空舞う竜の日記
サイト『空を舞う竜のように』の日記コーナーです。主にアニメの感想、たまにCDやマンガ、イラスト投稿などがあります。感想にはネタバレがあるためご注意を。 日記へのコメント&トラックバックはもちろん大歓迎です。ですがサイト内容にそぐわないようなものは問答無用で削除させていただく場合がございます。あらかじめご了承ください
デート・ア・ライブ第12話感想
 無事最終回の視聴と感想を書くことができました。おはようございます。


 実は感想書くのが遅れだしたころから密かに不安でした(笑)。過去には遅れだしたことから結局感想記事が途中でストップしてしまった作品もありましたからね。『デート・ア・ライブ』は無事書ききることができてよかったです。……春アニメはあと『はたらく魔王さま!』ですね。あちらはデートと比べて1話分多いんですよね~。例え遅れようとも書き上げるよう頑張りたいと思います。



 ・デート・ア・ライブ 最終話”譲れないもの”

 第二期キタ―――――!!


 ……って、放送最終回迎えてから結構経っているので流石にその話題は私の耳にも入っていましたけどね(笑)。ともあれ第二期が決まったというのは嬉しいかぎりです。いただいたコメントから「ここからが物語的にもシリアスになっていく」と聞きましたし、どんどん面白くなっていくところなんだろうなって思います。新たな精霊の姿も垣間見れましたし、楽しみですね~♪…………そして、ブラック十香っぽい姿に不安増大(笑)。

 琴里編だったということもあって琴里の可愛さがメガMAXでしたね~。最終回ゆえの作画力の高さもあってどのシーンもとても可愛く描かれていたと思います。遊園地中のデフォルメさとか遊園地終わりにキスされるかとモジモジしているところや、大ピンチなのに士道からの告白受けてドキドキしまくりなところとか、仕草も実に良かったですね。物語的にも重要なポイントになっていることもあって、全体的に優遇されていた感がありました。…………しかし、やっぱり琴里の好感度は始めから最高値だったんですね~(笑)。最初の時点でキスすれば封印できたのに、士道とのデートがしたいから苦しみにも耐えて頑張ったとは実に女の子で可愛いと思いました。今回の騒ぎは結果論ですしね。仮にデートしなくても折紙はいずれ襲撃してきたでしょうし、琴里が奇襲に対応できる状態だったということを考えるとむしろよかったのかもしれません。

 そんな折紙ですが、周囲の被害すら頭から外れるほどの憎しみがあったわけですね……。士道や十香の言葉は頭では分かっていても心が認められないという状態だったのでしょう。「両親を殺した精霊は別にいる」と聞かされても戸惑いは当然でしょうし。その後は結局彼女へのフォロー描写はないままでしたが、消耗と拘束で動けない状態の今なら少しは冷静になって色々と考えられるでしょうし、第二期開始時にはすぐには納得できなくとも一時休戦みたいな形になってくれると嬉しいと思います。

 ……しかし、謎の精霊は本当に謎ですね~(苦笑)。思い出した時の士道の口ぶりからすると人間だった琴里を精霊にしたのがその精霊の仕業ということでしょうか?さらに士道と琴里の記憶を消したのもその精霊みたいですし、十香たちとは別格の精霊みたいですね。それどころか精霊の根源に関わってくるレベルのような気がします。このあたりも第二期で語られるのでしょうか?

 描写数そのものはメインエピソードだった琴里には及ばなかったものの、十香も四糸乃も良いところを持っていきましたね。限定解除程度の力では命の危険もあったろうにそれでも士道たちの元へと駆け付けた彼女たちには胸が熱くなるものがありました。十香の折紙への言葉も実際に目の前で大切な士道が撃たれた彼女だからこその言葉ですしね。……まあラストのキスのおねだりはメインヒロインならではの役得でしょうか(笑)。って、そこも前回の水着エピソード同様に四糸乃がもっていきましたけどね(笑)。この二人は見ているとほんわりとしてきますね~♪予告映像で嫌なフラグは立っていますが、第二期でもこの二人にはこんな感じのよい子でいてもらいたいです。

 そんなこんなで『デート・ア・ライブ』も最終回ですね。原作未読者でも端折ってるな~って感じでしまう部分もありましたが、全体的にとても楽しませていただきました。特に後半に進むに連れて加速度的に面白くなっていった印象ですね。狂三編からシリアス要素も強くなって物語もグッと締まっていきましたし、面白さの上昇具合は正直予想外なレベルでした。こうなるとここから物語はさらに面白くなってくるのでしょうし、第二期にも大いに期待したいと思います。スタッフや関係者の方々お疲れさまでした!!



 それではこれで。
スポンサーサイト

テーマ:見たアニメの感想 - ジャンル:アニメ・コミック

この記事に対するコメント
デアラ、原作4巻までのアニメ1期終了
>琴里編だったということもあって琴里の可愛さがメガMAXでしたね~。
十香に次ぐ人気投票二位は、伊達では無いのです。

>新型顕現装置(リアライザ)<ホワイト・リコリス>
扱う側の(脳への)負担を無視してスペックを追求した機体……ミーティアというか、トールギス?

>折紙「お前は私が倒す……今日! ここで!!」
折紙のヒロイン力がシンの如く枯渇していく……この、バカ野郎ーーッ!!
"もう誰にも自分と同じ思いをさせない"と口にしたのに、恋人の大切な家族をとか……十香が言う通り、これじゃあ自分の家族の仇と何も変わらないよ。

原作読者(アニメ視聴者)に嫌われがちの復讐者で変態なネタキャラとロクな属性を持たない(失礼)な折紙さんですが、外伝漫画『デート・ア・ストライク』の方では割とヒロインしています。
『ストライク』は原作だと5巻から出る新キャラ(女子)とのW主人公との事ですが、私的にはその新キャラが主人公で折紙さんがヒロインに見えます。

>十香と四糸乃・よしのんのやり取り
>十香の折紙への言葉
どちらも、原作には無かった良いシーンだと思います。
十香と折紙のやり取りは面白いのが多いけど、こういう両者の絆が増すイベントも増えて欲しいな。折角のライバル同士だから。
まあ、仲が深まったとしても表面的には相変わらず喧嘩してばっかりだと思うけどね……折紙は人間だろうが精霊だろうが恋敵には敵愾心バリバリだから(汗)

>追記
短編集『アンコール』には、狂三がヒロイン力をブーストさせる短編が収録されています。
時系列的にアニメ組の方でも大丈夫なので、4巻ラストの<ファントム>(士道が言う"もう一人の精霊"の便宜名)との会話シーンも合わせて是非。
尺の都合上仕方ないとはいえ、狂三というキャラにとって重要なシーンが丸ごとカットされるとは……orz

オリジナル話を止めて6話分の尺を使えば……と言いたい所ですけど、

1:琴里の指令代理で揉める<フラクシナス>メンバー
2:琴里の似合うまんじゅう屋変装
3:四糸乃の可愛い泣き顔
4:また見れた十香のドレス姿
5:効能が凄い(上司のプレッシャーにふと過ぎる寂しさ)ED温泉

など、色々面白いシーンが多かったから一概に否定出来ないんですよね。
【2013/07/07 10:50】 URL | 二刀の翼 #WV4V227M [ 編集]

Re: デアラ、原作4巻までのアニメ1期終了
二刀の翼さん、コメントありがとうございます!!


>十香に次ぐ人気投票二位は、伊達では無いのです。
そういえば人気投票がありましたね。第二期(5巻以降?)の精霊がいるので投票時期はわかりませんが、アニメ組としては結構妥当な順位になっていると思います。琴里編での琴里のブーストは凄かったですしね~。もっとも、この作品はどのキャラも魅力的だと思いますが(笑)。

>ミーティアというか、トールギス?
形状的にはミーティアでしょうか?オーキスでもいいかも?

>折紙のヒロイン力がシンの如く枯渇していく……この、バカ野郎ーーッ!!
復讐に走った人間の運命だとでもいうのでしょうか...?種運と違ってこれで終わりではないですし、ヒロイン力を取り戻してくれることに期待です。

>外伝漫画『デート・ア・ストライク』の方では割とヒロインしています。
でしたら、第二期ではその外伝要素を取り入れてヒロイン力をブーストして第一期ラストの印象を払しょくしてくれることに期待ですね!!

>どちらも、原作には無かった良いシーンだと思います。
>十香と折紙のやり取りは面白いのが多いけど、こういう両者の絆が増すイベントも増えて欲しいな。
あれってアニメオリジナルだったんですか?凄く良いやり取りだったと思いますし、アニメは原作の補完が上手みたいですね。この調子で第二期も制作していってほしいと思います。

>尺の都合上仕方ないとはいえ、狂三というキャラにとって重要なシーンが丸ごとカットされるとは……orz
その一方で原作からカットされているところも多いみたいですね(苦笑)。ただ、アニメ組としては省略感はあっても特に話として違和感はなかったのでそのあたりは上手くまとめてあるんだなと思いました。

>オリジナル話を止めて6話分の尺を使えば……と言いたい所ですけど、
>色々面白いシーンが多かったから一概に否定出来ないんですよね。
6話は面白かったですね~。たぶん原作ファンとしては賛否両論なエピソードだったのでしょうけど、二刀の翼さんがおっしゃるように”賛”の意見もあるのならオリジナル話としては成功の内にはいるんだと思います。原作つきアニメでオリジナル話って否定的な意見の方が多いですから(苦笑)。


二刀の翼さんのコメントを読んで、ますます第二期が楽しみになってきました。その前に原作にも手を出したいな~とも思えてきましたし(笑)。
【2013/07/08 06:10】 URL | RyO #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://sora0ryu.blog87.fc2.com/tb.php/2694-3d535644
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

◎デート・ア・ライブ第十二話譲れないもの

s)うわあああ!![>大丈夫でしょうかね[余計な気をまわしすぎたかもしれないΘオバケ屋敷コトリ、手_子ども扱いしないでくれる。もしかして怖いのそうだよ、手つないでくれよ_わかった... ぺろぺろキャンディー【2014/04/12 18:25】

プロフィール

RyO(卯竜)

Author:RyO(卯竜)
サイト『空を舞う竜のように』の管理人です。アニメ、マンガ、ゲーム、ラノベ、イラスト、カードゲーム、と趣味の幅は広いです。

また、「卯竜」名義でイラストレーターをやっています。イラストのお仕事を募集中です。何かありましたらご気軽にご連絡くださいませ。

現在キリ番企画実施中
7000hitありがとうございます!!キリ番を踏んだ方はよろしければイラストのリクエストをどうぞ!! next→8000hit
pixiv



web拍手

web-拍手2

日記でもサイトでも何かご意見・ご感想がありましたらこちらからもどうぞ。



お知らせなど

コミックマーケット89に参加します

3日目・西つ15b



フリーエリア



ついったー



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



ブログ内検索



月別アーカイブ



カテゴリー



リンク

このブログをリンクに追加する



カレンダー

07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



RSSフィード



メール

名前:
メール:
件名:
本文: