空舞う竜の日記
サイト『空を舞う竜のように』の日記コーナーです。主にアニメの感想、たまにCDやマンガ、イラスト投稿などがあります。感想にはネタバレがあるためご注意を。 日記へのコメント&トラックバックはもちろん大歓迎です。ですがサイト内容にそぐわないようなものは問答無用で削除させていただく場合がございます。あらかじめご了承ください
遊戯王ZEXALⅡ第140話感想
 今日はこのまま折りたたみの感想記事を直行でご覧下さい。おはようございます。



 ・遊戯王ZEXALⅡ 第140話”想いはひとつに!創造龍『ヌメロン・ドラゴン』”

 盛りだくさんすぎます!!!!

 No.1000から始まり今週は内容が盛りだくさんすぎてとしても語りきれません(笑)。遊戯王シリーズのラスボス戦はインフレの大盤振る舞いな印象ですが、このデュエルはそれらに負けず劣らずどころか上回るのではないかと思うくらいとんでもない効果の応酬になってましたね。

 ヌメロニアスは攻撃力10000なだけでなくバトル終了時相手モンスター全て破壊+そのターン破壊されたモンスターを自分の場に蘇生+自身が破壊されてもモンスターをリリースして破壊無効というトンデモナイ効果でしたし、その進化系であるCNn.1000ヌメロニアス・ヌメロニアは攻撃力100000というおそらく単体モンスターとしては過去最高の攻撃力を持っている上に相手を強制攻撃させる+相手が攻撃できなければ自動勝利というもはや「なんじゃそりゃ!?」というくらいのトンデモカードでしたしね。クロウがいたら「インチキ効果もいい加減にしろ!」などとツッコミを入れまくっていることでしょう(笑)。No.1000の名に恥じぬまさにラスボスが使うに相応しいカードだと思います。

 一方で遊馬たちの絆によりその効果を露わにしたNo.100ヌメロン・ドラゴンもトンデモナイ効果を持っていましたね。
手札およびフィールドにカードがない時限定とはいえエクストラデッキから無条件で特殊召喚+攻撃してきた相手の攻撃力を0に+破壊されたらフィールドのモンスター全てを破壊+このターン破壊された全ての魔法・罠を元の状態に戻すというこちらもかなりのトンデモさ具合でした。ヌメロニアスと比べると防御的って感じですね。それに、ホープに全ての効果を集約した場面からしておそらくまだ隠された効果があるのでしょうし、こちらもまさにN0.100に相応しい力を持ったカードだと思います。

 これだけでも十二分にお腹いっぱいなのに今週はこれに加えこの切り札以外にもチートクラスのカードの応酬による攻防だったり、ゼアルⅠⅡⅢ全ての形態を見せてくれたり、カイトが魂状態?でも共に戦ってくれたり、ホープとアビス・スプラッシュとヌメロン・ドラゴンという遊馬・シャーク・カイトを象徴するようなカードたちが揃い踏みしたりと盛り上がりどころ満載でした。というか、本当に今週は最初からクライマックスというくらい全瞬間において盛り上がってましたね!!なんかもう、素晴らしいことこの上なかったです。

 次回はいよいよドンとの決着でしょうか?これまでのGXや5D'sではおなじみとなった主人公のエースモンスターの最終進化系……ホープの最終進化系が登場するかどうかが気になるところですね。それに、この物語はドンを倒してハイ終わりとはいかないのでその後どうなっていくのかも非常に楽しみなところです。遊馬の正体やドンが言っていたシャークの転生の秘密などまだ謎も残されていますしね。ZEXALは放送が終わるその瞬間までワクワクさせてくれそうです!!




 それではこれで。
スポンサーサイト

テーマ:アニメ・感想 - ジャンル:アニメ・コミック

この記事に対するコメント

>遊戯王シリーズのラスボス戦はインフレの大盤振る舞いな印象ですが、このデュエルはそれらに負けず劣らずどころか上回るのではないかと思うくらいとんでもない効果の応酬になってましたね。
ダーツにトラゴエディアにと遊戯王のチートボスは好きですが、ドンの場合は度が過ぎているので、ジャイアンに無理やり付き合わされてる感が否めないです……

ダーツ=オレイカルコスの結界の前衛・後衛を活かしたギガース・キュトラーやミラーナイト陣。シュノロスも戦闘の度に攻撃力下がって0になったら破壊されるし、ゲーもデッキの上から十枚墓地に送らないと攻撃出来ないので、打つ手がある分それ程チートには感じなかった。

ZONE=もう一人の遊星説が早くから立ってた美味しいキャラで珍しいバウンス戦術。遊星が仲間達のドラゴンも使う+"出しにくい上級モンスターの時戒神を十体も出せるのか?"というワクワクと、同じくセフィロトをモチーフにした罠カードという楽しさ。

という具合に私的に"楽しめる"と感じられる要素があり、ドン戦もヌメロン・ネットワークが1ターンに1度だけとか遊馬達三勇士再集結とかあるんですが。
前回の次回予告でアストラルが独善云々と言ってた様にドンは態度が横柄なので、魔法カード1枚で攻撃力16000になるモンスターを4体も出したりとか、ヌメロニアスが全体除去+蘇生とかがあまりに一方的な理不尽に感じ、そういうキャラなのだと分かっていても辟易してしまいます。
この後VSナッシュ戦やVSアストラル戦で楽しめないかなーというのが正直な気持ちです。

>クロウがいたら「インチキ効果もいい加減にしろ!」などとツッコミを入れまくっていることでしょう(笑)。
この台詞と搦めて、クロウだったらアーマード・ウィングで攻撃力を0に出来ると言われてましたw その後はナンバーズで攻撃するか効果無効にしないと戦闘破壊出来ないけど。
【2014/02/12 12:07】 URL | 二刀の翼 #WV4V227M [ 編集]

Re: タイトルなし
二刀の翼さん、コメントありがとうございます!!


>ダーツにトラゴエディアにと遊戯王のチートボスは好きですが、ドンの場合は度が過ぎているので、ジャイアンに無理やり付き合わされてる感が否めないです……
>前回の次回予告でアストラルが独善云々と言ってた様にドンは態度が横柄なので、魔法カード1枚で攻撃力16000になるモンスターを4体も出したりとか、ヌメロニアスが全体除去+蘇生とかがあまりに一方的な理不尽に感じ、そういうキャラなのだと分かっていても辟易してしまいます。

たしかにいくらラスボスでも何でもありすぎという感じはありますね(苦笑)。
ただ、それもこれまでにラスボスのハードルを上げ過ぎていたのがあるのであれくらいでないと……というのもある気はします。ドローカード創造や手札書き換えにフィールド?書き換え、さらに限界突破のランク13のエクシーズと普通ならラスボスがやってもおかしくないことがここまでの間に普通に行われてしまっていましたからね。
ドン・サウザンドにかけたNo.1000の存在や単体での攻撃力10000に100000などキャラに合わせた派手さもありますし、個人的にはむしろこの無茶苦茶感を楽しめていたりします。
……もっとも、感覚がマヒしてしまっていると言われたらそんな気がしますが(笑)。


>この後VSナッシュ戦やVSアストラル戦で楽しめないかなーというのが正直な気持ちです

十代VS遊戯然り遊星VSジャック然り、おそらく遊馬VSの形でどちらか(あるいは両方)とのデュエルはありそうですね。
シリーズとして見てもラスボス戦後のデュエルはそういった最終決戦系のチートと呼ばれるようなカードは出てきてなかったと思いますし、純粋な意味での”デュエル”として楽しめそうな気がします。
……VSナッシュだとストーリー的にはかなり関係があるデュエルになりそうですが(苦笑)。


>この台詞と搦めて、クロウだったらアーマード・ウィングで攻撃力を0に出来ると言われてましたw その後はナンバーズで攻撃するか効果無効にしないと戦闘破壊出来ないけど。

クロウはシリーズ随一の「お前が言うな」キャラですからね(笑)。
【2014/02/13 05:54】 URL | RyO #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://sora0ryu.blog87.fc2.com/tb.php/2893-d0a69b1f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

RyO(卯竜)

Author:RyO(卯竜)
サイト『空を舞う竜のように』の管理人です。アニメ、マンガ、ゲーム、ラノベ、イラスト、カードゲーム、と趣味の幅は広いです。

また、「卯竜」名義でイラストレーターをやっています。イラストのお仕事を募集中です。何かありましたらご気軽にご連絡くださいませ。

現在キリ番企画実施中
7000hitありがとうございます!!キリ番を踏んだ方はよろしければイラストのリクエストをどうぞ!! next→8000hit
pixiv



web拍手

web-拍手2

日記でもサイトでも何かご意見・ご感想がありましたらこちらからもどうぞ。



お知らせなど

コミックマーケット89に参加します

3日目・西つ15b



フリーエリア



ついったー



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



ブログ内検索



月別アーカイブ



カテゴリー



リンク

このブログをリンクに追加する



カレンダー

04 ≪│2017/05│≫ 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



RSSフィード



メール

名前:
メール:
件名:
本文: