空舞う竜の日記
サイト『空を舞う竜のように』の日記コーナーです。主にアニメの感想、たまにCDやマンガ、イラスト投稿などがあります。感想にはネタバレがあるためご注意を。 日記へのコメント&トラックバックはもちろん大歓迎です。ですがサイト内容にそぐわないようなものは問答無用で削除させていただく場合がございます。あらかじめご了承ください
戦姫絶唱シンフォギアG第13話感想
 これで今期夏アニメの感想記事は終了ですね。おはようございます。


 本数を絞っていたこともあってかあっという間だった気がします。今期も面白くて楽しい作品たちと出会うことができました。来期秋アニメもさらに素晴らしい作品たちと出会えると良いな~と思います。



 ・戦姫絶唱シンフォギアG 最終話”遥か彼方、星が音楽となった…かの日”

 シンフォギアらしすぎる最終回!!!

 シンフォギアを構成するあらゆる要素を最高潮に盛り上げて足りなかった描写まで根こそぎさらっていった結果生まれたのがこの超次元な勢いで熱血した最終回でしたね!!もう細かい理屈が全て消し飛ぶほどの爆発力でした。飾った言葉はいらないですね。必要な言葉はただ一つ。もう純粋に面白かった!!

 もう最終回はその一言で表せますが、ここからは特に気に入ったシーンなどでも少し。まずはやはり立ちあがったマリアですね~。自分の無力さに打ちひしがれ何もかもを失くしたと思ったその時に聞こえてきたセレナの問い。そして改めて気づく自分の胸にある「自分がしたいこと」。「歌で世界を救いたい」本当の自分が示すその優しい願いが人々の心を動かし、月の落下を止める力になったわけです。そして、セレナのギアを纏い戦場へと立った彼女の姿はまさに主人公と言わんばかりに輝いていました。

 次はやはりXDモードの6人の装者ですね。やはりこうして覚醒状態みたいな姿になるとテンションあがりますよね~。しかもそれが6人分で、おまけに武装自体も目に見えて派手になっているわけですから。6人の合唱絶唱と併せてもうこの時点でテンションは最高潮のイケイケモードで見ながら一人熱血してました。まあそんなハイになっていても流石にシュルシャガナロボには笑わずにはいられませんでしたけどね(笑)。

 笑いと言えば、最終回でもシリアスな笑いが容赦なかったですね~。まず最初のナスターシャ教授の時点できてましたからね。いえ、生存されていたことは素直に嬉しかったのですが、その方法が車椅子が変形してアーマーになっているという予想の斜め上すぎる状態だったのが笑わずにはいられませんでしたね。あの車椅子は多機能だな~とは思っていましたが、まさかあれほどとは……って感じで(笑)。まさに隠し玉って感じでしたね。
 あとは最終回で大活躍をしたOTONAのお二人ですね。もはや司令が地面を割ったり岩石を拳一つで割ったりするくらいでは動じなくなっている自分が怖いです(笑)。緒川さんもまさかのカットイン付きで忍法影縫い(しかも銃弾を跳弾でなくコントロールして)までしたのにはもはや笑うしかなかったですね(笑)。第一期の司令の戦いを見てからOTONAの活躍をずっと楽しみにしていましたが、もう大満足でした♪

 他に感動とシリアスな笑いが完全に両立していたのといえば最後に世界を救った未来さんですね。ギアとかではなく、彼女自身の力で戦い掴んだ勝利。直前の信頼しきった響の言葉と共に凄く心を振わされました。部分的に切り取って考えればこの作品って”響と未来の物語”にもなるんですよね。その一つの形が見れたようでとてもうれしかったです。
 ……と、同時に綺麗すぎるフォームで走り寄って来てソロモンの杖を遠投一発で投げ入れた姿にはどうしても笑いがこみあげずにはいられませんでした(笑)。あまりにもの勢いと熱血でハイテンションになっていて心が感動するのを抑えきれないとはいえ、やはり何かがおかしいビジュアルイメージだけは止められませんからね(笑)。この時はもう心で感動して顔は笑ってるって感じでした(笑)。

 そういえば、ウェル博士ですが、あの結末は個人的に納得のいく形でした。人を救う英雄にも、世界を壊す悪魔にもなれず、ただの人間として裁かれるという結末は彼の末路として相応しいものだったと思います。この決着のつけ方もこの作品の”らしさ”なんでしょうね~。

 そして、これまでちょくちょく出てきた遊戯王要素までも最終回に出てくるとは思いませんでしたね~。ネフィリム最終形態はどう見てもブラック・ストームさんでした(笑)。おまけに響たちの最終合体技である【Vitalization】は見方によってはスクラップ・フィストでしたしね。なんかもう、本当に満遍なく拾ってくるな~って感じでした(笑)。

 あと、おまけとして終了直後の円盤のCMが反則でした。いや、あのセレナとマリアのCMはダメですよ(笑)。最後の最後で笑わせにくるスタッフは流石だなと思いました。

 この最終回でソロモンの杖とバビロニアの宝物庫と月の軌道とフィーネに関しては全て決着がついてしまいましたね。ぜひとも三期が見たいですが、ここまで来ると描くエピソードに当たる部分は何があるのでしょうか?まああまり用語に詳しくないので私が忘れているところにありそうですけどね(笑)。二期は一期の数カ月後でしたし、ここは一気に数年後の物語になると面白そうな気がします。一期も二期も聖遺物を絡めたバトルが中心でしたが、そこを”これからの自分”という人間ドラマに焦点を当てて描くというのもアリだと思いますね。シンフォギアの総まとめみたいな感じで。

 それでは最後に挨拶を。スタッフや関係者の方々お疲れさまでした。そして、ありがとうございました!!第一期も面白かったシンフォギアですが、二期もそれに負けるどころか色々とパワーアップしていて最高に面白かったです。これほどの作品に出会えたこと感謝しています。あるかどうかはわかりませんが、もし三期が決まったら絶対に見ますので、ぜひともよろしくお願いしたいと思います(笑)。


 それではこれで。
スポンサーサイト

テーマ:戦姫絶唱シンフォギアG - ジャンル:アニメ・コミック

この記事に対するコメント
良い最終回でした!!
>XDモードの6人
リミットオーバーアクセルシンクロォォォォーーーー!!

>司令が地面を割ったり岩石を拳一つで割ったり
そりゃ響さんもあれだけ強くなるよ。
戦闘じゃ殆ど負け無しだったからな……

>ウェル博士ですが、あの結末は個人的に納得のいく形でした。
>人を救う英雄にも、世界を壊す悪魔にもなれず、ただの人間として裁かれるという結末は
>彼の末路として相応しいものだったと思います。
禿同。

>車椅子が変形してアーマー
オービタル「アノ車椅子ハオイラノ仲間ダッタデアリマスカ!」

>ソロモンの杖で地上への扉を開くマリア
マリア「セレナァァァァーーーー!!」
カイト「ハルトォォォォーーーー!!」

>ソロモンの杖を遠投一発
未来「逆巻く銀河よ、今こそ怒涛の光となりて、その姿を現すがいい!」
【2013/09/30 21:55】 URL | 二刀の翼 #WV4V227M [ 編集]

Re: 良い最終回でした!!
> >XDモードの6人
> リミットオーバーアクセルシンクロォォォォーーーー!!

考えてみたらラストの【Vitalization】はまさにそんなノリじゃないですか!!(笑)


> >司令が地面を割ったり岩石を拳一つで割ったり
> そりゃ響さんもあれだけ強くなるよ。
> 戦闘じゃ殆ど負け無しだったからな……

師匠が強いと弟子も強くなる、って感じですよね。
そういえば、翼の影縫いも元々は緒川さんから学んだそうなので9話?の切歌戦で見せた縮地などにも納得です。


> >車椅子が変形してアーマー
> オービタル「アノ車椅子ハオイラノ仲間ダッタデアリマスカ!」

言われてみれば確かに似てる!!


> >ソロモンの杖で地上への扉を開くマリア
> マリア「セレナァァァァーーーー!!」
> カイト「ハルトォォォォーーーー!!」

翼「かなでぇぇぇぇーーーーー!!」…………も加われば完璧でした(笑)。まあ12話で出てきてますけどね(笑)。


> >ソロモンの杖を遠投一発
> 未来「逆巻く銀河よ、今こそ怒涛の光となりて、その姿を現すがいい!」

「なんか既視感があるな~」と思っていましたがそれでした!!
【2013/10/02 04:55】 URL | RyO #- [ 編集]


>おまけに響たちの最終合体技である【Vitalization】は見方によってはスクラップ・フィストでしたしね。
響「6人皆で、ダブル・スクラップ・フィストォォォォーーッッ!!」
今回はその先として、これをも上回るインパクトを誇る投擲が用意されていたのだった……

>もはや司令が地面を割ったり岩石を拳一つで割ったりするくらいでは動じなくなっている自分が怖いです(笑)。
その内響が生身でOTONAと同じ事が出来そうで怖い。
その上でシンフォギアを纏ったら……
【2013/10/09 22:12】 URL | 二刀の翼 #WV4V227M [ 編集]

Re: タイトルなし
> >おまけに響たちの最終合体技である【Vitalization】は見方によってはスクラップ・フィストでしたしね。
> 響「6人皆で、ダブル・スクラップ・フィストォォォォーーッッ!!」
> 今回はその先として、これをも上回るインパクトを誇る投擲が用意されていたのだった……

そして超銀河眼召喚に繋がるのでした。


> >もはや司令が地面を割ったり岩石を拳一つで割ったりするくらいでは動じなくなっている自分が怖いです(笑)。
> その内響が生身でOTONAと同じ事が出来そうで怖い。
> その上でシンフォギアを纏ったら……

弟子は師を超えていくもの……その展開は十分にありそうですね。もしそうなったら間違いなく地上最強の存在です(笑)。
【2013/10/10 15:56】 URL | RyO #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://sora0ryu.blog87.fc2.com/tb.php/2768-02897b03
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

RyO(卯竜)

Author:RyO(卯竜)
サイト『空を舞う竜のように』の管理人です。アニメ、マンガ、ゲーム、ラノベ、イラスト、カードゲーム、と趣味の幅は広いです。

また、「卯竜」名義でイラストレーターをやっています。イラストのお仕事を募集中です。何かありましたらご気軽にご連絡くださいませ。

現在キリ番企画実施中
7000hitありがとうございます!!キリ番を踏んだ方はよろしければイラストのリクエストをどうぞ!! next→8000hit
pixiv



web拍手

web-拍手2

日記でもサイトでも何かご意見・ご感想がありましたらこちらからもどうぞ。



お知らせなど

コミックマーケット89に参加します

3日目・西つ15b



フリーエリア



ついったー



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



ブログ内検索



月別アーカイブ



カテゴリー



リンク

このブログをリンクに追加する



カレンダー

09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



RSSフィード



メール

名前:
メール:
件名:
本文: