空舞う竜の日記
サイト『空を舞う竜のように』の日記コーナーです。主にアニメの感想、たまにCDやマンガ、イラスト投稿などがあります。感想にはネタバレがあるためご注意を。 日記へのコメント&トラックバックはもちろん大歓迎です。ですがサイト内容にそぐわないようなものは問答無用で削除させていただく場合がございます。あらかじめご了承ください
僕は友達が少ないNEXT第5話感想
 今日はちょっとイラストラフをアップしてみます。おはようございます。

 こんなのをば。

コミケ84サークルカットラフ

 ちなみに次回コミケのサークルカットのラフです。今回受かったら百合イラスト本でも描こうかなって思ったので、『神無月の巫女』のお二人をサークルカットにしてみようかなと。まだ一画面に二人以上を入れるのは不慣れですが、それでも昔に比べたらマシにはなったかなって思います。今はちょっと忙しいタイミングですが、上手くいけばコミケ時の私の顔になるわけですし出来るだけ綺麗に仕上げて申し込みたいと思います。


 ・僕は友達が少ないNEXT 第5話”そんな遊びはいけません! ~君が居ると世界観が乱れる~”


 ……いよいよ修羅場突入?

 夜空と小鷹が10年前友達同士だった(小鷹は忘れてましたが)というのがみんなにバレましたね~。それを聞いた時の理科の声のトーンが低くなってたのが結構ガチで怖かったです(苦笑)。たぶん友達同士だったという関係性それ自体はそれほど気にしないでしょうけど、”小鷹と夜空が幼馴染だった”という事実が彼女たちにとって重要になるかなと思います。想い人と恋敵が幼馴染だったというのは結構強い関係になりますからね。ここからシリアスに入っていくのか、気にしつつもコメディ展開に持っていくのかで今後の方向性が大きく変わっていきそうでなので楽しみです。

 二期に入ってから夜空が本当に可愛いですね~。幸村に執事服を着せたらまた裏目に出たりとか、ゲームに感情移入し過ぎて泣いちゃったりとか。あとは小鷹に髪のことで再び「可愛い」と言われてまた照れたりとかも。何か二期に入ってから可愛い方向で表情が豊かな気がします。……個人的には夜空は十分ヒロイン的にも可愛いと思うのですが、世間的にはそれほど人気がないみたいなんですよね~…。

 あと、二期に入ってから存在感が爆発しているのが理科ですね。毎回髪型を変えていますし、しかもそれがほとんど可愛い(金髪ツインテールは個人的にNG)というのが凄いです。変態性は健在ですが、その分表情も豊かで見ていて楽しいですしね。他の点としては小鷹の反応を他のヒロインたち以上に気にしている感がありますし、二期は理科メイン押しなのかな?って思います。……代わりに小鳩の出番が少ないような…。まあマリアのように学園のシスターというわけでもない普通の中学生なので仕方がないですかね~(苦笑)。



 それではこれで。
スポンサーサイト

テーマ:僕は友達が少ない - ジャンル:アニメ・コミック

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://sora0ryu.blog87.fc2.com/tb.php/2573-d522dd0f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

RyO(卯竜)

Author:RyO(卯竜)
サイト『空を舞う竜のように』の管理人です。アニメ、マンガ、ゲーム、ラノベ、イラスト、カードゲーム、と趣味の幅は広いです。

また、「卯竜」名義でイラストレーターをやっています。イラストのお仕事を募集中です。何かありましたらご気軽にご連絡くださいませ。

現在キリ番企画実施中
7000hitありがとうございます!!キリ番を踏んだ方はよろしければイラストのリクエストをどうぞ!! next→8000hit
pixiv



web拍手

web-拍手2

日記でもサイトでも何かご意見・ご感想がありましたらこちらからもどうぞ。



お知らせなど

コミックマーケット89に参加します

3日目・西つ15b



フリーエリア



ついったー



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



ブログ内検索



月別アーカイブ



カテゴリー



リンク

このブログをリンクに追加する



カレンダー

09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



RSSフィード



メール

名前:
メール:
件名:
本文: