空舞う竜の日記
サイト『空を舞う竜のように』の日記コーナーです。主にアニメの感想、たまにCDやマンガ、イラスト投稿などがあります。感想にはネタバレがあるためご注意を。 日記へのコメント&トラックバックはもちろん大歓迎です。ですがサイト内容にそぐわないようなものは問答無用で削除させていただく場合がございます。あらかじめご了承ください
遊戯王ZEXALⅡ第122話感想
 そういえば、最近SSにハマっています。おはようございます。


 ジャンル的にはほぼアイマスやモバマスですね。今年に入ってから携帯をスマホにしたのですが、最近になってようやくインターネットを使うようになりました(笑)。これまではアプリ系で使ってたのですが、やはり基本お金を使わないようにしていると出来ることが少ないんですよね~。そんな中新たなスマホの使い方として見つけたのがSSを読むということでした。基本的にスマホは移動中やちょっとした合間の時間などに使うのですが、SSを読むようになってからそれを友好的に使えるようになりました。元々文章を読むことは好きなので楽しいですね~(笑)。文章を読むことでイメージ力も(たぶん)あがりますし、他の時間を浸食しない程度に楽しんでいこうと思います。


 ・遊戯王ZEXALⅡ 第122話”世界陥落の前兆!!Mr.ハートランドの大反乱”

 遊馬帰ってきた――――!!!

 今の遊馬はもう紛れもなく主人公でありヒーローですよね!!遊馬が来てくれた時の胸に湧き上がる安心感は遊馬が成長したことによるものだと思うと感慨深いものがあります。しかも、カイトの危機に現れデュエルを引き継ぐというこの展開は、最初のミザエル戦でカイトが駆け付けてくれた時の恩返しみたいな感じで凄く熱いです。この展開は本当に燃えますね~。

 その一方で、バリアン世界ではとうとうバリアン七皇が揃いましたね。……つまり、シャークと璃緒がナッシュとメラグとして完全覚醒したと。すでにバリアン体になっていましたが、それを見た時「ああ、シャークは完全に敵側になってしまったんだ…」と思い悲しくなってきてしまいましたね。今までシャークは何度も闇堕ちみたいなことをしてきましたが今回ばかりは洒落にならない規模になっていますし、これまでのように遊馬のかっとビングで解決するか微妙に思えてきてしまいます。実際にバリアンとして何かしら手を下してしまえばもう後戻りはできませんしね……。はたして、シャークと璃緒の運命はどうなってしまうのでしょうか?

 そういえば、アニメでは物凄く久しぶりに儀式召喚がされましたね。ⅢとⅣが丁寧に解説していた時は思わず笑ってしまいました(笑)。しかも銀河眼サポート専用の儀式召喚ということで青眼をイメージしたカードになっていたことも感慨深いものがあります。OCG化された時には私のドラゴンデッキに加えてみたいな~と思ったり。




 それではこれで。
スポンサーサイト

テーマ:アニメ - ジャンル:アニメ・コミック

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://sora0ryu.blog87.fc2.com/tb.php/2766-819cadb1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

RyO(卯竜)

Author:RyO(卯竜)
サイト『空を舞う竜のように』の管理人です。アニメ、マンガ、ゲーム、ラノベ、イラスト、カードゲーム、と趣味の幅は広いです。

また、「卯竜」名義でイラストレーターをやっています。イラストのお仕事を募集中です。何かありましたらご気軽にご連絡くださいませ。

現在キリ番企画実施中
7000hitありがとうございます!!キリ番を踏んだ方はよろしければイラストのリクエストをどうぞ!! next→8000hit
pixiv



web拍手

web-拍手2

日記でもサイトでも何かご意見・ご感想がありましたらこちらからもどうぞ。



お知らせなど

コミックマーケット89に参加します

3日目・西つ15b



フリーエリア



ついったー



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



ブログ内検索



月別アーカイブ



カテゴリー



リンク

このブログをリンクに追加する



カレンダー

07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



RSSフィード



メール

名前:
メール:
件名:
本文: