FC2ブログ
空舞う竜の日記
サイト『空を舞う竜のように』の日記コーナーです。主にアニメの感想、たまにCDやマンガ、イラスト投稿などがあります。感想にはネタバレがあるためご注意を。 日記へのコメント&トラックバックはもちろん大歓迎です。ですがサイト内容にそぐわないようなものは問答無用で削除させていただく場合がございます。あらかじめご了承ください
DOG DAYS第8話感想
 イラストのアップはもう少し時間がかかります。こんばんは。

 昨日の分の日記で話していたイラストですが、ちょっと寝過ごしてしまったこともあってまだ仕上がりきっていません。これを投稿したら完成させて投稿までするのでしばらくお待ちください。その際はヴァンガードの感想と一緒に記事にしますね。




 ・DOG DAYS 第8話”開戦の日”

 それぞれの決意を胸に・・・戦の幕が開ける

 面白いですね~・・・本当に!!まさかここまでシリアス具合がいい感じに混じり合ってくるとは番組が始まった当初は思いも寄らなかったです。キャラの魅力を十分に発揮しつつ”燃え”展開となり、その中に闇の未来という先がどうなるかわからないシリアスなドキドキが混じり、物凄く面白いです!!次回がもうすでに楽しみです!!

 ミルヒたちはレオ閣下が何かを隠していることに勘付いていたんですね。まあこれまでの変貌に互いの国の宝剣を賭けるなんてことをしてますし、何かがあると十分に考えられるのかもしれませんが。それにしても、いくら安全性が考慮されている”ゲーム”だからといって、自ら戦場に駆けるミルヒの決意は本物ですね。領主として宝剣の所有者として、そして、レオ姫のことを大好きな一人のミルヒオーレとして・・・。心にグッときましたね。・・・・・・・しかし、このことが裏目に出てしまう予感がしてなりません。ただでさえ魔物出現などのフラグが立っているのに、そこに星詠みの宝剣の所有者であるシンクとミルヒの二人が揃っているわけですし・・・。心配が杞憂で終わる・・・ことはないと思いますが、段階吹っ飛ばして危険な状況にはならないでほしいですね~。

 一方のレオ閣下。領主を降りるだけの決意をもって星読みの予言をなんとかしようと動いていたんですね。側近のアイディアによって今回の戦が決まったようですが、その策の一つが破られた今閣下はどんな手を打つのでしょうか?ビスコッティの宝剣の所有者が死ぬという予言になっていますし・・・盗むという手が失敗した以上競技とはいえ戦場なので強奪するという形にもっていくのでしょうか?真実を語れば予言が悪化するしますし、もちろん負けることも許されず。さらに言えば「30日以内」であるためいつそれが現実になるかわからない以上、少しでも早く宝剣を奪った方がいいですからね。そう考えると、すっごく真面目な激突になりそうですね。



 それではこれで。一応あとは加工を残すだけです。
スポンサーサイト



テーマ:DOG DAYS - ジャンル:アニメ・コミック

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://sora0ryu.blog87.fc2.com/tb.php/1698-0d283891
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

RyO(卯竜)

Author:RyO(卯竜)
サイト『空を舞う竜のように』の管理人です。アニメ、マンガ、ゲーム、ラノベ、イラスト、カードゲーム、と趣味の幅は広いです。

また、「卯竜」名義でイラストレーターをやっています。イラストのお仕事を募集中です。何かありましたらご気軽にご連絡くださいませ。

現在キリ番企画実施中
7000hitありがとうございます!!キリ番を踏んだ方はよろしければイラストのリクエストをどうぞ!! next→8000hit
pixiv



web拍手

web-拍手2

日記でもサイトでも何かご意見・ご感想がありましたらこちらからもどうぞ。



お知らせなど

コミックマーケット89に参加します

3日目・西つ15b



フリーエリア



ついったー



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



ブログ内検索



月別アーカイブ



カテゴリー



リンク

このブログをリンクに追加する



カレンダー

03 ≪│2020/04│≫ 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



RSSフィード



メール

名前:
メール:
件名:
本文: