空舞う竜の日記
サイト『空を舞う竜のように』の日記コーナーです。主にアニメの感想、たまにCDやマンガ、イラスト投稿などがあります。感想にはネタバレがあるためご注意を。 日記へのコメント&トラックバックはもちろん大歓迎です。ですがサイト内容にそぐわないようなものは問答無用で削除させていただく場合がございます。あらかじめご了承ください
アクセル・ワールド第23話感想
 リトバスのCMキタ――――!!

 やはり主題歌の『Little Busters!』を聴くとワクワクしてきますね~。情報公開当初こそ不安があったもののスタッフさんたちも全力で製作されているとのことですし、あとは信じて放送日を待つだけです。放送日は正座待機ですね(笑)。


 ・アクセル・ワールド 第23話”Consolidation;絆”

 魂が震える展開!!!

 やはり今回は非常に盛り上がりましたね~!!シアンブレードでサンライズ立ちなシアン・パイルのかっこよさに惚れ、トラウマを超え能美に一撃を叩きつけるタクの勇気に胸が熱くなり、能美のチユ人質作戦に思わず拳を握りしめ、ハルの魂と共にシルバー・クロウのアーマーが壊しながらも拘束を打ち破り復活した姿に身体が震え、絶体絶命という場面で月を背に駆け付けたブラック・ロータスにテンションが燃え上がりました。そしてラストの引きはシルバー・クロウVSダスク・テイカーというろことで終了……もう今回は盛り上がりまくりでした!!次回は能美との決着ですし、盛り上がること必至ですね!!クライマックスに相応しいテンションの上がり具合になってきました♪

 そういえば、おそらく次回が最終回というわけではないんですよね?予告映像を見るかぎりだと原作4巻ラストまでいくみたいですけど…。残り一話は番外編となるのか、あるいは言ってなかっただけで次回が最終回になるのか。番外編の場合は原作10巻が短編集らしい(私はまだそこまで読んでいない)ので、そこから話をもってくるって感じになるのでしょうか?


 それではこれで。今回はアニメ本編からCMまでテンションがあがることばかりでした。その分逆に何を書けばいいかわからなくなりましたけどね(笑)。
スポンサーサイト

テーマ:アクセルワールド - ジャンル:アニメ・コミック

この記事に対するコメント
すいません、トラブルでネット使えなくてコメント遅れました
>今回のハル
原作だと"《零化現象(ゼロフィル)》が負の心意なら、その逆もある筈だ"と自力で脱出の術に気づいたけど……アニメ版のもいいですが、私はそっちの方が好きですね。
やられっぱなしじゃなく、《光線剣(レーザー・ソード)》で《静止重圧(スタティック・プレッシャー)》とも抗っていたけど、尺の都合でそこまでは描けなかったか。

>タクのサンライズパース、そして無双ならぬタクム双
《蒼刃剣(シアン・ブレード)》の発動時は、やってくれると信じてたぜサンライズ!

そして二人の剣戟シーンをここまで格好良く描いてくれるとは思わなかったぜ!!
瞬間的に移動+斬撃をさせる事で、"最小の動作で、一瞬で肉薄出来る"という剣道選手バーストリンカーの特性を上手く描いていると思いました。

>能美が歪んだ原因=復讐
"無償の友情なんて吐き気がする"や"友情や絆なんて幻想だ"とか、そうやって"略奪の前には絆なんて無価値だ"と否定するのは、仲良くしてくれた女の子が奪われて傍にいなくなったり、兄から物(BB)を初めて貰ったのにプライドをズタズタにされたと散々な思いをしてきたから、また信じた相手に裏切られて傷つくのが嫌なんだろうね。
負の心意の影響もあるけど自分が復讐心で会得した技だし、復讐=暴力の快感に縋って、人を信じられない弱虫のまま成長を止めて、自分を護る優越感の為ならいくらでも他人を傷つける最低な下種野郎に成り下がってしまった。

一歩間違ったら、加速の力でいじめられた分を荒谷達に仕返ししようとしたハルも能美みたくなっていたと思います。『あの人がこんな自分を好きになる訳がない』と黒雪姫の好意を信じられなかったし。
それでも、『暴力で従わせてプライドを踏みにじるなんて最低の行為だ』と仕返しを踏み止まったから黒雪姫との繋がりがあって、タクも許して……そうして育んできた絆を大事にしているハルには、間違ったプライドに凝り固まった能美は決して相容れないな。

>もっ先先輩、颯爽登場
サルファの分も合わせて、3倍返しに原作より1ランクアップですね。
【2012/09/17 22:22】 URL | 二刀の翼 #WV4V227M [ 編集]

Re: すいません、トラブルでネット使えなくてコメント遅れました
二刀の翼さん、コメントをありがとうございます!!コメントをしていただけるだけで嬉しいですから、時間なんて気にしないでください。

>アニメ版のもいいですが、私はそっちの方が好きですね。
アニメ版はどうもアニメという媒体における盛り上がりを重視しているのかな~とふと思いました。今回のハルの脱出にしても、鎖に囚われたシルバー・クロウの姿や黒雪姫先輩の手をとるという描写はアニメだからこそ映えたというのがあると思いますし。そこからの咆哮と共に正の心意の光を放出し鎧をも砕きながら拘束を打ち破る、というのもアニメだからこそより一層燃えたんじゃないかなって思いますしね。確かに原作との描写に違いが発生することはありますが、媒体の違いを活かしていると考えればそれはそれで素晴らしいことじゃないかなと思います。

>やってくれると信じてたぜサンライズ!
>そして二人の剣戟シーンをここまで格好良く描いてくれるとは思わなかったぜ!!
ここは本当に製作がサンライズで良かったと思うシーンでしたね!!こういった動きをちゃんと”魅せて”もらえると本当にテンションがあがります♪

>自分を護る優越感の為ならいくらでも他人を傷つける最低な下種野郎に成り下がってしまった
そうなってしまったきっかけそのものは可哀想だと思いますし、辛く苦しかったんだろうなと思います。ですが、そこから復讐を果たして止めたのならまだしも、兄と同じことを他人にもしてそのうえその行為自体を喜んでするようになった時から彼は戻れないところまで堕ちてしまったのでしょうね…。奪われた悲しみは奪う喜びに変わり、人が悲しむ姿を是としてしまった彼の心は”信じた相手に裏切られて傷つくのが嫌”という恐怖を前に歩みを止め、むしろその思いすら風化させてここまできてしまったんだと思います。完全なる加害者となってしまった彼に、もはや同情すらする気が起きないのが悲しいことです。

>一歩間違ったら
>ハルも能美みたくなっていたと思います。
ハルと能美の一番の違いは”絆”ではないかと思います。いじめられ続け自分を卑下し人を信じられなくなっていたハルですが、黒雪姫の思いやギクシャクしていたもののそれでも切れなかったタクたちとの友情が彼が歪みそうになるのを留めて、そして前へと進ませてくれたんだと思います。片や光を掴み片や闇に堕ちた。ブレイン・バーストを手にしたことで変わっていった二人ですが、その道を違えさせたのは自分を信じてくれる自分が信じられる”誰か”の存在の有無ではないでしょうか。いつだったかハルも言っていた気がしますが。もしも能美の周りにそういった存在が一人でもいたら……彼もまた違う道を歩んでいたのではないかと思います。

今回の返信はいつも以上に訳のわからないことを書いてますよね(苦笑)。すみません。
こういった内容は熱く語りたいなとは思うのですが、語彙力的に上手く言葉がでてこないんですよね。
【2012/09/18 06:26】 URL | RyO #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://sora0ryu.blog87.fc2.com/tb.php/2417-f71eb5ed
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

RyO(卯竜)

Author:RyO(卯竜)
サイト『空を舞う竜のように』の管理人です。アニメ、マンガ、ゲーム、ラノベ、イラスト、カードゲーム、と趣味の幅は広いです。

また、「卯竜」名義でイラストレーターをやっています。イラストのお仕事を募集中です。何かありましたらご気軽にご連絡くださいませ。

現在キリ番企画実施中
7000hitありがとうございます!!キリ番を踏んだ方はよろしければイラストのリクエストをどうぞ!! next→8000hit
pixiv



web拍手

web-拍手2

日記でもサイトでも何かご意見・ご感想がありましたらこちらからもどうぞ。



お知らせなど

コミックマーケット89に参加します

3日目・西つ15b



フリーエリア



ついったー



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



ブログ内検索



月別アーカイブ



カテゴリー



リンク

このブログをリンクに追加する



カレンダー

07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



RSSフィード



メール

名前:
メール:
件名:
本文: