空舞う竜の日記
サイト『空を舞う竜のように』の日記コーナーです。主にアニメの感想、たまにCDやマンガ、イラスト投稿などがあります。感想にはネタバレがあるためご注意を。 日記へのコメント&トラックバックはもちろん大歓迎です。ですがサイト内容にそぐわないようなものは問答無用で削除させていただく場合がございます。あらかじめご了承ください
さくら荘のペットな彼女第15話感想
 こんな時間ですが更新です。おはようございます。

 何とか更新できました(苦笑)。もう完全に次の日ですね~。まあでもとりあえず更新できたので「良かった良かった」ということで(笑)。



 ・さくら荘のペットな彼女 第15話”いつもの自分はどこにいる?”

 空太がツッコミ属性である理由が実家に!?

 いや、今回の注目点そこじゃないから!!(←セルフツッコミ)。……コホン、いやでも空太の家族はみんな賑やかで愉快で楽しくていいですね~。親父殿が予想外に良いキャラしてました(笑)。おまけにかなりガタイがいいのが妙に笑えますし。お母様も親父殿も良い母親良い父親ではあるんだけど変わってるんですよね~。さらに妹もブラコンハイテンションで凄いですし、こんな家で暮らしてたらそりゃあツッコミも鍛えられるってものです。もっとも、すっごく楽しそうですけどね(笑)。

 仁とのことで落ち込みっぱなしの美咲でしたが、ましろの言葉から”いつもの自分”を取り戻して完全に復活しましたね。あとはまあ、仁の頑張り次第でしょう。こうして美咲が”いつもの美咲”で待っていてくれるのですから、絶対に大学合格して脚本家として美咲の隣に立てるようにならないとですね。…この二人に関してはあとは結果を待つだけですね。

 ましろと空太の関係は一見元通りに見えてやはりちょっと歪ですよね…。これに関しては空太がましろの本当の気持ちに気づけるか(気づいているなら受け止め答えを出せるか)次第ですし、結構時間がかかりそうです。ましろ側としては”わからないこと”にヒントをくれる良い人生の先輩がいてくれると良いんですけどね。ましろのことを理解しつつ空太への想いを理解した上で的確なアドバイスを与えることができる人物……難しいですね~(苦笑)。

 その一方でどんどん攻勢に出ている七海。半ばお母様公認って感じの立場を手に入れてましたね(笑)。空太とは”努力する者同士(※天才が努力していないわけではなく)”ということでお互いの気持ちも分かりますし、思った以上にグイグイきている感じです。距離の詰め方としては現時点の関係だともう十分な感じですし、あとはいろんな意味で人生を賭けた大勝負であるオーディションの結果次第ですね……。もしこれで七海が空太に気持ちを伝えたら、本当に大きな変化の渦が起きるかと思います。……正直なところ一発逆転すらあり得るかもしれないとさえ思っていますし。



 それではこれで。
スポンサーサイト

テーマ:さくら荘のペットな彼女 - ジャンル:アニメ・コミック

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://sora0ryu.blog87.fc2.com/tb.php/2557-fee3a729
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

RyO(卯竜)

Author:RyO(卯竜)
サイト『空を舞う竜のように』の管理人です。アニメ、マンガ、ゲーム、ラノベ、イラスト、カードゲーム、と趣味の幅は広いです。

また、「卯竜」名義でイラストレーターをやっています。イラストのお仕事を募集中です。何かありましたらご気軽にご連絡くださいませ。

現在キリ番企画実施中
7000hitありがとうございます!!キリ番を踏んだ方はよろしければイラストのリクエストをどうぞ!! next→8000hit
pixiv



web拍手

web-拍手2

日記でもサイトでも何かご意見・ご感想がありましたらこちらからもどうぞ。



お知らせなど

コミックマーケット89に参加します

3日目・西つ15b



フリーエリア



ついったー



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



ブログ内検索



月別アーカイブ



カテゴリー



リンク

このブログをリンクに追加する



カレンダー

09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



RSSフィード



メール

名前:
メール:
件名:
本文: