FC2ブログ
空舞う竜の日記
サイト『空を舞う竜のように』の日記コーナーです。主にアニメの感想、たまにCDやマンガ、イラスト投稿などがあります。感想にはネタバレがあるためご注意を。 日記へのコメント&トラックバックはもちろん大歓迎です。ですがサイト内容にそぐわないようなものは問答無用で削除させていただく場合がございます。あらかじめご了承ください
おまもりひまり第7話感想
 明日までの課題はだいたい終わりました。こんばんは。

 ・・・ただ、完成度があげられない。というかあげ方がわからない状態です。色々参考にしてやってはいるのですが、ど~も「これならいける!!」って強く思えるような仕上がりにならないんですよね。これを多少なりとも良い感じに越えられれば飛躍できるような気がするのですが。・・・明日のは厳しいですが、月末までのはもうちょっと頑張ってみようと思います。



 ・おまもりひまり 第7話”猫の想いと魔法少女のユウウツ”

 くえすは優人のことをずっと想い続けてきたんですよね・・・。”約束”を忘れられていたことに物凄いショックをうけていましたし。緋鞠と優人のキスの話でのショックに加えてのショックで、見ているのが辛くなるくらい動揺していました。・・・お守りの力の影響のためとはいえ、何よりも大切にしていた”約束”を忘れられていたのはきついですよね。

 そしてくえすVS緋鞠。元々優人を巡って幼い頃から対立してきたこともあってまさに犬猿の仲ですね。さらにくえすは”神宮寺家は鬼切り役十二家の中で一番劣っている”という屈辱(+幼い頃妖に手も足もでず負けた屈辱も?)を叩き込まれてきたため、”妖は滅ぼさなければならない存在”であると強く植えつけられてしまっているためより感情が苛烈ですね。その感情が力となって緋鞠を圧倒していました。が、(自分の術のせいですが)妖としての本能呼び起こされた緋鞠には逆に圧倒され、恐怖すら覚えてしまいました。・・・・・・くえすが緋鞠の本性を呼び起こしたのは、ためらいなく殺すためだったのでしょうか?犬猿の仲とはいえ昔なじみ。無意識下ではためらいがあった。・・・そうだったらいいな、ってなんとなく思います。

 ”殺す”という本能に突き動かされていた緋鞠の力はやはり圧倒的なものでしたが、となると普段の緋鞠は妖としての本能を無意識のうちに押さえ込んでいるということでしょうか?これだけ差があるように描かれると本能とともに力を押さえ込んでいるように思えてきます。・・・・・・今回は優人の言葉で我にかえることができましたが、これがこれからも続いてしまったら本能が理性を上回ってしまうのではないかと心配になってしまいます。以前に緋鞠が優人に言った言葉。それが徐々に現実味を帯びてきたように思えます。

 ・・・・・・こうやってアニメを見ていると未だに見つからない原作4~5巻をどうしても読みたくなってきます。正直買いなおそうかという思いがむくむくと沸き出てきました。・・・あとDVDも。



 それではこれで。もっと精進しないといけませんね。
スポンサーサイト



テーマ:見たアニメの感想 - ジャンル:アニメ・コミック

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://sora0ryu.blog87.fc2.com/tb.php/1219-0fa5e5f7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

RyO(卯竜)

Author:RyO(卯竜)
サイト『空を舞う竜のように』の管理人です。アニメ、マンガ、ゲーム、ラノベ、イラスト、カードゲーム、と趣味の幅は広いです。

また、「卯竜」名義でイラストレーターをやっています。イラストのお仕事を募集中です。何かありましたらご気軽にご連絡くださいませ。

現在キリ番企画実施中
7000hitありがとうございます!!キリ番を踏んだ方はよろしければイラストのリクエストをどうぞ!! next→8000hit
pixiv



web拍手

web-拍手2

日記でもサイトでも何かご意見・ご感想がありましたらこちらからもどうぞ。



お知らせなど

コミックマーケット89に参加します

3日目・西つ15b



フリーエリア



ついったー



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



ブログ内検索



月別アーカイブ



カテゴリー



リンク

このブログをリンクに追加する



カレンダー

03 ≪│2020/04│≫ 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



RSSフィード



メール

名前:
メール:
件名:
本文: