空舞う竜の日記
サイト『空を舞う竜のように』の日記コーナーです。主にアニメの感想、たまにCDやマンガ、イラスト投稿などがあります。感想にはネタバレがあるためご注意を。 日記へのコメント&トラックバックはもちろん大歓迎です。ですがサイト内容にそぐわないようなものは問答無用で削除させていただく場合がございます。あらかじめご了承ください
遊戯王ZEXALⅡ第126話感想
 小ネタが思いつかないので今日はこのまま感想記事に直行で!!おはようございます。




 ・遊戯王ZEXALⅡ 第126話”さらば友よ・・・ 虚空へ散る想い!!”

 …………もう展開が辛くて仕方がないですね

 死闘の果てにⅣが逝ってしまいましたね…。Ⅳがシャークの意図に気づけたことに絆を感じられましたが、だからこそ別れのシーンは涙腺にきました。物凄く悲しくなってきてしまいますね。シャークも全てが終わったらこれまでの咎を受け入れて死ぬつもりみたいですし、悲しみの終焉へ向かって進んでいるしかないのが辛いですね。

 カイトは一人行動を開始しましたが、どう見てもその身体は限界を迎えていましたね。目のハイライトがないなと思いましたが、本当にまともに視界が見えないほど消耗しているとは……。この身体ではもうまともにデュエルはできないでしょうし、仮に死力を振り絞ったとしても一回が限界でしょうね。それでも、たとえ勝ったとしても力尽きてしまうとしか思えません。…そんなカイトが戦わなければならない相手とはやはりミザエルでしょうね。たしか、ジンロンにも頼まれましたから。

 そんなミザエルと対峙するⅢとⅤ。二人とも死を覚悟してこのデュエルに臨んでますよね…。心にもないことを言ってでも遊馬を進ませたⅢの涙は見ていて辛かったです。そして、それがおそらく別れの言葉になってしまうことも……。時空竜を封じるという二人の策に一縷の希望を見たくなりますが、ミザエルにはまだ超時空竜がいるんですよね。このデュエルは…どうしようもなく厳しいものになるのでしょう。

 そして、予想外のところから私の心をえぐってきたのがキャットちゃんの献身でしたね。まさか自分は引いて小鳥の背中を押すなんて思いませんでした。物凄い良い子、というよりもいい女でしたね。このシーンだけは別のアニメを見ているようでした。小鳥の表情とか完全に恋愛アニメのそれでしたから(笑)。………だからこそ、大切な人のために自らいわゆる”負け組”へと降りていったキャットちゃんの姿には心を揺さぶられるものがありました。ほんと、遊戯王でこんなシーンを見せられるとは思いませんでしたね(苦笑)。



 それではこれで。
スポンサーサイト

テーマ:アニメ・感想 - ジャンル:アニメ・コミック

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://sora0ryu.blog87.fc2.com/tb.php/2789-432b5a4e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

RyO(卯竜)

Author:RyO(卯竜)
サイト『空を舞う竜のように』の管理人です。アニメ、マンガ、ゲーム、ラノベ、イラスト、カードゲーム、と趣味の幅は広いです。

また、「卯竜」名義でイラストレーターをやっています。イラストのお仕事を募集中です。何かありましたらご気軽にご連絡くださいませ。

現在キリ番企画実施中
7000hitありがとうございます!!キリ番を踏んだ方はよろしければイラストのリクエストをどうぞ!! next→8000hit
pixiv



web拍手

web-拍手2

日記でもサイトでも何かご意見・ご感想がありましたらこちらからもどうぞ。



お知らせなど

コミックマーケット89に参加します

3日目・西つ15b



フリーエリア



ついったー



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



ブログ内検索



月別アーカイブ



カテゴリー



リンク

このブログをリンクに追加する



カレンダー

07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



RSSフィード



メール

名前:
メール:
件名:
本文: