FC2ブログ
空舞う竜の日記
サイト『空を舞う竜のように』の日記コーナーです。主にアニメの感想、たまにCDやマンガ、イラスト投稿などがあります。感想にはネタバレがあるためご注意を。 日記へのコメント&トラックバックはもちろん大歓迎です。ですがサイト内容にそぐわないようなものは問答無用で削除させていただく場合がございます。あらかじめご了承ください
さくら荘のペットな彼女第6話感想
 今回もサクサクっと感想に。おはようございます。

 最近このスペースの活用率が低いような……?まあ何か書いている時も有効利用しているかどうかは定かではありませんけどね(笑)。


 ・さくら荘のペットな彼女 第6話”雨上がりの青”

 少しずつ変化していくみんな

 成功も失敗も正しいも間違っているも、色々なことを糧に人は変わり成長させていくんだな~と感じた今回でした。七海があの状態でオーディション行ったことはおそらく世間的に見たら間違っているのでしょう。養成所仲間の言葉は辛辣ながらもきちんと受け止めなければならないものでした。…ですが、あそこで行かなければ七海はたぶんずっと後悔したでしょうし、それが元でもっと自分を追い詰めていたかもしれません。今回の失敗が七海を少し成長させたのではないかなと思います。七海のことですからちゃんと後日養成所仲間の子たちに頭を下げに行ったことでしょう。その時の七海はたぶんちょっとだけそれまでの七海と違うんじゃないかなって思います。もちろん劇的な変化なんてないでしょうけど、ね。……”変わっていく”ということはきっとこういうことなのでしょうね。失敗や世間の目を気にして立ち止まってしまうのではなく、自分の思いのままにがむしゃらにでも動きだせる。それが若さであり”変われる人”なのかなと思うと、ちょっと悔しいですね(苦笑)。……私も、変わりたいですね。

 年少組はそんな感じで、次は年長組の美咲と仁の番でしょうか?この二人の場合は関係性にまで大きく影響を与えるものですから成功失敗とはまた違う問題がありますし、その上実質両想いでありながら複雑な想いが絡んでいるので一筋縄ではいかないかと思います。次回はまだこの問題には触れなさそうですが、どうなってしまうのかドキドキしてきますね。



 それではこれで。
スポンサーサイト



テーマ:さくら荘のペットな彼女 - ジャンル:アニメ・コミック

この記事に対するコメント

>自分なら行くから、七海を養成所へ行かせて欲しいと頼むましろ
この自分がやりたい事にとことん打ち込む真剣さ・真っ直ぐさは、ましろの魅力ですよね。

普段の生活は破綻してますけど、空太の方がましろの相手どころか主人公として未熟に見えるんですよね。
3話じゃ仁に説教喰らったり(八つ当たりも含まれてたが)ましろに踏み出せないのをフォローして貰ったり、ましろに意思の違いを見せつけられたり、"自分の居場所は自分で決める"と言いながらさくら荘を出ていく事を告げられ『結局何も分かってねーじゃん!』感が漂ったりで、"物語の主導権を握れてない、頼りない"というイメージが強いんですよね。
やりたい事は漫画とゲームでそれぞれ違うけど、ようやくスタートラインに立ったばかりと言うか。

アニメ組で原作読んでないからかもしれませんが、AWは原作に手を出す前に4話まで見ても、そんな風に感じなかったし……
今考えてみると凄かったのかな、と思います。自分を信じられなくてチユに劣等感ぶちまけたり黒雪姫を傷つけてしまったりとか、ニコ編で人の目を気にして勝率が低下したりとか弱さが出てても、ハルはちゃんと物語の主導権を握ってた主人公でしたから。
【2012/11/18 20:16】 URL | 二刀の翼 #WV4V227M [ 編集]

Re: タイトルなし
二刀の翼さん、コメントをありがとうございます!!

>ハルはちゃんと物語の主導権を握ってた主人公でしたから。
ハルと空太の違いは色々とありますが、物語の出発時点で考えた時の一番の違いは”自分に自信があるものを持っているか否か”ではないかなと思います。ハルはいじめにもあっていましたし自分自身への劣等感も凄いものでした。ですが、唯一の取り柄と思えるほどゲームに関しては自信をもっていましたし、ネット(この表現でいいでしょうか?)に関しての知識も並み以上にありました。
対して空太はいじめを受けているわけでもないですし、傍から見れば極めて普通の高校生でしかないです。ですが、才能ある者たちに囲まれる中で”普通”であることが彼の劣等感となり彼の中で空虚感を生み出していたと思います。
それらの違いが凄いもの(加速世界、天才)を目の当たりにした時の違いとなって表れたのではないかと思います。ハルは黒雪姫の誘いの手をとり、空太は逃げようとした。どちらの作品も主人公の成長も描かれていく作品ですが、プラスとマイナスが入り混じりながら成長し前へと進んでいくAWと落差は少なくともマイナスの側面からしばらく描かれ続けてきたさくら荘だと主人公に対しての印象も変わってきてしまうのは仕方がないのかなと思います。
 あと、AWは戦闘要素があるので”主役”を描きやすく、さくら荘は群像劇の要素が強めなのも大きいのではないかと。作品におけるそもそもの主人公が占める存在感の割合に違いがあるのではないかなと思います。言い方を変えると”青春”の有無とも言えるのかもしれません。私的な印象ではありますが、AWは”青春”要素はほとんど感じなかったのに対してさくら荘は登場キャラみんな含めて”青春”しているなと言う風に感じています。AWは中心となる主人公がハルただ一人なのに対して、さくら荘は話の軸として空太をメインに据えている者の言うならばみんなが主人公状態になっている。それがまた”主人公”としての印象の違いに繋がっているのではないかと思います。

 もちろんこれらはどちらが優れているということではないと思います。要は作品の描き方が違うというだけだと思いますからね。自分が感じた通りに楽しむのが一番だと思います。

 上手く言葉にして伝えられたのかはわかりませんが、私の考えとしてはそんな感じです。分かりづらかったり偉そうな文章に感じてしまいましたらすみません。
【2012/11/19 09:04】 URL | RyO #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://sora0ryu.blog87.fc2.com/tb.php/2488-63d1d845
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

RyO(卯竜)

Author:RyO(卯竜)
サイト『空を舞う竜のように』の管理人です。アニメ、マンガ、ゲーム、ラノベ、イラスト、カードゲーム、と趣味の幅は広いです。

また、「卯竜」名義でイラストレーターをやっています。イラストのお仕事を募集中です。何かありましたらご気軽にご連絡くださいませ。

現在キリ番企画実施中
7000hitありがとうございます!!キリ番を踏んだ方はよろしければイラストのリクエストをどうぞ!! next→8000hit
pixiv



web拍手

web-拍手2

日記でもサイトでも何かご意見・ご感想がありましたらこちらからもどうぞ。



お知らせなど

コミックマーケット89に参加します

3日目・西つ15b



フリーエリア



ついったー



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



ブログ内検索



月別アーカイブ



カテゴリー



リンク

このブログをリンクに追加する



カレンダー

08 ≪│2019/09│≫ 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



RSSフィード



メール

名前:
メール:
件名:
本文: