバーの方かも……とも思います。


>追記
美九のイメージデッキはペンデュラムモンスターをメインに構築中です。
音楽関連・声で攻撃という点でまず幻奏を連想しますが、美九には悪いですが、『歌』そのものが彼女にとって本当に大事なものの様には思えないんですよ。
彼女が歌を大事にしているのは、悪く言えば自分のプライドを満足させる為、良く言えばそれで誰かとの繋がりが出来る事ですから。歌に思い入れが無いなどとは言いませんし、作中でも天才と明言されていますが、プライドや絆を得る為のツールとなっている状態で、歌……もっと言えば音楽関係が心の底から好きという訳じゃないのではと感じるんですよ。
原作の過去回想でも、『中学に上がっても、勉強も運動もずっと下の方だった。私には歌しかない』という感じでしたし。

私がデアラを読んだ範囲内で美九が輝いていると感じたのは、<覇軍歌姫(ガブリエル)>の力で十香達を強化したり、アニメ版だとあっさり振り解かれましたが必死に反転十香を拘束したりといったサポート方面での活躍と、7巻(アニメ二期)ラストにて霊力が封印されていても大丈夫だとアンコールのステージに立って本当の声で歌を聞いて貰えたり、8巻の最初で<ファントム>の手で精霊化した時の事を琴里と士道に話す際、その頃について話すのを士道に気遣われた際『私には士道がいる。その過去も含めて前に進むって決めた』と言ったり、上述した10巻でボロボロになっても十香を護ったりと勇気を振り絞った時だったんです。
歌の才能や声が無かったとしても、その在り方だけで十分高嶺の花になれるんじゃないかなと思うんですよ。

なので、誰かを楽しませるエンターテインメントとメイト(仲間)を合わせた造語であるEMと、ARC-Vのテーマである『勇気を持って一歩踏み出せ!』が当てはまると思うのです。やられてもエクストラデッキからまた復活するペンデュラムの特性も。
メンタルの弱さや煽りスキルが目立つのも、原作でも言われてた男嫌いがダーリン連呼までになる極端な点も振り子メンタルな遊矢を連想するなと。ペンデュラム召喚は歴代の召喚法で一番派手だからアイドルの美九には似合ってますし。

エースは勿論オッドアイズ・ペンデュラム・ドラゴン。舞もハーピィズペット竜使ってましたし、身体の各所に宝玉がありますし、戦闘ダメージ2倍効果も『勇気を持って前に進む』みたいですしね。
好きか嫌いかの極端な傾向の象徴として、モンスターの攻・守力を入れ替えるEMヒックリカエルや罠カード『反転世界(リバーサル・ワールド)』、表示形式を入れ替えるエネミーコントローラーに重力解除といった、もう片方へと逆転させるカードが入ってます。攻・守力の逆転は遊矢がウィップ・バイパーやヒックリカエルでよくやる手ですしね。

他に入れてるEMはアメンボート(髭があって眼鏡掛けてるのが老執事に見えますね)とシルバー・クロウとカレイドスコーピオン。リーゼント頭のソード・フィッシュや"やる時は格好良いけど普段はだらしない"タイプらしい時読みの魔術師(タレ目や4話での態度から)などは、男嫌いが無くてもお嬢様の美九は好きじゃないかなと思い外してます。運動神経はあまり良くないようなので、遊矢みたく使いこなすのは難しいなと思いウィップ・バイパーも。
星読みの魔術師は色々とイケメンなので文句無く気に入ってくれるかと。男嫌いも大分改善されましたし。

Sモンスターは、"いざよい"、昔の芸名『宵待"月"乃』、攻撃名と効果名に"曲"が入ってる繋がりで月華竜 ブラック・ローズ。
Xモンスターは、Pゾーンで魔法カード扱いになるPモンスターとのシナジーと楽しませる繋がりでハートランドラコ、攻守逆転戦術とのシナジーと女性モンスター繋がりで神葬零嬢ラグナ・ゼロが入ってます。
他には、星読みの魔術師やカレイドスコーピオンを出せるチューナーであるカオスエンドマスターや、閃光の騎士とEMリバイバルとペンデュラム・バックと素良が使った罠カード『びっくり箱』など。まだ入れるのを確定してませんが魔法の筒や銀幕の鏡壁、ダメージ・ダイエットなども一応。ここら辺はARC-Vの今後の展開次第で調整ですね。

改心後も百合っ子な美九なので女の子のカードも入れてやりたいんですが、今の所はラグナ・ゼロ意外だと罠カード『ライバル登場!』しか目ぼしいのが無いんですよね……
OCG化してないカードなら、手札を多く使うペンデュラム召喚とのシナジーで、Rの月行が使ったラーニング・エルフ(墓地に送られた時1枚ドローのモンスター)や漫画版5D'sでアキさんが使った薔薇占術師(場から墓地へ送る事で1枚ドロー出来るモンスター。攻撃力1700)とかがあるんですが……
ラーニング・エルフはOCGだと強過ぎますが(効果は戦闘破壊限定になりそう)、薔薇占術師だけでもOCG化してくれないかな……P召喚で出してから攻撃した後で手札補充出来るんですが。

後、遊馬が漫画版3巻でコロンちゃんの不乱健と戦った時に『リバース・ウォール』という罠カードを使ったんですが。
守備力2000以上のモンスターが破壊された時に相手モンスターを全て破壊するという罠で、破壊さえされれば墓地へ行く必要がないので、ペンデュラムモンスターの星読みの魔術師、カレイドスコーピオン、オッドアイズが破壊されてエクストラデッキへ行っても発動するし、オッドアイズの2つ目のP効果ともシナジーがあります。
シェリーが使った罠カード『フローラル・シールド』(モンスター1体の攻撃を無効にしてカードを1枚ドロー)も美九には似合ってるんですが。
【2014/07/27 00:14】 URL | 二刀の翼 #WV4V227M [ 編集]

Re: タイトルなし
二刀の翼さん、コメントありがとうございます!!


> >やっぱり某騎士王と重なる!?
> 衣装や性格やスタイル的に(失礼)、十香と合うのはエクストラの赤セイバーの方かも……とも思います。

なるほど確かに!でも、宝具的には青の方ですし、足して二で割ったらちょうどいいのかも(笑)。


> >追記
> 美九のイメージデッキはペンデュラムモンスターをメインに構築中です。
> 音楽関連・声で攻撃という点でまず幻奏を連想しますが、美九には悪いですが、『歌』そのものが彼女にとって本当に大事なものの様には思えないんですよ...(以下略)...

『歌』が好きというよりも「唯一自分が自分を表せるものが『歌』しかなかった」ってことですね。彼女にとっての心の拠り所になっていたってことなんですね…。


> 私がデアラを読んだ範囲内で美九が輝いていると感じたのは、<覇軍歌姫(ガブリエル)>の力で十香達を強化したり、...(以下略)...
> 歌の才能や声が無かったとしても、その在り方だけで十分高嶺の花になれるんじゃないかなと思うんですよ。

気づかなかっただけで、彼女の中には確かな輝きが眠っていたんですね。アンコールステージの時のように、その輝きを『歌』にこめられれば美九はもっともっと高みへ…真のアイドルに彼女自身の本当の力でなれるんじゃないかと思います。


> なので、誰かを楽しませるエンターテインメントとメイト(仲間)を合わせた造語であるEMと、ARC-Vのテーマである『勇気を持って一歩踏み出せ!』が当てはまると思うのです。やられてもエクストラデッキからまた復活するペンデュラムの特性も。
> メンタルの弱さや煽りスキルが目立つのも、原作でも言われてた男嫌いがダーリン連呼までになる極端な点も振り子メンタルな遊矢を連想するなと。ペンデュラム召喚は歴代の召喚法で一番派手だからアイドルの美九には似合ってますし。

『アイドル』な美九にアニメ的にも召喚法としてもエンターテインメントなペンデュラム召喚はピッタリなイメージですね!


> エースは勿論オッドアイズ・ペンデュラム・ドラゴン。舞もハーピィズペット竜使ってましたし、身体の各所に宝玉がありますし、戦闘ダメージ2倍効果も『勇気を持って前に進む』みたいですしね。
> 好きか嫌いかの極端な傾向の象徴として、モンスターの攻・守力を入れ替えるEMヒックリカエルや罠カード『反転世界(リバーサル・ワールド)』、表示形式を入れ替えるエネミーコントローラーに重力解除といった、もう片方へと逆転させるカードが入ってます。攻・守力の逆転は遊矢がウィップ・バイパーやヒックリカエルでよくやる手ですしね。

プラスとマイナスの感情の激しさという点ではアルカナシリーズも面白いかもしれませんね。ギャンブルっぽさが出てしまうのが難点ですが、正位置を「好き」逆位置を「嫌い」ととらえると意外と合うんじゃないかと思います。


> 他に入れてるEMはアメンボート(髭があって眼鏡掛けてるのが老執事に見えますね)とシルバー・クロウとカレイドスコーピオン。リーゼント頭のソード・フィッシュや"やる時は格好良いけど普段はだらしない"タイプらしい時読みの魔術師(タレ目や4話での態度から)などは、男嫌いが無くてもお嬢様の美九は好きじゃないかなと思い外してます。運動神経はあまり良くないようなので、遊矢みたく使いこなすのは難しいなと思いウィップ・バイパーも。
> 星読みの魔術師は色々とイケメンなので文句無く気に入ってくれるかと。男嫌いも大分改善されましたし。

士道が美九(約束)を守ったことが彼女の最大の転機だったので≪我が身を盾に≫なんてどうだろう?とふと思ったりしました(笑)。


> Sモンスターは、"いざよい"、昔の芸名『宵待"月"乃』、攻撃名と効果名に"曲"が入ってる繋がりで月華竜 ブラック・ローズ。
> Xモンスターは、Pゾーンで魔法カード扱いになるPモンスターとのシナジーと楽しませる繋がりでハートランドラコ、攻守逆転戦術とのシナジーと女性モンスター繋がりで神葬零嬢ラグナ・ゼロが入ってます。

今の美九は使わない(封印のため使えない)でしょうけど、能力的には”支配”があるので≪No.ナンバーズ11 ビッグ・アイ≫なんてどうでしょうか?精霊としての力もやはり彼女の力であることには変わらないのでそういうのもありかなと。女の子モンスターということで霊使いたちもありかもしれません。


> OCG化してないカードなら、手札を多く使うペンデュラム召喚とのシナジーで、Rの月行が使ったラーニング・エルフ(墓地に送られた時1枚ドローのモンスター)や漫画版5D'sでアキさんが使った薔薇占術師(場から墓地へ送る事で1枚ドロー出来るモンスター。攻撃力1700)とかがあるんですが……
> ラーニング・エルフはOCGだと強過ぎますが(効果は戦闘破壊限定になりそう)、薔薇占術師だけでもOCG化してくれないかな……P召喚で出してから攻撃した後で手札補充出来るんですが。

ZEXALのカードは未来皇ホープ含め結構な数がOCG化しましたし、過去の未OCGカードもどんどんOCG化してほしいですね。……でも、漫画で出てくるカードってシンプルに強すぎるのがザクザクありますし、なかなか難しいのかも。


> 後、遊馬が漫画版3巻でコロンちゃんの不乱健と戦った時に『リバース・ウォール』という罠カードを使ったんですが。
> 守備力2000以上のモンスターが破壊された時に相手モンスターを全て破壊するという罠で、破壊さえされれば墓地へ行く必要がないので、ペンデュラムモンスターの星読みの魔術師、カレイドスコーピオン、オッドアイズが破壊されてエクストラデッキへ行っても発動するし、オッドアイズの2つ目のP効果ともシナジーがあります。
> シェリーが使った罠カード『フローラル・シールド』(モンスター1体の攻撃を無効にしてカードを1枚ドロー)も美九には似合ってるんですが。

破壊されることがトリガーとなるカードはペンデュラムと相性がいいですね~。
【2014/07/30 05:29】 URL | RyO(卯竜) #- [ 編集]


>なるほど確かに!でも、宝具的には青の方ですし、足して二で割ったらちょうどいいのかも(笑)。
ドラゴンマガジンの付録『デート・ア・ライブ0 ver2.0』には、十香のキャラデザ案が幾つかあるのですが、その中にティアラと鎧(胸当て・肩当て・アーマースカート・脚甲)を付けたものがあります。個人的には、デアラ本編の霊装よりこちらが好きですね。
1話の感想でも書きましたが、最近の十香はアホの子に傾き過ぎていて燃え分と凛としている分が足りねぇ……と感じるので。勿論、デアラが常に戦闘が身近にある作品じゃないというのはありますけど、やっぱ折角の良い剣士ヒロインなんだからという思いがあります。
他に好きなのは、ヘアバンドをつけたスケバンな長スカート学校制服です。

>能力的には”支配”があるので≪No.ナンバーズ11 ビッグ・アイ≫なんてどうでしょうか?
>精霊としての力もやはり彼女の力であることには変わらないのでそういうのもありかなと。
ビッグ・アイは今検討中ですね。そっちの方は今の所エネミーコントローラーで。


美九と合うのはZeroのイスカンダルかなぁと思います。
最初は男嫌い+オッサン相手という事でギャーギャー言いまくるけど、男なんて云々~を「小さいわッ(デコピン)! 狭い! 小さい! 阿呆らしい!」と一蹴されたり、イスカンダルの王としての各と『王の軍勢(アイオニオン・ヘタイロイ)』に器の違いを思い知らされたり、「その卑屈さこそが覇道の兆し」や「身の程知らずの大馬鹿と組めた事がまっこと快いぞ」とか言われて、プライド高くて卑屈な所があったウェイバーみたく徐々にデレていくと。
……そう考えると、Zeroには美九も惹かれるであろう綺麗な存在だけど「無欲な王なぞ飾り物にも劣るわい!!」「殉教などという茨の道に、一体誰が憧れる。焦がれる程の夢を見る!」とメッキを剥がされるセイバーや、美九にとって悪い意味での男の権化だけど「忠道、大義である」と言い残して去っていくギルガメッシュとかいるんだよな。

zeroの小説4巻(アニメ12話)では、「そんなに焦らんでも良かろうて。この聖杯戦争が人生最大の見せ場って訳じゃなかろう」とウェイバーがイスカンダルに諭されるシーンがありますが、ドラゴンマガジンに掲載されたデアラの短編でも似た様な話があるんですよ。
美九とは違う理由で完璧主義だったアイドルに昔の自分を重ねて「ちょっとの失敗くらいじゃ離れたりしませんから、もっとファンを信用してもいいと思いますよ?」と、かつて士道に言われた言葉で節介を焼くというもので、「自分は士道のあの言葉で救われた。士道がいてくれたから今の私がいる」と。
【2014/07/30 15:00】 URL | 二刀の翼 #WV4V227M [ 編集]

Re: タイトルなし
二刀の翼さん、コメントありがとうございます!!


> ドラゴンマガジンの付録『デート・ア・ライブ0 ver2.0』には、十香のキャラデザ案が幾つかあるのですが、その中にティアラと鎧(胸当て・肩当て・アーマースカート・脚甲)を付けたものがあります。個人的には、デアラ本編の霊装よりこちらが好きですね。

姫騎士っぽさがより強くなった感じでしょうか。デアラのビジュアルブックが出たらぜひ収録してほしいですね~。


> 1話の感想でも書きましたが、最近の十香はアホの子に傾き過ぎていて燃え分と凛としている分が足りねぇ……と感じるので。勿論、デアラが常に戦闘が身近にある作品じゃないというのはありますけど、やっぱ折角の良い剣士ヒロインなんだからという思いがあります。

剣士ヒロインというと圧倒的剣技っていうのも観たくなりますね~。普段はアホの子だけどいざ戦闘になると神業的剣技を披露する剣豪になる……そういうのもありかも?パラレルワールド的な感じでそういった十香が見られないかな~。


> 他に好きなのは、ヘアバンドをつけたスケバンな長スカート学校制服です。

短編とかで十香が何らかしらの理由でグレた時にその恰好をしたら面白いかも(笑)。


> 美九と合うのはZeroのイスカンダルかなぁと思います。
> 最初は男嫌い+オッサン相手という事でギャーギャー言いまくるけど、男なんて云々~を「小さいわッ(デコピン)! 狭い! 小さい! 阿呆らしい!」と一蹴されたり、イスカンダルの王としての各と『王の軍勢(アイオニオン・ヘタイロイ)』に器の違いを思い知らされたり、「その卑屈さこそが覇道の兆し」や「身の程知らずの大馬鹿と組めた事がまっこと快いぞ」とか言われて、プライド高くて卑屈な所があったウェイバーみたく徐々にデレていくと。

なんかその光景が自然に浮かんできますね(笑)。


> ……そう考えると、Zeroには美九も惹かれるであろう綺麗な存在だけど「無欲な王なぞ飾り物にも劣るわい!!」「殉教などという茨の道に、一体誰が憧れる。焦がれる程の夢を見る!」とメッキを剥がされるセイバーや、美九にとって悪い意味での男の権化だけど「忠道、大義である」と言い残して去っていくギルガメッシュとかいるんだよな。

Zeroは色々な意味でキャラがみんな凄いですからね~。……デアラメンバーの中でZero世界に放り込んだ時一番影響を受けそうなのはやはり美九になるのでしょうか。


> zeroの小説4巻(アニメ12話)では、「そんなに焦らんでも良かろうて。この聖杯戦争が人生最大の見せ場って訳じゃなかろう」とウェイバーがイスカンダルに諭されるシーンがありますが、ドラゴンマガジンに掲載されたデアラの短編でも似た様な話があるんですよ。
> 美九とは違う理由で完璧主義だったアイドルに昔の自分を重ねて「ちょっとの失敗くらいじゃ離れたりしませんから、もっとファンを信用してもいいと思いますよ?」と、かつて士道に言われた言葉で節介を焼くというもので、「自分は士道のあの言葉で救われた。士道がいてくれたから今の私がいる」と。

士道の言葉をちゃんと自分の中で昇華して美九も変わっていってるんですね~……。
【2014/08/04 06:02】 URL | RyO(卯竜) #- [ 編集]


>剣士ヒロインというと圧倒的剣技っていうのも観たくなりますね~。普段はアホの子だけどいざ戦闘になると神業的剣技を披露する剣豪になる……そういうのもありかも?パラレルワールド的な感じでそういった十香が見られないかな~。
その十香の奥の手は、ビーム系ぶっぱじゃなくて赤セイバーみたいな有利な空間具現型かもしれませんね。その方が剣技が際立ちますし。本家十香が明るい分、青セイバーみたいな真面目な性格だったり。
王系キャラだし、いっそ城を具現化する位やった方が面白いかも。本家十香の破壊の力と対を成す創造の力な意味でも。飛び道具が必要なら剣や鎖を具現化して飛ばしたり捕縛したりするとか。

以前RyOさんが上記のコメントで『十香は青と赤のセイバーを足して2で割ったら丁度良いのかも』と仰ってましたし、十香に使われてない要素が出てくるとか……赤セイバーみたく剣術や軍略などに才があり芸術(映画やゲームも当てはまるかな?)が好きで(歌は下手)、そのせいで大食いじゃなくて真面目な代わりに浪費癖が激しいとか……
後は、十香の精霊としての圧倒的な力が"暴君"と称されてる時があり、十香の戦闘スタイルも自信満々に向かってくる感じなので(不満や悪口では無いです、念の為)、騎士然とした好感が持てる静謐な戦い方をするかもしれません。策を弄するのも相手を尊厳ごと陥れるのではなく、虚を突いて負けを認めさせるという感じで。

『デート・ア・ライブ0 ver2.0』には、反転十香に似合いそうな黒いドレスを着て<暴虐公(ナへマー)>みたいなメカメカしいデザインの片刃大剣を持ってる十香のキャラデザもあります。
今は姫騎士十香(手甲付き)がこの大剣(サイズと、カラーリングを鎧に合わせて明るく調整)を振るって赤セイバーみたく活躍する姿を想像して楽しんでます。

他には、士道が十香と会う一日前の前日譚も収録されてますが、士道さんの凄いシスコンっぷり(白琴里な意味で)を見れます。多分耶倶矢や美九が見たらドン引きするレベル。


>短編とかで十香が何らかしらの理由でグレた時にその恰好をしたら面白いかも(笑)。
話がズレますが、『デート・ア・ライブ0 ver2.0』収録の短編では、風邪を引いた士道の看病にと桃の缶詰を買うつもりが、当時果物の桃を食べてなかったので焼き鳥(モモ肉)の缶詰を選んでいたり、テレビで身体が温まると言ってたからと選んだのが日本酒と一味唐辛子(焼き鳥にちょっと足して酒のつまみに出来る)というオッサン臭いチョイスになってしまったという場面がありました。
原作5巻で自分からテスト勉強をしたりと学習意欲はある十香ですが、今後知識や経験を積んだ後でも残念美人フラグ立ってるなぁ(汗)。今でも水族館が魚を見る場所と聞いたら魚料理を連想したりと(原作3巻にて)食い物に繋がる所があるし。

>追記
デート・ア・ライブ11巻を読む→士道さんの聖人力が遊馬先生の領域へと近づいているッ……!!
まさに最高の出来でした! デアラ読んでる人なら読まなきゃ損するぜ!
【2014/09/20 23:06】 URL | 二刀の翼 #WV4V227M [ 編集]

Re: タイトルなし
> その十香の奥の手は、ビーム系ぶっぱじゃなくて赤セイバーみたいな有利な空間具現型かもしれませんね。その方が剣技が際立ちますし。本家十香が明るい分、青セイバーみたいな真面目な性格だったり。
> 王系キャラだし、いっそ城を具現化する位やった方が面白いかも。本家十香の破壊の力と対を成す創造の力な意味でも。飛び道具が必要なら剣や鎖を具現化して飛ばしたり捕縛したりするとか。

もう≪無限の剣製≫のイメージで固定されそうです(笑)。


> 以前RyOさんが上記のコメントで『十香は青と赤のセイバーを足して2で割ったら丁度良いのかも』と仰ってましたし、十香に使われてない要素が出てくるとか……赤セイバーみたく剣術や軍略などに才があり芸術(映画やゲームも当てはまるかな?)が好きで(歌は下手)、そのせいで大食いじゃなくて真面目な代わりに浪費癖が激しいとか……

向かう先が食べ物から物に代わるだけで、結局十香による出費は止められないと(笑)。


> 後は、十香の精霊としての圧倒的な力が"暴君"と称されてる時があり、十香の戦闘スタイルも自信満々に向かってくる感じなので(不満や悪口では無いです、念の為)、騎士然とした好感が持てる静謐な戦い方をするかもしれません。策を弄するのも相手を尊厳ごと陥れるのではなく、虚を突いて負けを認めさせるという感じで。

アニメによる印象ですけどデアラの戦闘って豪快なイメージが強いので、逆にそういった優雅(とは違うのかもしれませんが)な戦い方を見てみたいなって思いますね。


> 『デート・ア・ライブ0 ver2.0』には、反転十香に似合いそうな黒いドレスを着て<暴虐公(ナへマー)>みたいなメカメカしいデザインの片刃大剣を持ってる十香のキャラデザもあります。
> 今は姫騎士十香(手甲付き)がこの大剣(サイズと、カラーリングを鎧に合わせて明るく調整)を振るって赤セイバーみたく活躍する姿を想像して楽しんでます。

そういったイラストなどをまとめた画集が早く欲しいですね~。そして描きたいです(笑)!!


> 他には、士道が十香と会う一日前の前日譚も収録されてますが、士道さんの凄いシスコンっぷり(白琴里な意味で)を見れます。多分耶倶矢や美九が見たらドン引きするレベル。

そういえば、そのころはまだ黒琴里のことは知らなかったんでしたっけ?琴里への兄妹愛は変わらずとも、色々と知る前と後では全然違う士道さんが見られそうですね~。


> 話がズレますが、『デート・ア・ライブ0 ver2.0』収録の短編では、風邪を引いた士道の看病にと桃の缶詰を買うつもりが、当時果物の桃を食べてなかったので焼き鳥(モモ肉)の缶詰を選んでいたり、テレビで身体が温まると言ってたからと選んだのが日本酒と一味唐辛子(焼き鳥にちょっと足して酒のつまみに出来る)というオッサン臭いチョイスになってしまったという場面がありました。
> 原作5巻で自分からテスト勉強をしたりと学習意欲はある十香ですが、今後知識や経験を積んだ後でも残念美人フラグ立ってるなぁ(汗)。今でも水族館が魚を見る場所と聞いたら魚料理を連想したりと(原作3巻にて)食い物に繋がる所があるし。

その話を聞いて物凄く10年後くらいの十香を見てみたくなりました(笑)。


> >追記
> デート・ア・ライブ11巻を読む→士道さんの聖人力が遊馬先生の領域へと近づいているッ……!!
> まさに最高の出来でした! デアラ読んでる人なら読まなきゃ損するぜ!

遊馬先生クラスって相当とんでもないレベルですよ…?それ読みたいですね~。でもまだ全然ですし…。

一応作業中に主題歌とかを聴いてるのでデアラ熱は冷めていません。『Day to Story』なんかは放送当時よりもっと好きになってますし(笑)。

もういっそ先に全巻揃えてしまおうかな~なんて思います(笑)。見えるところに並べてあれば読むための気合も強引に入りそうですし(笑)。
【2014/09/23 06:38】 URL | RyO(卯竜) #- [ 編集]


>もう≪無限の剣製≫のイメージで固定されそうです(笑)。
私的には、相手を弱体化させる(破壊の力より対話に使えそうですね)赤セイバーの招き蕩う黄金劇場の城バージョンな感じですかね(姫騎士十香の鎧のカラーリングが薄紫アクセントの銀色メインなので、城もそんな感じで。王の前で座して控えよ、のスーパー十香タイムなイメージ)。
剣や鎖の具現化はその応用で。ほら、装飾品で鎧ごと剣が飾ってあったり、倒れて橋になる門やシャンデリアに鎖が使われてるじゃないですか?

>向かう先が食べ物から物に代わるだけで、結局十香による出費は止められないと(笑)。
アニメ一期のDVD/BDの特典(なので私は読んでません)に十香ワーキングなる話が付いているので、学校終わったら軍資金稼ぎにバイトへ直行しているとか(笑)。

>遊馬先生クラスって相当とんでもないレベルですよ…?
勿論、あのベクター相手に「心が無いなら、心が生まれるまで俺は信じる!」「お前は俺が……護ってやる」と言い切った先生のレベルには届かないと思います(そもそもデアラはまだ完結してませんし)。
ただ、今までの士道って精霊と対話する時、十香の時も美九の時も、悪く言えば子供っぽい勢いが目立ってしまっていた(原作の方で特に)んですが、11巻ではキスによる霊力封印に『ラタトスクの任務』『使命を果たす義務感』という表現が使われてたりしたせいか、かっとビングみたいな貫くべき芯が備わった様に感じたんですよ。
献身的に折紙を助けようとする姿も相まって遊馬みたいだなと感じたので、『遊馬先生の領域へと"近づいている"』と書きました。最近出たゼアル漫画版7巻でも、遊馬がそうしてカイトを説得出来ましたし。

>追記
四糸乃のイメージデッキはゴーストリックにしようかと思ってます。
8巻にてテレビで見た事によりハロウィンの仮装(カラー挿絵にも使われてます)をしてのイベントが起きた事、四糸乃が内気な性格で<氷結傀儡(ザドキエル)>の氷壁防御が反転十香の<暴虐公>の一撃から美九を護れる程強固=裏守備メインで鉄壁、よしのんの陽気さなどが由来となっております。


>追記2
エクストラのネタですが、RyOさんはこの3人の中から一人サーヴァントに出来るとしたら誰を選びますか?

1:十香(セイバー) 2:狂三(アーチャー) 3:美九(キャスター)
【2014/09/23 21:53】 URL | 二刀の翼 #WV4V227M [ 編集]

Re: タイトルなし
二刀の翼さん、コメントありがとうございます!!


> 私的には、相手を弱体化させる(破壊の力より対話に使えそうですね)赤セイバーの招き蕩う黄金劇場の城バージョンな感じですかね(姫騎士十香の鎧のカラーリングが薄紫アクセントの銀色メインなので、城もそんな感じで。王の前で座して控えよ、のスーパー十香タイムなイメージ)。
> 剣や鎖の具現化はその応用で。ほら、装飾品で鎧ごと剣が飾ってあったり、倒れて橋になる門やシャンデリアに鎖が使われてるじゃないですか?
>
なるほど、そういう考え方がありますね!!もうすっかりイメージ固定されてました(笑)。


> アニメ一期のDVD/BDの特典(なので私は読んでません)に十香ワーキングなる話が付いているので、学校終わったら軍資金稼ぎにバイトへ直行しているとか(笑)。

……あれっ、士道さんの苦労人属性とんでもなくないですか?


> 勿論、あのベクター相手に「心が無いなら、心が生まれるまで俺は信じる!」「お前は俺が……護ってやる」と言い切った先生のレベルには届かないと思います(そもそもデアラはまだ完結してませんし)。
> ただ、今までの士道って精霊と対話する時、十香の時も美九の時も、悪く言えば子供っぽい勢いが目立ってしまっていた(原作の方で特に)んですが、11巻ではキスによる霊力封印に『ラタトスクの任務』『使命を果たす義務感』という表現が使われてたりしたせいか、かっとビングみたいな貫くべき芯が備わった様に感じたんですよ。
> 献身的に折紙を助けようとする姿も相まって遊馬みたいだなと感じたので、『遊馬先生の領域へと"近づいている"』と書きました。最近出たゼアル漫画版7巻でも、遊馬がそうしてカイトを説得出来ましたし。

士道さんの成長していってるんですね~…。私もその軌跡を早く追いかけたい!!劇場版が始まるまでにはなんとか…(←※毎回そんなことを言ってます


> >追記
> 四糸乃のイメージデッキはゴーストリックにしようかと思ってます。
> 8巻にてテレビで見た事によりハロウィンの仮装(カラー挿絵にも使われてます)をしてのイベントが起きた事、四糸乃が内気な性格で<氷結傀儡(ザドキエル)>の氷壁防御が反転十香の<暴虐公>の一撃から美九を護れる程強固=裏守備メインで鉄壁、よしのんの陽気さなどが由来となっております。

デフォルメ強めで可愛い系のイラストも多いですし、四糸乃に結構合いそうですね!


> >追記2
> エクストラのネタですが、RyOさんはこの3人の中から一人サーヴァントに出来るとしたら誰を選びますか?
>
> 1:十香(セイバー) 2:狂三(アーチャー) 3:美九(キャスター)

キャラの好みと一筋縄ではいかない面白さから狂三ですかね~。戦闘スタイル的にもトリッキーな感じで好きですし。…………まあ、実際に選んだら一番扱いが難しいサーヴァントになりそうですが(笑)。
【2014/09/27 02:01】 URL | RyO(卯竜) #- [ 編集]


>そういったイラストなどをまとめた画集が早く欲しいですね~。そして描きたいです(笑)!!
>姫騎士十香の鎧のカラーリングが薄紫アクセントの銀色メイン
『デート・ア・ライブ0 ver2.0』には上述したカラーリングの鎧を付けた十香のキャラデザがもう一つあるのですが、私が『姫騎士十香』と呼称しているお気に入りのキャラデザは、黒いボディスーツの上から鎧を着てる方ですね。髪はリボンで後ろを括らず、ティアラを付けてそのままにしてます。
殆ど十香のイラストになってて、個人的には、他に目を引くイラストは髪がセミロングやおかっぱになってる折紙さんしかなかったので、私もイラスト集が欲しいです。
最近見たデアラのビジュアルで私が気に入ってるのは、最新11巻で見たロングヘアー折紙さんと『精霊でも恋がしたい!』な中二病ファッションの狂三さんです(詳しくはネタバレになるので伏せます)。

>……あれっ、士道さんの苦労人属性とんでもなくないですか?
あれだけ死にそうな目に(特に狂三編から)遭って美九・七罪の改心と折紙さんの説得までしてるのに何を今更(笑)。
後、十香ワーキングで働いてるのはタイトル名からして十香ではないかと(勤務内容は知りませんが)。なので『姫騎士十香は放課後になると軍資金稼ぎにバイトへ直行してたりして』という意味で書かせて頂きました。
ちなみに、十香の食費は<ラタトスク>から補助が出ていますが、士道さんはなるべく料理のクオリティを下げずに材料費を安く済ませる様にしています。
【2014/09/27 18:25】 URL | 二刀の翼 #WV4V227M [ 編集]

Re: タイトルなし
二刀の翼さん、コメントありがとうございます!!


> 最近見たデアラのビジュアルで私が気に入ってるのは、最新11巻で見たロングヘアー折紙さんと『精霊でも恋がしたい!』な中二病ファッションの狂三さんです(詳しくはネタバレになるので伏せます)。

私はロングヘアーが好みなので、折紙さんがロングヘアーになったら一気に好きになりそうです(笑)。中二病な狂三さんは……なんか納得です(笑)。


> >……あれっ、士道さんの苦労人属性とんでもなくないですか?
> あれだけ死にそうな目に(特に狂三編から)遭って美九・七罪の改心と折紙さんの説得までしてるのに何を今更(笑)。

分類的にはハーレム物の主人公になるのでしょうけど……代われないですね~(苦笑)。


> 後、十香ワーキングで働いてるのはタイトル名からして十香ではないかと(勤務内容は知りませんが)。なので『姫騎士十香は放課後になると軍資金稼ぎにバイトへ直行してたりして』という意味で書かせて頂きました。
> ちなみに、十香の食費は<ラタトスク>から補助が出ていますが、士道さんはなるべく料理のクオリティを下げずに材料費を安く済ませる様にしています。

なるほど、そういう意味でしたか。私は「放課後時折姿を消す士道のあとをつけた十香がバイト中の士道の姿を発見、そこから「私もばいとするぞ!!」とドタバタ展開に発展して…」な話を想定していたので(笑)。

士道さん、主夫属性もほんと身についてますね~…。
【2014/09/29 05:25】 URL | RyO(卯竜) #- [ 編集]


>中二病な狂三さんは……なんか納得です(笑)。
多分エクストラCCCだったら『中二病』のSGをゲット出来るでしょうね(笑)。

>キャラの好みと一筋縄ではいかない面白さから狂三ですかね~。戦闘スタイル的にもトリッキーな感じで好きですし。
>…………まあ、実際に選んだら一番扱いが難しいサーヴァントになりそうですが(笑)。
態度は享楽的ですが、結構気難しい性格ですしね。11巻読んだ後だと尚そう思います。
上記コメントで姫騎士十香の話をしましたが、エクストラの緑アーチャーみたく、軽い態度を取りやや小心者で毒・罠・狙撃といった奇襲に長ける狂三というのも、本家狂三と正反対で面白いかもしれません。

>追記
上記のコメントでエクストラの話をしましたが、RyOさんはフェイト/エクストラの事をどれ位知ってますか?
私はエクストラをセイバーで一周クリアし、今はCCCをセイバーでやってる所です。

CCCではギルガメッシュが味方となりますが、デアラだと該当するのは……キャラ的にエレンですかね(能力的には別のキャラですが)?
能力値は軒並み高いけど、幸運だけが上がりにくくて、攻撃が中々クリティカルしなくて猛毒とかの状態変化になりやすいピーキー仕様かな(笑)。
【2014/10/11 23:01】 URL | 二刀の翼 #WV4V227M [ 編集]

Re: タイトルなし
> 態度は享楽的ですが、結構気難しい性格ですしね。11巻読んだ後だと尚そう思います。
> 上記コメントで姫騎士十香の話をしましたが、エクストラの緑アーチャーみたく、軽い態度を取りやや小心者で毒・罠・狙撃といった奇襲に長ける狂三というのも、本家狂三と正反対で面白いかもしれません。

正反対なキャラを妄想したりするのも楽しいですよね。その場合四糸乃が大胆不敵だったり、琴里が白琴里で精霊化したりとかでしょうか?

>
> >追記
> 上記のコメントでエクストラの話をしましたが、RyOさんはフェイト/エクストラの事をどれ位知ってますか?
> 私はエクストラをセイバーで一周クリアし、今はCCCをセイバーでやってる所です。

原作はCCCを購入したものの例のごとく積み状態なので、漫画とかによる断片的な知識があるくらいですね。赤セイバーやキャス狐の正体を知っているとか、舞台が電脳世界?みたいなところだとか、隠しボスに「生きてるなら、神様だって殺してみせる」お方が出るいうくらいの何とも言えない知識量です(笑)。


> CCCではギルガメッシュが味方となりますが、デアラだと該当するのは……キャラ的にエレンですかね(能力的には別のキャラですが)?
> 能力値は軒並み高いけど、幸運だけが上がりにくくて、攻撃が中々クリティカルしなくて猛毒とかの状態変化になりやすいピーキー仕様かな(笑)。

プレイを始めるなら相方はキャス狐ですかね。ぐいぐいくる狐っ娘というのはなかなか良いです(笑)。まあ能力的に初心者向けではないみたいですが(笑)。
【2014/10/14 17:12】 URL | RyO(卯竜) #- [ 編集]


>>>追記
>>四糸乃のイメージデッキはゴーストリックにしようかと思ってます。
今の四糸乃デッキは、遊戯のデッキを参考に構築しています。
内気だけど『優しさ』という強さを最初から持っていたという点が共通するので。

四糸乃と彼女の別人格であるよしのんの性格を考えて、和睦の使者に破天荒な風。
≪氷結傀儡(ザドキエル)≫は防御能力が高いので、リフレクト・バウンダーに劇場版で遊戯が使った『ディメンション』系永続罠(リフレクターを使ったのはアテムですが)、マシュマロンにマシュマカロン、ピンポイント・ガードにカウンター・ゲート。サイレント・ソードマンの代わりに聖堂騎士イシュザーク。
3巻から人見知りを克服する為に頑張ったり、士道の為に障壁をドリル攻撃したりと『壁を打ち破る』意思もあるので、魔導戦士 ブレイカー(効果を使った後は、トイ・マジシャンと同じ攻撃力の魔法使い族になりますし)、ランサー・デーモン(遊技は元々デーモンの召喚を持ってて、アニメの戦いの儀でも使ってたので)、シールド・クラッシュ、開闢の使者も入っています。海馬の新たなユニオンABCも入れる予定。
人形使いなのでクリアクリボー、メタモル・クレイ・フォートレス、メタル・ホールドにガジェット5種類。遊戯がDDD編で使った鉄球魔人ゴロゴーンの代わりにクリボール。
神社でのイベントが目立つのと七罪という精霊の力で成長した姿がナイスバディなので、明日香のサイバー・エンジェルも。儀式コストはサーチ能力がある三色ガジェットや墓地でも融合出来るABCで。
劇場版で遊戯が『戦士の献身』という似た様な罠を使ったので奇策も。捨てるモンスターはサーチした三色ガジェットにABCに手札で腐ってるサイバー・エンジェルなイメージで。
【2016/05/16 22:14】 URL | 二刀の翼 #WV4V227M [ 編集]

Re: タイトルなし
二刀の翼さん、コメントありがとうございます!!


> >>>追記
> >>四糸乃のイメージデッキはゴーストリックにしようかと思ってます。
> 今の四糸乃デッキは、遊戯のデッキを参考に構築しています。
> 内気だけど『優しさ』という強さを最初から持っていたという点が共通するので。

その共通点からのデッキ構築、いいですね!

> 四糸乃と彼女の別人格であるよしのんの性格を考えて、和睦の使者に破天荒な風。
> ≪氷結傀儡(ザドキエル)≫は防御能力が高いので、リフレクト・バウンダーに劇場版で遊戯が使った『ディメンション』系永続罠(リフレクターを使ったのはアテムですが)、マシュマロンにマシュマカロン、ピンポイント・ガードにカウンター・ゲート。サイレント・ソードマンの代わりに聖堂騎士イシュザーク。
> 3巻から人見知りを克服する為に頑張ったり、士道の為に障壁をドリル攻撃したりと『壁を打ち破る』意思もあるので、魔導戦士 ブレイカー(効果を使った後は、トイ・マジシャンと同じ攻撃力の魔法使い族になりますし)、ランサー・デーモン(遊技は元々デーモンの召喚を持ってて、アニメの戦いの儀でも使ってたので)、シールド・クラッシュ、開闢の使者も入っています。海馬の新たなユニオンABCも入れる予定。
> 人形使いなのでクリアクリボー、メタモル・クレイ・フォートレス、メタル・ホールドにガジェット5種類。遊戯がDDD編で使った鉄球魔人ゴロゴーンの代わりにクリボール。
> 神社でのイベントが目立つのと七罪という精霊の力で成長した姿がナイスバディなので、明日香のサイバー・エンジェルも。儀式コストはサーチ能力がある三色ガジェットや墓地でも融合出来るABCで。
> 劇場版で遊戯が『戦士の献身』という似た様な罠を使ったので奇策も。捨てるモンスターはサーチした三色ガジェットにABCに手札で腐ってるサイバー・エンジェルなイメージで。

遊戯が使うカードやそのイメージをベースに色々なカードが入るんですね~。海馬や明日香、ジャックのカードも入ってたりして、遊戯王的にも多彩で面白そうです!!
【2016/05/25 10:05】 URL | RyO(卯竜) #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://sora0ryu.blog87.fc2.com/tb.php/3004-934724e5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

RyO(卯竜)

Author:RyO(卯竜)
サイト『空を舞う竜のように』の管理人です。アニメ、マンガ、ゲーム、ラノベ、イラスト、カードゲーム、と趣味の幅は広いです。

また、「卯竜」名義でイラストレーターをやっています。イラストのお仕事を募集中です。何かありましたらご気軽にご連絡くださいませ。

現在キリ番企画実施中
7000hitありがとうございます!!キリ番を踏んだ方はよろしければイラストのリクエストをどうぞ!! next→8000hit
pixiv



web拍手

web-拍手2

日記でもサイトでも何かご意見・ご感想がありましたらこちらからもどうぞ。



お知らせなど

コミックマーケット89に参加します

3日目・西つ15b



フリーエリア



ついったー



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



ブログ内検索



月別アーカイブ



カテゴリー



リンク

このブログをリンクに追加する



カレンダー

03 ≪│2017/04│≫ 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



RSSフィード



メール

名前:
メール:
件名:
本文: