FC2ブログ
空舞う竜の日記
サイト『空を舞う竜のように』の日記コーナーです。主にアニメの感想、たまにCDやマンガ、イラスト投稿などがあります。感想にはネタバレがあるためご注意を。 日記へのコメント&トラックバックはもちろん大歓迎です。ですがサイト内容にそぐわないようなものは問答無用で削除させていただく場合がございます。あらかじめご了承ください
けいおん!!第3話感想
 人間って成長するんだな~って感じた瞬間。こんばんは。

 私は筆圧がかなり強いので(アナログで)絵の下書きをする際にシャープペンのような一定して細い筆記具を使うと、迷い線が多いこともあり紙が痛むくらい真っ黒になってしまいました。それでここ一年近くはずっと柔らかめの鉛筆を使ってきたのですが、ついこの間久しぶりにシャープペンを使ったら弱めの筆圧で線を引くことができるようになってました。ここ一年でデッサンやら色々とやってきた結果なのかなって思うと、人間って成長するんだなって思えました。あとは絵そのものが成長できるよう頑張ろうと思います。


 ・けいおん!! 第3話”ドラマー!”

 今回は楽器のパート入れ替えネタでしたね。なんかもう色々と心が和んで楽しかったですね。この作品はあまり深く考えず見て感じたままに楽しむ作品だと思いますし、そういう見方でいうなら今回はすっごく楽しかったです。・・・・・・りっちゃんがギター無理って言ってたのにはデジャヴが(笑)私もコードがサッパリわからず挫折したな~・・・(←遠い目

 で、やっぱりりっちゃんの心にはドラムの熱い情熱が燃え滾っていたんですね。部屋で部屋のものでビシバシエアードラムやっている姿は本当に生き生きとしていて、見ているこっちまで楽しくなってきました。
 あとその後ドラマーとしての自分の始まりというバンドのライブ映像を見たと聞いて「わかるわかる!」ってなりました。私も好きな絵師さんの絵を見てテンションをあげたりしますしね。ですから次の日のりっちゃんが充電満タンって感じでいいなって思いました。・・・・・・自分でも何書いてるかわからんですね。

 最後はいつものみんなで〆と。あのラストカットはなんかいいですよね。『けいおん!』はハッとした時こうしたいいカットがいっぱいあるんですよね。それがまたこのいい空気をだしてるのでしょうけどね。いいですよね~。

 今回りっちゃんの新パート探しの中で新曲が生まれましたが、どんな楽曲になるか非常に楽しみです。確か<Honey Sweet Tea Time>って曲名でしたが、イメージ的にはゆったりとした曲になるかな~って思います。歌詞はあまあまな感じかな?うん、楽しみです。



 それではこれで。鉛筆は鉛筆でもちろん利点はあるのですが、一定して細い線が引けるというのも大きいんですよね。どちらも使いこなせるように、しばらくはシャープペンを使ってみようかなって思います。
スポンサーサイト



テーマ:けいおん!! - ジャンル:アニメ・コミック

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://sora0ryu.blog87.fc2.com/tb.php/1279-5e84fa52
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

RyO(卯竜)

Author:RyO(卯竜)
サイト『空を舞う竜のように』の管理人です。アニメ、マンガ、ゲーム、ラノベ、イラスト、カードゲーム、と趣味の幅は広いです。

また、「卯竜」名義でイラストレーターをやっています。イラストのお仕事を募集中です。何かありましたらご気軽にご連絡くださいませ。

現在キリ番企画実施中
7000hitありがとうございます!!キリ番を踏んだ方はよろしければイラストのリクエストをどうぞ!! next→8000hit
pixiv



web拍手

web-拍手2

日記でもサイトでも何かご意見・ご感想がありましたらこちらからもどうぞ。



お知らせなど

コミックマーケット89に参加します

3日目・西つ15b



フリーエリア



ついったー



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



ブログ内検索



月別アーカイブ



カテゴリー



リンク

このブログをリンクに追加する



カレンダー

03 ≪│2020/04│≫ 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



RSSフィード



メール

名前:
メール:
件名:
本文: