空舞う竜の日記
サイト『空を舞う竜のように』の日記コーナーです。主にアニメの感想、たまにCDやマンガ、イラスト投稿などがあります。感想にはネタバレがあるためご注意を。 日記へのコメント&トラックバックはもちろん大歓迎です。ですがサイト内容にそぐわないようなものは問答無用で削除させていただく場合がございます。あらかじめご了承ください
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コードギアス23話 感想
こんな時間にですが。こんばんは。


 実は今日、小学校の同窓会があっていつもの時間に日記を書けなかったのでこんな時間になってしまいました。


 今回のコードギアス・・・・・・もう怒涛の展開でした。どれだけうまく書けるかはわかりませんが、23話”せめて悲しみとともに”の感想いきます。

 かつて平和が願われた場所で黒の騎士団は戦う、日本人の怒りに自らの怒りをのせて。その手で平和への足がかりを壊してしまったユーフェミアは自らナイトメアを駆り日本人殺戮を続けていた。それを発見するカレン。そこに現れたゼロは手を出すなと言いユーフェミアの乗るナイトメアを破壊、脱出した彼女の前に姿を現す。そして、ただ冷静にためらいなく・・・ゼロは、ルルーシュはユーフェミアを撃った。・・・・・・ルルーシュがユーフェミアを撃ちました。ギアスの力は絶対遵守の力。カレンに言ったとうり捕らえたところでどうにもならなかったでしょう。ならばせめてこの悲劇を引き起こしてしまった自分の手で、ルルーシュはその思いで引き金を引いたんだと思います。

 ランスロットを飛ばしてユーフェミアを探すスザク。ようやく見つけたと思った彼の目にはゼロの凶弾に倒れる彼女の姿が。感情を爆発させユーフェミアを救出していくスザク。彼の目にはゼロの姿も紅蓮弐式の姿も無く、ただ死にかけた愛する女の子が映っているだけだった・・・。・・・・・・正直スザクがカッコよかったです。「邪魔をするなぁああ!!」という彼の叫びとランスロットの腕が壊れるのもかまわず叩き込んだパンチ、その必死さが伝わってきました。

 ゼロは宣言する、種族の違いや力の強弱など関係ない、新たな国”合衆国日本”の建国を。ユーフェミアは想う、日本人たちのことを、そして大好きなスザクのことを。スザクは涙する、目の前の大好きな女の子の死に、その想いに。・・・一つの命が失われたとき一つの国が生まれた。・・・・・・ユーフェミアとスザクの最後のやりとり悲しすぎます。ユーフェミアはギアスのせいでそのときの記憶がないから式典の成功を聞いてくるし、スザクは彼女を安心させたくて大成功と言うし。でもやはり最後に彼女が心配したのはスザクのことだし。・・・ホントにただただやるせなさだけが残りました。

 一通りの指示を終えて部屋に戻ったゼロ。C.C.にはギアスが効かないことに安堵しながらゼロの仮面をはずすルルーシュ。これではもうみんなには会えないと呟く彼の元に電話が。それはもう一度ユーフェミアに会いたいとする事件の結末を知らないナナリーからのものでした。なんとか誤魔化し電話を切るルルーシュ。そして自らの手で殺したユーフェミアのことを想う。弱さを見せるルルーシュを「契約した、ずっとお前のそばにいると」と告げ抱きしめるC.C.・・・。・・・・・・ルルーシュのギアスがずっと起動しっぱなしということはもう彼が人前ではゼロの仮面をとることができないということになります。となると彼が安心してルルーシュに戻れる相手はギアスの効かないC.C.と目の見えないナナリーだけ(一度ギアスを使った相手というのも有りですが、安心してという点では現在この二人)ということになります。かつてC.C.が言った「王の力はお前を孤独にする」、まさにそのとおりになりつつあります。

 そしてゼロはトウキョウ租界に襲撃をかけ始める。ユーフェミアを失ったコーネリアは自失し、ニーナは復讐のために兵器を作り始める。C.C.はマリアンヌという相手とテレパシーで会話し、悲しみにくれるスザクの前にはV.V.と名乗る少年が。かつての記憶を失ったシャーリーは”ルル”という言葉に反応し、自らも出撃しようとするゼロの前にはゼロの妻を自称する神楽耶が。そして、死んだかに思われていたあの男もこの争いにその目を開く。・・・決戦前、全てが大きく動き出す。・・・・・・様々な伏線がありましたが、やはりこれでしょうオレンジ卿復活です!!しかも復活の第一声が「おはようございました」です。やはり最高です、オレンジ。

 ガウェインの中で降伏を認めるタイムリミットを待つゼロ。そこに電話がかかってきます。それはルルーシュの親友、スザクからでした。彼は言います。今自分には今までの自分を捻じ曲げてまでも殺したいほど憎い相手がいると。ルルーシュは言います。それでいいんだと。そして、二人の親友としての最後になるであろう会話は終わりを告げました。・・・・・・スザクはV.V.からゼロの正体を含めて全て聞いたのか、それが気になります。もしそうなら本当に最後の親友としての会話だったでしょうし、違うのなら親友として修羅になる自分の事を聞いてほしかったのでしょうし。この決戦でそれがけっこう重要になると思います。

 ルルーシュが電話を終えたとき、タイムリミットがきました。そして突如始まるトウキョウ租界の地盤の崩壊。ルルーシュは、ゼロは言います。創造の前には破壊が必要だと。笑い声がこだまします。そう、心が邪魔になるなら・・・。・・・・・・ルルーシュもユーフェミアを殺したことで枷が外れてきてしまったような気がします。スザクに独白した言葉といい、だんだん壊れてきてしまってきているような気がしてなりません。どうか壊れないでいてほしいのですが。

 多くの伏線がちりばめられたまま第一期が終わりました。24&25話はまだ大分先ということですが、待ちきれません。最初はどんなだろうとあまり気をいれずに見ていましたが、最後はもう虜になるばかり。なんとか次回放送を首を長くして待ちたいと思います。


 それではこれで。・・・・・・間に合った。
スポンサーサイト

テーマ:コードギアス 反逆のルルーシュ - ジャンル:アニメ・コミック

しつこくちょこちょこっと
 今日は数撃てば当たる方式で。こんばんは。


 なんか私の母がインフルエンザにかかったようです。薬であるタミフルに話題は集中していますが、インフルエンザの方にもみなさんお気をつけください。


 それでは日記本編に戻ります。今日はズラッと数だけは並べてみようかと。


 
デジモン超進化ベスト! デジモン超進化ベスト!
TVサントラ、和田光司 他 (2006/03/08)
インデックス ミュージック
この商品の詳細を見る


 つい最近購入しました。かなり懐かしいです。初代からフロンティアまでの主題歌が収録されています。”Butter-Fly”や”The Biggest Dreamer”は今聴いてもいい曲だと思います。明日までの期間限定なのでほしいと思った方はお早めに。


 
Brilliant World Brilliant World
織田かおり (2007/03/21)
マーベラスエンターテイメント

この商品の詳細を見る


 ゲーム『ルミナスアーク』の主題歌。ゲームではそのOPアニメと相まってすばらしい楽曲でした。それでフルで聞いた感想を・・・・・・と、言いたいのですが、まだ購入していません。とら○あなでたまたま見かけたのですが、そのときにはすでに所持金は無く・・・・・・くっ、もう少し持ち合わせていれば。


 
ドラゴンシャドウスペルアンソロジーコミック ドラゴンシャドウスペルアンソロジーコミック
(2007/03/31)
エンターブレイン

この商品の詳細を見る


 今日本屋で見かけました。まさかもうアンソロジーが出るとは思っていませんでした。もちろん、まだ読んでいないので感想は書けません!!・・・・・・紹介するだけというのはいかがなものなんだろう。


 
Kanonホントの想いは笑顔の向こう側に 1 (1) Kanonホントの想いは笑顔の向こう側に 1 (1)
Key (2007/04/01)
富士見書房

この商品の詳細を見る


 『ドラゴンエイジ ピュア』で連載されていた(いる?)という『Kanon』のコミカライズです。第1巻は名雪ルートのお話です。実はまだ一冊ちゃんと読んではいないのですが、なんとなく買った雑誌でその最終話がのっていたのでその部分だけ感想を。・・・・・・好きです、大好きですこういうの。すごい技術や表現が使われているとかではなく、なんて言うのか・・・空気がいいんです。言葉にするのは難しいですが。でも、ゲーム中にあった私がけっこう好きだったシーンが無かったのがショックかも。まあ、連載時の長さの問題などがあるかもしれませんが。ただ、その代わりに表現されていた部分がよかったので問題なしです。あ、作者はアンソロジーなどでよく見かけた石本理沙さんです。今回を契機に改名したそうですが。


 ラクガキー2

 とりは私のラクガキ。パッと思いついてガッと描いたものです。トリミングも何もしていないそのままです。いや~なんか天使っぽいのを描きたくなってたんですよ~。


 こんな感じです。・・・・・・なんか画像でスペースを稼いでいるような気がしますが。


 それではこれで。今夜は『コードギアス』の23話!!

テーマ:雑記 - ジャンル:日記

やっぱりちょこっとな内容
 まあ、いつもどうりな木曜日です。こんばんは。


 とりあえず今思い浮かぶことを書いていきます。


 ・サイトのこと

 友人から「サイトのEnterページ微妙じゃない?」みたいなことを言われたため、ちょっといじってみました。今回は下手にイラストを使わずシンプルな感じで。相変わらず『ホームページビルダー10』で表示される画面と実際に皆さんの画面に表示されるものにズレが出ている可能性があるので、何か問題があったら報告してくださるとありがたいです。感想も待っています。


 ・ゲームのこと

 『シャイニング・フォース イクサ』をクリアーした今、私は二つのゲームを並列でプレイしています。一つは後に話すとして、もう一つは今更感の漂う『アルトネリコ』です。実は発売当日に買ったもののほとんどプレイすることなく積みゲーになっていたものです。

 プレイするなら今まで日記でも話してきた『サモンナイト4』や『うたわれるもの』があるのでは?という指摘もあるとは思いますが、『サモンナイト4』は友人に貸していて手元になし。『うたわれるもの』は・・・・・・なんか、らじおでお腹いっぱいみたいな感じで。そんな気まぐれな私がなぜ『アルトネリコ』を始めたかというと、ネットの海を漂っていたとき『シュレリアさま最高~!!』的な発言をけっこう見たので「そんなにいいものだったのか・・・」と思いプレイするに至ります。

 プレイ状況はなんとも言えないところで、ヒュムネクリスタル”パージャ”を入手してちょっとのところです。プレイしている感想としては、やはり音がいいですね。ゲームに集中しつつも耳を傾けさせるような音が多いと思います。戦闘もけっこう楽しいです。詩魔法は最初は戸惑いましたが慣れればガンガン使っていけます、というより必須です。

 感想を書くかですが、気が向いたら書いていこうかと思います。しばらく購入予定のゲームは無いとはいえ、・・・ほら、私気まぐれですから・・・・・・。
アルトネリコ 世界の終わりで詩い続ける少女 PlayStation 2 the Best アルトネリコ 世界の終わりで詩い続ける少女 PlayStation 2 the Best
PlayStation2 (2006/12/07)
バンプレスト

この商品の詳細を見る



 それではこれで。・・・・・・ううっ、私自身いったい今日何を書いているのかわからないッス。

テーマ:雑記 - ジャンル:日記

うたわれるものらじお出張版 感想
 お待たせしました~(誰もしてないか)。こんばんは。


 本日は『うたわれるものデスクトップキャラクターズ』初回版特典の『うたわれるものらじお出張版』の感想です。




 ・・・・・・きました、


 ・・・・・・きましたよ、


 浪川レジェンドきましたよ~!!!

 ちまたではCGやら何やらでその存在すら疑われていた浪川さんでしたが、ちゃんと存在しました!!よかったです!!面白いです!!

 とりあえずコーナーごとの感想を書くという形で。

 <オープニング>
 力ちゃんがハイテンションです。興奮しまくりです。フリが長いです。浪川さんはベナウィという役からは想像できなかった明るさです。

 <フリートーク>
 浪川さんゲストなのに話の中心は嫉妬心全開の力ちゃんです。浪川さんがふった『武装錬金RADIO』の話で、そのラジオ内で柚ちゃんが福山さんと楽しそうにやっていることにジェラシ~な力ちゃん。レジェンドがゲストでも関係なし力ちゃん柚ちゃんのラブラブ。浪川さんが自分の存在を使って話題をそらしましたが。・・・・・・浪川さん、さすがに自分で自分の存在を疑っちゃ駄目ですよ。

 <ゲストへの質問コーナー>
 血液型話で力ちゃんが柚ちゃんの血液型を”B”としてしまい、激怒な柚ちゃん。・・・・・・フォークにより台本に穴が開いたそうな。もうすでに話題から外れ気味な浪川さん。話が質問に戻ったかと思ったら、柚ちゃんの携帯にメールが受信、しかも『牛角』から。まあ、そのあとはなんだかんだで進行したのですが、休日の行動で浪川さんが健康的なスポーツマンだということが判明。それを気にようやく浪川さんにスポットが。箱根話にも花が咲いて盛り上がってました。なんか力ちゃんのお尻話でも大盛り上がりで。そんなこんなでいい感じでコーナー終了と。・・・・・・と、思ったら力ちゃんの柚ちゃんに対する想いがと~まわりながらぶっちゃけられました!!・・・・・・このCD聞いてよかった。

 <特別版ドリグラのコーナー>
 今回は三人による対戦方式。それぞれのお題に対してネタをする、というものでした。判定はエグゼクティブプロデューサーの望月さん。勝敗は・・・・・・まあ聞いてみてください。暴走し過ぎない程度に盛り上がってました。・・・・・・力ちゃん、頑張った。

 <エンディング>
 さよなら浪川さん、あなたのことは忘れません!!・・・・・・通常放送の時にもでてきてくださいね~。

 <真・うたわれるもののテーマ>
 とりあえず一言、

 剛志さんかっこいいーー!!!

 本当に弾き語りがカッコいいです。もう少しギャグよりな感じなのかと思いましたが普通にいい曲です。歌詞はもちろん期待どうりないい歌詞でしたし、マカビンビンも出てきましたし。CDとして発売されるときはさらにこれにコーラスがつくということで、期待は高まります。ちなみに、剛志さんのブログによると超豪華なコーラスらしいのでさらに楽しみです。

 と、これのためにデスクトップキャラクターズを買ったと言っても過言ではないかと。浪川レジェンドの存在は伝説ではなく実在していたということで。通常放送に出てきてくれることを首をなが~くして待ってます、浪川さん!!

 まだ購入されていないリスナーの方、探せば初回版は見つかると思うのでぜひ購入を!!らじおを聞いていてこれを聞かないのはもったいないですよ!!
うたわれるもの デスクトップキャラクターズ  初回限定版 うたわれるもの デスクトップキャラクターズ 初回限定版
Windows XP (2007/03/23)
アクアプラス

この商品の詳細を見る



 それではこれで。・・・・・・あ、キャラクターズはキャラクターズでよいですよ。ボイスを含めて盛りだくさんです。

テーマ:インターネットラジオ - ジャンル:テレビ・ラジオ

うたわれるものらじお 第38回
 結果はっぴょ~。こんばんは。


 今回はいつもとは感想の書き方をちょっと変えてお送りします。

 今回の聞き所はもちろん全てですが、特に注目されるのはやはり”うたわれるものらじお名台詞投票発表”の5位から1位です。はたして、我らが『うたわれるものらじおが大好きです!』のランキングとどう違ったのか?それを比べてみたいと思います。「それは聞くときの楽しみにしている」という方は即座に音泉に行って聞いてくることをオススメします。それでは・・・・・・いきます。



 ・第五位:”マカビンビン”&”あの女は汚いです”<らじお>
       ”便利な言葉だよ、家族って!”<大好きです>


 ・第四位:”刺しますよ?”<らじお>
       ”浪川…頑張ってるよ、俺…”<大好きです>


 ・第三位:”くり”<らじお>
       ”は、はぁっ、はああぁぁぁぁーっ!!!”<大好きです>


 ・第二位:”二次元が初恋じゃだめですか!?”<らじお>
       ”二次元が初恋じゃだめですか!?”<大好きです>


 ・第一位:”箱根のみなさーん!! うたわれるものですよー!!”<らじお>
       ”箱根のみなさーん!! うたわれるものですよー!!”<大好きです>


 なんと!!二位と一位は<大好きです>と同じでした!!みんな思うところは同じということですね。それでは、それぞれの順位ごとの感想を。

 とうとう五位に食い込んできた”マカビンビン”。公式スポンサーになったことでますます人気がでているのでしょうか?もう一つの方は柚ちゃんらしいステキな一言でした。

 四位はもはや柚ちゃんの対力ちゃん用のキメ台詞とでも言ったところでしょうか。しばらくフォークが行方不明になっていましたが、最近二刀流にパワーアップして帰ってきました。『うたわれるものらじお出張版』では台本を貫くというステキ技まで発動していました。

 第三位は沢城みゆきさんによるアルルゥ声での一言。記憶しているご本人の声ももちろんかわいらしいのですが、今回の柚ちゃんのマネも恐るべき破壊力!!・・・・・・さすがです、柚ちゃん。

 第二位は華也ちゃん発の本当に名言です。私は別に二次元が初恋で全然かまわないと思います。おそらくこの一言が全国の少年少女に勇気を与えたことでしょう!!・・・・・・ごめんなさい、言い過ぎました。

 そして栄えある第一位は、もはやうたらじの伝説となったこの言葉。なんと専用のTシャツまで生まれてしまったという。さらには神曲”真・うたわれるもののテーマ”の歌詞にも使われているという。まもなくCD化されることによって本当に全国にこの言葉が出回ることとなります。そのときこそ、この言葉は真の名台詞となるのです!!

 と、ついついハイテンションな感想になってしまいました。まあ、このらじおを聞いている間は誰もがこんなテンションになってしまうだろうということでひとつお願いします。


 それではこれで。明日は『うたわれるものらじお出張版』の感想を書きたいな~と思っています。

テーマ:インターネットラジオ - ジャンル:テレビ・ラジオ

SHUFFLE!MEMORIES 「番外編」
 世間では世界水泳やら野球などの話題がありますが、このサイトはいつも通りにいきます。こんばんは。


 というわけでSHUFFLE!MEMORIES。今回の話は神界の海をクルージングするクルーザーで起きた事件。ようは番外編です。今までのMEMORIESとは明らかに違うノリです。おかげで感想の書き方に困ります。まあ、いつもどうりの書き方でいきます。それでは、「番外編」の感想スタート!!

 舞台は神界の海。神王が新たに製作したというクルーザーの試運転に招かれた稟たち。そのクルーザーは広く、総ヒノキ作りのプールやそれを利用した生簀などがあり、稟たちはワイワイガヤガヤ楽しんでいました。・・・・・・久しぶりにSHUFFLE!メインキャラが総登場。惜しむべきはカレハ先輩や紅女史がいないことでしょうか。ここのところ重い展開ばかりだったので、麻弓と樹のやりとりを見ているだけで安心してしまったり。・・・しかし、お色気シーン多いな~。

 釣り上げたらなんでも願いを叶えてくれるという神海魚の釣りをしている最中に事件は起こりました。散歩に行ったっきり稟が2時間経っても戻ってこないのです。さらに稟を探しにいったネリネまで。船内を探すシア、楓、麻弓、亜沙先輩。捜索中、稟の着ていた服だけが見つかります。さらにそのそばにはネリネの服まで・・・。服だけを残し姿を消した二人に疑いを抱いたまま捜索は進みます。すると、麻弓まで服だけを残して・・・。・・・・・・最初のツッコミどころとしては釣りに使っていたミミズ。あれは不気味です。そして願いを叶えてくれる魚の話を聞いて興奮状態の楓、・・・よくあんなの使えますね。それから稟たちが消えてしまった後のそれぞれのリアクションがらしくていいです。

 麻弓まで消えてしまったことによりシアは暴走。亜沙先輩に縛られるという始末。楓は亜沙先輩が稟を隠したと疑い黒化。包丁片手に亜沙先輩を部屋まで追い詰めます。ところが、亜沙先輩は突然悲鳴と服だけを残して消えてしまいます。部屋の中を探す楓。すると、楓まで・・・。・・・・・・こわいよ~、楓が黒化したよ~、包丁片手ってまるでひぐらしだよ~。・・・まあ、あっちは鉈ですが。

 楓が目を覚ますとそこには消えたはずの稟たちの姿が。なんでも展示場を見学中、稟が誤って開けてしまった箱から出てきた魔法具の鏡のせいで稟たちは小さくなってしまったのだという。鏡を壊せば元に戻るらしいが小さなままではそれもできない。そこで最後の希望、シアに託すことに。・・・・・・小さくなってもみんな変わりませんね~。ここではめったに出てこなかった攻撃魔法が見られました。もちろん使用者はネリネです。

 シアにこのことを伝える手段。それは直接シアに飛び移ること。稟は必死に柱を登り、そしてシアめがけて・・・ジャンプ!!飛び移った場所は、そうシアの胸元。揉みくちゃにされる稟と虫が入ってきたと勘違いし混乱するシア。ようやくお互いを認識できたと思ったらその背後から鏡が・・・。最後の希望であるシアまで小さくなってしまい万事休すな稟たち。しかし、事件は思わぬ方向から解決してしまいました。ふらふらと飛び回る魔法の鏡。とある部屋の前を飛んでいたら・・・バンッ!!ドアが開き鏡は粉々。それをしたのは・・・プリムラでした、と。・・・・・・垂直の柱を何の装備もなしに登った稟の根性に敬礼を。タイミングよく胸元に飛び込んだ稟に怒りを(死にそうでしたが)、そして、予想どうり見事に事件を解決したプリムラに拍手を。・・・しかし、小さくなった視点で見ると人間て怖いんですね。声も低く聞こえるし。

 ハチャメチャな一日も終わり、みんなで花火をすることに。結局神海魚は樹が粘ったものの釣れず。だが、みんなが花火を楽しんでいる裏で実はプリムラが・・・!?・・・・・・プリムラはやはりおいしいところを持っていってくれます。神海魚をキャッチ&リリースです。まさに影の主役はプリムラでした。

 SHUFFLE!MEMORIESの最終回は明るく楽しくバカらしく、でした。時系列的には本編外のまさに番外編でした。楽しく終わることができて本当によかったです。スタッフの皆さんお疲れ様でした!!


 それではこれで。・・・・・・ニュースに疎い、それが私。

テーマ:SHUFFLE!MEMORIES - ジャンル:アニメ・コミック

京四郎と永遠の空 最終話感想
 私が今期で見ている中で初めての最終回でした。こんばんは。


 『京四郎と永遠の空』もとうとう最終回です。長かったような短かったような不思議な感じです。・・・・・・さて、それでは最終話”永遠の空”の感想にいきます。

 再び出会えた二人はせつなの差し出した掌の上へ。潰されたカズヤも立ち上がり攻撃を仕掛けますがクラウソラスに防がれさらにショックで倒れてしまいます。そして進行し続ける大崩壊へのカウントダウン。空は世界、そして愛する人たちを救いたいとバスティーユへ近づきます。しかしその高さについ足がすくんでしまう空。そんな空に京四郎は言います。「行こう、一緒に」と。・・・・・・どうも前回カズヤが倒されたことが頭からすっぽりと抜けていたようです。倒れていたカズヤを見て「あれ?」と思ってしまいました。

 京四郎の言葉をうけ空はその背に天使の翼を、手には杖を出します。京四郎と共に空を舞いバスティーユに杖を振りかざす空。すると四人の絶対天使が天使の牢獄から解き放たれます。溢れ出た絶対天使のマナが世界を癒す中、たるろってとかおんはそれぞれの愛する人の元へと。そして傷つき倒れた彼らをその力で癒します。せつなは一人地に降り立ち幸せそうに空を舞い続ける二人の姿に涙します。ワルテイシアの魂は再び鋼鉄天使の体に。そして倒れ自失し続けるカズヤと共に癒されゆく世界を見つめ続けます。・・・・・・全てが癒されてゆく・・・かと思いきやせつなが切ないままです!カズヤもなんかやばそうです!どうするんだ!?というのがその瞬間の率直な感想でした。だって、せつなの涙が~。

 ラストダンスと称し空を舞い続けた二人。しかし突如空は激しい痛みに苦しみだします。それはタイムリミットがきてしまった報せ。空のもう一つの体と言えるバスティーユが崩れ去ってしまったということは空自身も同じ運命を辿るということでした。それでももう一度京四郎に会いたかったという空。そして笑っている自分を覚えていてほしいと言う空とそれを受け入れた京四郎は背を向け合います。空はきっと帰ってくるという約束を京四郎と指切りします。別れまでの時間、泣かないように笑いながら再び出会えたときのことを話し合う二人。しかし期限はきてしまいました。離れあう二人。空が自分の手を見ると約束した小指から自分が消えていきます。それを見て空は死にたくないと、もっと京四郎と一緒にいたいと涙を流しながら願ってしまいます。京四郎も自分の約束を思い出していました。空を守るという約束を。その想いに突き動かされた京四郎は振り返り空を抱きしめます。・・・ただ、そこには空だった燐光が残るだけでした。・・・・・・そのままハッピーエンドというわけにはいきませんでした。再び出会えた未来の話をする二人の姿は幸せそうで、そしてそれ以上に悲しかったです。

 空が消えた後自分は何をしていたと自分を責め続ける京四郎。そしてその京四郎を抱きしめ空の気持ちを話し慰め続けるせつな。崩れ落ちた廃墟に京四郎の慟哭だけが響きます。・・・日は経ち、京四郎は心の砕けたカズヤにあいさつをします。そしてカズヤのことをずっと彼のそばに寄り添い続けるワルテイシアに頼みます。そして京四郎は旅立とうとします。空を探す旅へ。そんな彼の前にせつなが現れます。京四郎はせつなに言います。せつなの想いには答えられない、そのかわりに自分をやると。それは京四郎のせつなに対するけじめでした。それを聞き、せつなはクラウソラスの腕を振り上げます。そして・・・自分の長い髪を切り飛ばしました。そして京四郎に言います。京四郎と空を合わせたい、それが自分がしたいことだと。そして、そのときにちゃんと京四郎にさよならを言うと。そして二人の空を探す旅が始まります。・・・・・・せつなが、せつながもう最高です!いい子過ぎます!空も確かによかったですが、やはりこの物語の真のヒロインは(私の中で)せつなです!

 その旅の中せつなは空に手紙を書きます。自分は京四郎と旅をしていると、空の親友であるこずえには空名義で手紙を出していると。それから他のみんなのことを。あの戦いのあとソウジロウは機動風紀委員総督の座に戻りました。もちろん、たるろってと一緒でいつものようにワイワイと過ごしています。かおんは戦いで足を怪我したひみこのリハビリを。二人きりですが幸せそうです。そしてせつなは京四郎と共に旅を続けています。そしてEDに。・・・・・・ひみこには実は本当の名前があるようです。結局語られませんでしたが、かおんに聞かれて眼鏡をとったこと、そして月を見上げたことから、もしかしたら『京四郎と永遠の空』のひみこは本当に『神無月の巫女』の姫子の時空を超えた転生体なのかもしれません。


 ・・・・・・それは長い旅路の果て、始まりの終わり、終わりの始まり。


              『むかしむかし、女の子は王子様と出会ったのでした』



 
 こうくるか!!って感じの終わり方でした。手放しにハッピーエンドということではないですけれどすごくよかったです。まさか最初の王子様の正体がああだったとはまったくもって予想がつきませんでした。せつなのことも、ある意味一番救われていないとも言えますが京四郎の言葉でのみ動いていた彼女が自分の意思で歩き出したことは素直に喜ばしいです。なにはともあれ『京四郎と永遠の空』とてもよかったです。製作スタッフのみなさんに最大限の感謝を。


 それではこれで。今夜はSHUFFLE!MEMORIESの最終回・・・・・・だったかな?

テーマ:京四郎と永遠の空 - ジャンル:アニメ・コミック

コードギアス22話 感想
 今回のコードギアスはやばすぎます。こんばんは。


 コードギアスを見る前に『うたわれるものデスクトップキャラクターズ』特典のうたらじCD特別版を聞いてテンションが最高潮になっていたのですが、その問題のところを見た瞬間一気に下がりました。今回はやばいです。では、第22話”血染めのユフィ”の感想にいきます。

 行政特区”日本”の準備は確実に進められ申請者は20万人を突破。黒の騎士団内部も多大な影響を受け中には退団を望むものまで。そんな状況にいらだつルルーシュはイレブンを罵倒するブリタニア貴族を強烈な皮肉を交えつつ追い払います。そして、そんなルルーシュを見て彼がゼロであることを含め混乱するシャーリー。深入りはまずいとわかりながらもルルーシュのことが気になってしまう。・・・・・・とりあえず扇とヴィレッタはラブラブなようです。ユーフェミアに従うという意見も完全に私情みたいでしたし。あとルルーシュですが、普段からこんなだったような気もしないでもないですが、やはりこのまずい状況にいらだっているように感じました。

 様々な思惑が交錯する中ついに式典が始まります。ゼロの行動が注目される中、ゼロはガウェインにのって堂々と空から現れました。そしてユーフェミアと二人で話をしたいと。ゼロの正体を知っているユーフェミアは武器の有無を確認したあと素直にゼロに従います。心配するスザクに大丈夫と告げて・・・。ユーフェミアと二人きりになったゼロ=ルルーシュは特殊な材質によって探知を逃れた銃のグリップを彼女に向けながら自分を撃つように言います。それによりイレブンの支持を落とさせ、自らは奇跡の復活による支持を受けるために。・・・・・・危険な手ですが、この状況を打開する手を考えついたルルーシュはさすがだと思います。撃たせること自体はギアスがあれば簡単ですし。・・・まあ、今回はこのギアスが悲劇をもたらしたのですが。

 外で待つスザクは突如左目に痛みを感じます。そしてガウェインの中にC.C.がいることを感じ取ります。一方C.C.もスザクの異変を感じ取ります。それはかつての接触によってもたらされたものだと。外に出てきたC.C.に詰め寄るスザク。するとルルーシュ、スザク、C.C.の三人にギアスの影響が。それによって浮かんだイメージのショックで倒れるスザク。駆け寄ってきた兵たちにギアスの力をぶつけるC.C.。そして痛みに苦しむルルーシュ。・・・・・・とうとうスザクにもギアス関係のかかわりがでてきました。スザクもギアス能力者となるのか、それともあくまでギアス能力者以外でギアスとかかわっていくのか。第二期からの重要なキーだと思います。

 突如襲った痛みに耐えながらルルーシュはユーフェミアの態度を上から見る者のものだと否定します。そんなルルーシュに自分は皇位継承権を返上したと告げるユーフェミア。それは無茶なことをした自分への罰。そして、ただ兄と暮らしたいというナナリーの想いの表れでした。その想いにルルーシュは「負けたよ」とユーフェミアと手をとります。再び笑い合えるようになった二人。そんな中ルルーシュは自分が持つ力をふざけながら話そうとします。・・・そして悲劇が起こります。先ほどルルーシュが感じた痛み、それはギアス暴走の予兆でした。目を合わせたとき話していた「日本人を殺せ」というふざけた命令。そんな命令がギアスの暴走によってユーフェミアにかかってしまいます。一瞬の抵抗もむなしくユーフェミアはギアスの命令を実行するためにゼロの銃を手に外に飛び出していきます。・・・・・・とうとう起こってしまったギアスの暴走。マオと同じようにルルーシュは自分の意思で制御ができません。そして発動してしまった惨劇への命令。あのとき下手に談笑などしていなければ・・・・・・。

 再び姿を現したユーフェミアは会場にいる日本人に死んでくれるよう言います。兵たちにも日本人を殺すように言います。遅れながらもユーフェミアを止めるために現れたゼロ、しかし兵たちに止められてしまいます。そして、その目の前でユーフェミアは日本人を撃ち殺しました。それを引き金とし始まった日本人大虐殺。人が倒れ、血飛沫が舞い、子どもが泣き叫ぶ中ゼロ=ルルーシュはなんとかできないかと駆け回ります。そんな彼の前で死に掛けたお婆さんが「日本を救ってくれ、救世主よ」と言い残し事切れます。自分はメシアなんかじゃない、この惨劇を引き起こしたのは自分だと苦しむルルーシュ。そして、もはやどうにもできないと思ったルルーシュはゼロとして黒の騎士団にブリタニア軍を壊滅させ日本人を救え、ユーフェミアを見つけ出し殺せと命じます。いまだギアスの印が輝く瞳に涙をうかべて・・・。・・・・・・ユーフェミアが日本人を殺せと言うのを聞いていられませんでした。日本人が虐殺されるのを見ていられませんでした。間違いなくコードギアス史上最悪のシーンだと思います。

 次回”せめて悲しみとともに”。おそらく黒の騎士団の独立国宣言が行われるのでしょう。キョウトの神楽耶も動き出すようですし、第一期の最後に相応しい内容であることを期待します。・・・・・・ゼロは、ルルーシュはもう立ち止まることは許されない。

 
 今回の話を見てふと最悪な流れを想像してしまいました。①スザクとユーフェミアが対面。②”日本人を殺せ”というギアスの命で銃の引き金を引こうとするユーフェミア。③”生きろ”というギアスの命で撃たれる前に撃ち返したスザク。④事切れるユーフェミアを抱えながら精神崩壊するスザク。・・・・・・こんな流れになったら最悪です。




 話を変えまして、サイトのTOP絵を変更しました。さんざん言ってきたとおり『京四郎と永遠の空』からせつな&クラウソラスです。

 今回挑戦したのは、
 ・ロボ(っぽいもの)を描く
 ・サイズの違うもの同士を一枚に収める
 ・背景をきちんとイメージする
 ・わざとボロボロにしてみる
 でした。

 背景を季節外れの秋のイメージで描いたのは、真・王子様であるカズヤ様がせつなのことを秋とたとえていた(と思う)からです実際のできは・・・・・・微妙でした。


 それえではこれで。うたらじ特別版の感想はまた後日。ヤバイです。

テーマ:コードギアス 反逆のルルーシュ - ジャンル:アニメ・コミック

『シャイニング・フォース イクサ』クリアー!!
 長かった・・・・・・。こんばんは。


 昨夜(というより今日の朝方)ようやく『シャイニング・フォース イクサ』をクリアーしました。・・・・・・長かった、非常に長かったです。つけっぱなしにしていた時間を含めてもプレイ時間が50時間を突破していました。私のアクションゲームの下手さ加減が伺えます。

 それでは初戦を一撃で殺された贄神にいかにして勝ったのかをお話しましょう!!まず奥義を攻撃型に特化させます。次にパワーアートのマシンの壊し方を限界まで上げます。そして光の護符を用意します。これだけです。あとは光の護符で無敵になりながら攻撃しまくるだけです。私の場合、シリルのボウガンで攻撃力7000強で光の護符一回以内で勝てました。もう楽勝です。・・・・・・訓練所にひたすら潜っていた時間はなんだったのかと問いたくなりますが。

 それではゲーム全体の総評について話します。まずストーリーですが、これはかなり薄めでした。扱っていること自体はなかなか壮大な話なのですが戦闘が中心なため掘り下げ方が浅かったと思います。ですがキャラたちは魅力的でした。敵味方問わずいいキャラたちばかりだったと思います。ただ、こちらもちょっと絡みが少なかったのが残念です。あとはムービーがよかったです。戦闘も面白かったですし。でも、エピローグがほとんどなかったことは本当に残念でしかたがありません。

 しかしなんと言ってもトウマとシリルの主人公二人がよかったです。声のお二人の実力ももちろんあるでしょうが、比較的少ないやりとりでもこの二人の魅力は十分に伝わってきました。いろいろとありますが、とりあえずシリルがかわいいかったです。いや、ほんと。

 ということで、クリアーを記念してイラストを。私のイクサのイラストでお馴染みのシリルとその使い魔ジラです。クリアーしたあと速攻で描いただけなので彩色はしていません。シリルの腰から下が変だったりジラが小さすぎたりして記念としては締まらない一枚ですが、どうかご容赦を。
シリルー3



 あと、『うたわれるものデスクトップキャラクターズ』を購入してきました。予約したのでもちろん初回版です。まだ封を切ってすらいませんが、堪能したら感想を書きたいと思います。


 それではこれで。さて、今日からプレイするものは・・・・・・。

テーマ:ゲームプレイ日記 - ジャンル:ゲーム

新鮮なネタがないため本の感想でも
 今日も暖かかったです。こんばんは。


 今日は新鮮と呼べるネタもなく、またイラストも完成してない(あまりに遅すぎますが)ということで読んだ本の感想でも。


 ・『神曲奏界ポリフォニカ えきさいと・ぶるう』

 ポリフォニカの青のシリーズ第一弾です。主人公がいいです。性格的にはダメ人間なのですが、なんらかしらの想いがあって自らの力を封じている主人公ってけっこう好きなんです。ダメ人間て言っても憎めないやつですし。精霊側(というか女性キャラ)ではフレーラがいいです。その神曲に酔っているとも言えますが、でもそのクルナを求める気持ちはひたすら一途です。歪みがあってもそういった一途な気持ちにはけっこう弱かったりします。それで正ヒロインであるルーファですが、ちょっと私の中では弱いかも。その実態にはそこそこ驚きましたが今判明しているそれだけでは他シリーズのヒロインたちよりも立場的に弱いです。まあ、今後巻を重ねれば印象は変わるでしょうけど。
神曲奏界ポリフォニカ えきさいと・ぶるう 神曲奏界ポリフォニカ えきさいと・ぶるう
築地 俊彦 (2007/02/14)
ソフトバンク クリエイティブ

この商品の詳細を見る


 ・『フルメタル・パニック つどうメイク・マイ・デイ』

 長編フルメタシリーズ最新刊です。内容的にはまさにタイトルどうり打倒<アマルガム>のための力が集います。なかでも新たなる力ARX-8(レーバテイン)が最高です。銃器・兵器などに関してはさっぱりな私ですがその文章を読んでいくだけでもそのオーバースペックがわかります。すごいです、カッコいいです。スパロボにでてほしいです。あとは宗介とかなめ。もうこの二人の互いへの想いの強さは最高潮です。私はテッサ派だったのですが「ここまで想いあってるならこのままガンガンいけ!!」って感じです。他にもいろいろと読みどころがあり非常に面白かったです。
つどうメイク・マイ・デイ つどうメイク・マイ・デイ
賀東 招二 (2007/03)
富士見書房

この商品の詳細を見る



 それではこれで。『シャイニング・フオース イクサ』は勝てる見込みがでてきました。

テーマ:感想 - ジャンル:本・雑誌

ちょこちょこっと
 なんか春っぽい気候でした。こんばんは。

 
 それではいつものごとくちょこちょこっとした話をいくつかしていきます。


 ・『ラジオCD うたわれるものらじお Vol.2』の発売日が延期!!

 リスナーのみなさんならすでにご存知のことかと思いますが。なんでも製作工程の一部で予期せぬ事態が起こったとか(情報漏洩という噂を耳にしましたが実際はどうなのか?)。発売が延期になったことはひじょ~~に残念ですが、まあうたらじ本編でも聞いて気長に待ちましょう。


 ・劇場版『灼眼のシャナ』の主題歌を歌うのはI'veサウンドの”Love Planet Five”

 これこそ本当に前の情報ですが私が忘れないために、ということで。歌い手はKOTOKOさん、島みやえい子さん、川田まみさん、MELLさん、詩月カオリさんの五人です。KOTOKOさんと川田まみさんに関しては言わずもがな、他の三人の曲もそれなりに聴いた記憶はあります。正直かなり豪華なグループだと思います。発売日は4月4日ということで2週間後です。忘れないで確実に手に入れます。


 ・Keyの最新作『リトルバスターズ!』の予約が3月29日全国一斉開始

 その日に予約するかはわかりませんが購入は確定です。私はKeyの作品を全てコンシュマー(智代アフターはPCでも)でプレイしてきました。この『リトルバスターズ!』もいずれは移殖されると思います。が、それまで悠長に待つ気などありません。PC版をさっさとプレイしますし、移殖したらしたでそれもプレイします。やる気です!!・・・・・・まあ、その前に発売日に発売されるかが問題ですが(Keyの発売日延期の話は聞いたことがあります)


 ・『シャイニング・フォース イクサ』の話

 あとわずかでクリアーなので今はこれを集中的にプレイしてます。といってもあまり発展はありませんが。正直な話、訓練所36階以下の敵に勝てません。攻撃はろくに効かない、一撃でひん死、さらには敵はわらわら出てくると。現在レベル117なのですが一気に上げてくのが困難になりました。このままでは贄神に勝てるのはいつになることやら・・・・・・。ただ、希望としてはアビリティの高性能な装備を見つけたので、同じようにいい装備を手に入れられればすぐに勝てるようになるかもしれません。


 それではこれで。・・・・・・なんか無理やり話題を出したような気がしますが、気にしないで!!

テーマ:雑記 - ジャンル:日記

うたわれるものらじお 第37回
 寝不足なのか気持ちが悪いです。こんばんは。


 さあさあ今回のうたらじですが、個人的に最上級の二人のラブっぷりが聞けたと思います。内容的にも最高クラスでした。

 とりあえず力ちゃんの新事実。力ちゃんは柚ちゃんに対してツンツンしたいそうです!!そしてツンツンしたいということはツンデレの法則的にデレ期が存在するということ!つまり今回ツンツン言っていたということは次回はデレ期!!・・・・・・かもしれません!!。楽しみです!!・・・・・・このときの二人のラブラブ度は過去最高値かもしれません。

 まあ、普通に内容もよかったんですがね。柚ちゃんのフォークが復活、しかも二刀流で、とか。うたらじはもはや世界共通語!!(それ、言いすぎ)とか。うたらじは受験の神様です!!(これは言い過ぎでないようです)とか。(私は見逃しましたが)柚ちゃんおんぶ事件の真相!!(抵抗しなかったのは柚ちゃんが好きだからだと勝手に結論付けました)とか。普通にもよかったです。

 そして今回の力ちゃんと柚ちゃんのラブラブ以外の聞きどころ、それは”うたわれるものらじお名台詞投票結果発表”でした。
 今回は10位から6位までの発表でした。て、同率票が多すぎます!!その間に19個もありました。ちなみに柚ちゃんの発言が多いです。その中で私がいいと思ったのは7位にランクインした”キンキン(NGワード音)”でした。・・・・・・これって名台詞ではないですよね?まあ、入ってくるとは思いましたが。

 次回で残りを発表するらしいです。私としてはあの”箱根な発言”が有力候補だと思います。同盟の方でも1位でしたし。

 とりあえずおもしろくて仕方がない回でした。次回はさらに全力に最高であることを期待してます!!・・・・・・あれ?今日の私、テンションがおかしい?


 サイトの話です。 如月 出さんのサイト『カリスマ☆ペテン師』と相互リンクしました!!イラスト中心のサイトで、様々なジャンルのイラストを描かれています。みなさん、ぜひ足を運んでみましょう!!


 それではこれで。・・・・・・テンションがおかしい理由は気分が悪いから?

テーマ:うたわれるものらじお - ジャンル:テレビ・ラジオ

SHUFFLE!MEMORIES 「プリムラ編 後編」
 関係ないですが積み本の数がやばすぎます。こんばんは。


 『SHUFFLE!MEMORIES』の五人のヒロインの中で残す最後の一人、プリムラ編の後編です。では、いきます。

 話は花壇の水やりをしていたプリムラが倒れたところから始まりました。ひどい高熱をだして苦しむプリムラ。プリムラを治療するには魔界へと戻すしかありませんでした。その過程で稟はプリムラがユグドラシル計画のために創られた人工生命体だということを聞かされます。・・・・・・やはりネリネ編と内容的にかぶってしまいました。でも50度の熱って・・・普通死んでます。

 治療を続けるプリムラ。しかし状態は一向に改善しません。そんなプリムラは自分が暗い草原に立っていることに気づきます。それはプリムラの心の世界。大切な人たちに手の届かない一人ぼっちの世界・・・。一方稟たちはプリムラに会いたいがために魔界へ。そして眠り続けるプリムラにただ呼びかけ続けます。そしてわずかに反応をしめしたプリムラ。彼女の中では姉ともいえるリコリスとの別れが。一緒に行きたいと言うプリムラにリコリスは「帰るべき場所があるでしょ」と諭します。すると稟の声が聞こえてきます。そしてプリムラは閉じられた目を開きました。・・・・・・ベースはネリネ編で語られていたことですが、プリムラの心のうちが中心でした。プリムラとリコリスの対話はすごくよかったです。

 神王・魔王の許可を得てプリムラは再び稟たちと人間界で暮らせるようになりました。しかし今度は楓が、稟が亜沙先輩と出かけるようになるにつれ壊れてゆきます。そんな楓を心配し続けるプリムラ。ある夜、プリムラは稟がいなくなったらと鳴き続ける楓に「自分の気持ちを伝えたの?」と問いかけます。・・・・・・一難さってまた一難、ではないですがプリムラが大変すぎます。どちらかというと楓編の補足のような感じです。あとうわさの空っぽの鍋も見られました。

 雨の中稟に気持ちを伝えて帰ってきた楓を迎えたのはプリムラとプリムラが作った不器用ながらも温かいシチューでした。それに楓はようやく笑顔を見せます。そして楓とプリムラの新しい日々が始まりました。プリムラはバーベナ学園に通うようになり、楓も稟や亜沙先輩たちと普通に過ごせるようになりました。でも、まだ稟が亜沙先輩と共に過ごすことに落ち込んだりもします。そんときプリムラは「会いたいときに会いに行けばいい、だって私たちは家族なんだから」と楓の手を引いてゆきます・・・。・・・・・・プリムラがすごくいい子です。”お兄ちゃん”発言も聞けました。てか、最後のシーンはプリムラの方が姉みたいでした。

 後半からはどちらかというと”楓&プリムラ編 完結編”みたいな感じでした。楓編でほうっておかれた楓はプリムラによって救われたんですね。もちろん気持ちの整理はなかなかつかない、下手すれば一生心に残り続けるのかもしれませんが、それでもプリムラが傍らにいるそんな日々の中で楓が幸せに暮らせることを祈っています。

 次回はMEMORIESオリジナルストーリーみたいです。時系列的にいつのことになるのか、どんな内容なのか楽しみです。


 『シャイニング・フォース イクサ』の現状。贄神が強すぎます。シリルで進めていたので最終話はシリル一人しか使えないのですが、攻撃がろくに効かないだけでなく贄神の一撃で死んでしまいます。レベル110もあるのに・・・・・・。今は訓練所で鍛えています。


 それではこれで。・・・・・・なぜか『SHUFFLE! ON THE STAGE』のカレハ先輩ルートをプレイしたくなりました。なぜ?

テーマ:SHUFFLE!MEMORIES - ジャンル:アニメ・コミック

京四郎と永遠の空 第11話感想
 さりげなくコミック2巻とも購入。こんばんは。


 早速感想にいきたいと思います。第十一話”天使回廊”、いきます。

 京四郎の呼ぶ声に反応をしめす空。しかしワルテイシアに促されるままに装置の中へ。だが京四郎はあきらめずカズヤに叩きのめされながらも空の元へ向かおうとします。ソウジロウやひみこもそれをサポートします。ソウジロウはカズヤに話しかけるもその兄はまったく意に介さず。そしてとうとう空たち絶対天使はその存在を一つに・・・。・・・・・・カズヤの狂気性(もともとありましたが)が全開になってきました。なんか真・王子様とか言ってられない気が。

 全ての絶対天使が一つになったとき究極の絶対天使が誕生しました。その名はバスティーユ、時空さえ捻じ曲げてしまう真の絶対力。しかしそれはカズヤの求める姿ではなかった。・・・・・・それぞれが持っていた通り名の一つに入っていた”右手”などの意味がようやくわかりました。どんな意味を持つのか気になっていましたが、謎が解けてスッキリしました。

 バスティーユの内側では彼女たちそれぞれがその想いをワルテイシアにぶつけます。そしてそれらの想い一つ一つを理解してゆくワルテイシア。そして、そのワルテイシア自身の気持ちも。・・・・・・かおんの想い、たるろっての想い、ワルテイシアの想い、様々な想いが語られました。しかしやはり、私がどうしても気にしてしまったのはせつなの想いです。自分の中の想いを全て解き放つ彼女の姿は、ただ京四郎のことが大好きな一人の少女のものでした。・・・せつな。

 絶対天使である少女たちの想いをワルテイシアが理解するごとにバスティーユの崩壊が始まっていきます。それを止めようとするカズヤ。そして京四郎たちもそれぞれの想う人のために近づこうとします。しかしその前に立ちふさがる鋼鉄天使たち。足止め役を買って出たソウジロウ、ひみこの想いを背負い京四郎はバスティーユのそばへ。そしてその胸の中にある空への想いをぶつけます。・・・・・・カズヤも初めて会ったそのときから、ただただ空のことを愛していただけだけだったんですよね。ただ彼自身が普通とは違っていただけで。そう考えるとカズヤは最高に純粋なだけなのかも。

 京四郎の言葉を聞きたるろって、かおん、せつなが自らの意思でバスティーユの体を動かし空をとりだそうとします。その内側では最後の一人、空の想いが語られます。空っぽだと思っていた自分。でも自分は京四郎でいっぱいだった。それこそ王子様も入れないくらいに。そしてワルテイシアが空を理解したとき、空はバスティーユから解き放たれました。落ちゆく空を抱きとめる京四郎、そしてEDへ。・・・・・・空がまさに真のヒロインになった瞬間でした。自分は京四郎で満たされている、なんて言葉は空だからこそでてきた言葉ですね。(でも真の真のヒロインはせつなだと信じてやまない私がいる)

 次回”永遠の空”。空は取り戻せましたし、見たところバスティーユも自己崩壊しそうなので残る問題は空を手に入れようとするカズヤだけかと。今回のことで京四郎に策がないことはわかりましたし、しかもソウジロウもひみこも力尽きた状態でいったいどうするのか?そしてどうまとめてくるのか?楽しみに待ちます。


 せつな絵を描いている合間のラクガキを。今回はほんとラクガキです。なんとなくハネハネな髪を描きたいな~なんて思って描いたものですし。全体的にその場のノリで描かれたものです。
ラクガキー1



 それではこれで。コミックの方は2巻の最後でだいたいアニメの8話の終わりのところです。

テーマ:京四郎と永遠の空 - ジャンル:アニメ・コミック

コードギアス21話 感想
 今朝雪が降っているのを見ました。こんばんは。


 コードギアスの感想に入る前に一つ。


 CLANNADアニメ化!!しかも京アニ製作で!!!

 とうとうCLANNADもアニメ化です。ついこの間映画化が公式発表されたばかりだというのに。しかも京アニ製作なのでクオリティに関しては安心できると思います。

 でも問題点が一つ。


 ・・・・・・またBS-iかよ!!

 また見られないのか。神よ、私が何をしたというのだ?・・・・・・涙が止まらない。・・・・・・本気でアンテナ取り付けられるところに引っ越そうかしら(私の住んでいるところは向きの問題でアンテナが取り付けられないそうです)。



 気分を(強引に)切り替えてコードギアスの感想にいきます。今回のタイトルは”学園祭宣言!”でタイトルだけだと息抜きの回みたいなかんじでしたが・・・・・・。

 冒頭でいきなりルルーシュとスザクは出席日数不足で補習を。そんなところで仲がいい二人に相反するようにゲットーではスザク派とゼロ派に別れ始めます。・・・・・・スザクの存在によって日本人にもやれば認められるという希望がでてきました。しかし、誰かが言っていたようにまだそれは”ブリタニアの下で”ということを忘れてはいけません。ブリタニアそのものに変化がないかぎり、日本人が認められるということはないと思います。

 そして学園祭が開催されました。学園のメンバーはもちろん、扇やヴィレッタ、ロイドやセシル、C.C.はてはユーフェミアまで集まりかなり明るく楽しい雰囲気で進みます。その裏でルルーシュはゼロとして黒の騎士団にも指示をだしていきます。・・・・・・学園祭が開催されている最中にもスザクとカレン、ユーフェミアとナナリーのやりとりなど見所はたくさんありましたが、中でも扇とヴィレッタのデート?が個人的に見所でした。ヴィレッタの扱いをいろいろと考えるも結局結論が出せずにいる扇が普通のいい兄ちゃんて感じがして好きです。

 ユーフェミア学園祭に赴いているとき、シュナイゼルは今後のために中華連邦へ。兄の出立に見送りにもこないというコーネリアにユーフェミアとは昨夜話をしたというシュナイゼル。そしてそのやりとりの中に一時は死んだかとも思われた彼の姿が・・・。・・・・・・シュナイゼルとユーフェミアが話した内容も気になりましたが、彼が出てきたことで吹っ飛びました。そう、オレンジ卿です。どうやら改造真っ最中のようで、再び私たちの前に姿を現してくる日が楽しみです。

 平和に文化祭が進行していく中でルルーシュ、スザク、C.C.、シャーリー、扇、ヴィレッタ、カレンが一度に会したことで一気に緊迫した雰囲気に。カレンの行動とルルーシュのミスでうやむやな状況に。その隙に抜け出した扇とヴィレッタ。ヴィレッタはカレンに問い詰められたときの扇の言葉「彼女は俺の・・・・・・」の続きを求めます。そしてあなたと一緒なら私はイレブンになってもいいと。・・・・・・着々と進むシャーリーの記憶復活フラグも気になりましたが、ここでも気になったのは扇とヴィレッタでした。この二人、うまくいっても彼女の記憶が戻ったとき再び敵味方に分かれそうなんですよね。そこが今後の不安なところです。

 文化祭の役員に戻ったルルーシュは変装しているユーフェミアを発見します。様々な想いを抱えながら二人が話していると突風が吹きユーフェミアの変装用帽子が飛ばされてしまいます。それによりユーフェミアの正体がばれて大変なことに。スザクが巨大ピザ作りに使っていたナイトメア”ガニメデ”でなんとか救出しますが・・・。・・・・・・とりあえずナイトメアでピザ生地を作るスザクの技術力に驚嘆。そして騒ぎのせいで駄目になってしまったピザ生地をあまりにものショックで呆然と見つめるC.C.にそこまでピザが好きなのかというツッコミを。

 ガニメデの手の上でユーフェミアはこの映像を全国に流すよう指示をします。そして彼女が行った発言、それは行政特区『日本』を作るという宣言でした。それはルルーシュの計画を全て叩き壊すものでした。そんなことには気づかずユーフェミアはルルーシュたちとまた昔のように過ごせると信じ、そしてルルーシュはそんな無邪気な彼女に心の底からの怒りをわかせます。・・・・・・ユーフェミアのこの発言は安易すぎたと思います。いくらシュナイゼルから許可をもらったとはいえそんな軽がると決めていいものではありません。事実その発言にイレブンが彼氏だからとあきれる人もいましたし。そしてなにより、それはルルーシュをゼロという仮面から解き放つどころか逆に彼を追い詰めてしまうということです。ルルーシュはたしかに日本を取り戻す気はありますが、それはあくまで結果的にそうなるというだけです。彼の目的は最初からブリタニアを叩き潰し、その上にナナリーが幸せにくらせる居場所を作るということでした。ですがこの発言によって黒の騎士団の選択肢はなくなり、ルルーシュが打倒ブリタニアのために準備してきたものが全て崩壊してしまいました。これではルルーシュの怒りももっともです。善意はときに人を傷つける、そういうことです。

 次回は”血染めのユフィ”です。タイトルからして物騒ですが、はたしてユーフェミアの運命は?・・・・・・ルルーシュの怒り具合と発言、タイトル名からすると答えは一つしかなさそうですが。


 それではこれで。コードギアスもラストスパートに入りましたね。

テーマ:コードギアス 反逆のルルーシュ - ジャンル:アニメ・コミック

ネタなし!!
 威張ることではなし。こんばんは。


 せめてスレッドテーマで自分を応援しときます。ちょっと悲しい。


 とりあえず『シャイニング・フォース イクサ』の話を。と言っても、14章に入ってストーリー進行させたら即死してしまったため現在強化中ですが。使用キャラはシリルでレベルは現在92、最初に挑んだときより10も上がってますしパワーアートも刻んだので勝てるかもしれませんが、不安なのでもう少しレベル上げします。


 あと、今描いているイラストのことでも。下書きすら出来てないのでUPすることは出来ませんが『京四郎と永遠の空』からせつな描いています。慣れないことをしようとしているので完成まで時間がかかりそうですが。・・・・・・ほんと描くの遅いな~。


 ・・・・・・うわ~、書くこと尽きた~。今日は何もなかったからって寝っぱなしだったのがよくなかったかもです。あ、そういえば一つだけありました!!この間話したレンタルビデオの感想でも。


 今回借りたのは
機動戦士ガンダム 第08MS小隊 Vol.04 機動戦士ガンダム 第08MS小隊 Vol.04
川元利浩、大河原邦男 他 (2000/11/25)
バンダイビジュアル

この商品の詳細を見る
 の全4巻です。

 この作品ですが、シローが熱い!!もう出会ったときからアイナに一目惚れしてしまうし、負けず嫌いっぽいし、仲間を守るために熱いし、なにより最後に「俺は生きたい!!生きて、アイナと添い遂げる!!!」なんて叫んでますし。ガンダムにはいろいろな主人公がいますけど、シローはそのなかでもかなり好きな方です。

 またシローだけでなく他のキャラも魅力的でした。ノリスいいです、ノリス。最後のシローとの決戦は名シーンでした。あと、サンダース。命を助けられたからって隊長ラブになってませんでしたか?(笑)

 満足できた作品でした。前々から見たいと思っていたので見られてよかったです。


 それではここで。よく考えれば話題ってあるものですね。

テーマ:頑張れ自分 - ジャンル:日記

細かくいろいろと
 三月も半ばだというのにまだ寒いです。こんばんは。


 今日もちっちゃなネタを含めてざっくばらんな内容です。


 ・『シャイニング・フォース イクサ』の攻略

 13章終了しました。途中までトウマが大活躍だったのですが、11章でトウマが使えなくなったときからシリルが再び主役になりました。主装備はボウガンで、ゴーレムなどの硬い敵には厳しいですがそれ以外ならガンガンいけます。魔法はあまり育てなかったのでかなりよわよわですが。ガリュウもアバロンも仲間にしましたし、最終話まで駆け抜けていきます。


 ・アニメ『神曲奏界ポリフォニカ』のEDテーマが決定!!

 アーティストはkukuiさんだそうです。誰かと思いきや、ボーカルは霜月はるかさん!これは安心、これは買いです。


 ここからは本当にちょっとしたことを。というか私のことを。

 ・『ドラゴンシャドウスペル』のコンプリートガイドが発売されているのを確認しましたが購入は見送りました。キャラクターの設定資料がのっているなら即買いなんですが。

 ・キネティックノベル『神曲奏界ポリフォニカ3&4話完結編』の発売日が5月25日に決まったということで早速予約をしてきました。初回特典があるのでみなさんも予約をして確実に入手を。

 ・XUSEの新作『聖なるかな ―The Spirit of Eternity Sword 2―』の予約がお店で始まっていたのを確認。ただSPECIAL PACKAGEは値段が高いことが問題です。13,440円はさすがに厳しいです。でも『永遠のアセリア ―この大地の果てで―』がPCで楽しめるのはけっこう魅力かも。追加要素が少しでもあれば購入確定になるのですが。


 それではこれで。・・・・・・こういう内容の方が日記らしい?

テーマ:雑記 - ジャンル:日記

四月からのアニメ
 ・・・・・・・。こんばんは。


 四月から見たいな~というアニメのピックアップが完了しました!!どうなったかというと、


 ・・・・・・


 ・・・


 なんじゃこの数はっ!!!

 見たいという数だけなら14個ありました。・・・・・・んなアホな。

 とりあえずそれらの名前ををあげてみます。

 ・ヒロイック・エイジ

 ・瀬戸の花嫁

 ・桃華月憚

 ・エル・カザド

 ・キスダム-ENGAGE planet-

 ・シャイニング・ティアーズXウインド

 ・この青空に約束をー~ようこそつぐみ寮へ~

 ・神曲奏界ポリフォニカ

 ・ながされて藍蘭島

 ・機神大戦ギガンティック・フォーミュラ

 ・Darker than BLACK-黒の契約者-

 ・らき☆すた

 ・sola

 ・風の聖痕

 以上です。赤文字は絶対に見ようと思っているものです。

 もちろんこれだけあると放送日時がダブってしまうものもあります。それらはこれから公式サイトなどをよくチェックしてどちらを見るか考えます。

 感想の方は、見た中で私が書きやすそうだと思ったものや特に面白かったものを。書き方は今までと変えて全体の感想を述べるだけになるかもしれません。とりあえず赤文字にした作品は確実に書こうかと。


 話は変わってサイトの方に。TOP絵変えました~。今回は『シャイニング・フォース イクサ』からリームシアン様です。”様”づけが基本です。影がまあまあ綺麗に塗れたかな?と思います。


 それではこれで。・・・・・・うわ~ほんとすごい数。

テーマ:雑記 - ジャンル:日記

うたわれるものらじお 第36回
 gigabeatが一時的に機能停止して本気でビビリました。こんばんは。


 私は音楽プレイヤーとしてgigabeatというのを愛用しているのですが、今日音楽を聴いていたらいきなり”ぶつっ”と機能停止しだしました。バッテリーのオン・オフを含めたあらゆる操作を受け付けなくなり、ネットで調べても修理に出すしかないとしか書かれていませんでした。・・・・・・まあ結論から言ってしまうと直ったのですが、急に機能が復帰しだしたのでかなり今後が不安です。・・・・・・寿命?でも買ってまだ半年しか経っていないのに。


 それでは今週のうたらじの感想にいきます。今回のゲストはヒエンこと箱根旅行幹事ことおにーちゃんこと野島裕史さんです。

 ・・・・・・実は私、ヒエンが誰だったか本気で忘れていました。しかも野島さんのこと自体よく知りませんでしたし。でも逆に先入観なしで聞けました。なかなかいい感じの人でした。

 出だしから壊れ気味な力ちゃん。柚ちゃんは今回もゲストへのお土産を。それでそれをみんなで試食。出だしの力ちゃんを除けば穏やかな感じで進んでいました。野島さんが柚ちゃんの状態を話してくれるので、力ちゃんを見つめる柚ちゃんが想像できました。

 おかしくなったのは亀トークに入ってから。力ちゃん暴走。つられて野島さんも暴走。いい具合にエンジンが入りました。

 ドリグラのコーナーの商品は沖縄旅行が有力候補に。みんなでメンソ-レ沖縄!

 箱根旅行の思い出の中で力ちゃんの壊れぐあいが語られました。すね毛ファイヤー事件(命名:私)や一升瓶で”キンキン”事件(命名:私)とか。華也ちゃんの奇行とかなども聞けて、すごく楽しかった旅行だったんだとしみじみ感じられました。

 そこからは穏やかに進んでるな~なんて思った矢先、トウカの旅行記で”あっちゃんの塩”という商品の情報が!力ちゃん大喜び、打ち合わせからにっこにこです。

 ラストももうよ~わからんノリで。特に野島さんは力ちゃんの変貌ぶりに驚いたらしく、らじお内だけでなく最後の”ヒエンの一言コーナー”を使ってまでしきりに申しておりましたとさ。

 なんというか、よくわからないノリを維持したまま終わった感が。もちろんいい意味で。こんなノリが楽しいラジオ、それがうたわれるものらじお!!


 話は一気に変わりますが、現在イラスト作成中・・・・・・ですが、布の柔らかさを表現するのに苦戦中。影や光の具合がイマイチよくわかりません。・・・・・・明日にはUPしたいな~なんて。


 それではこれで。今日の感想、よくわからないノリで書いてしまったな~。

テーマ:うたわれるものらじお - ジャンル:テレビ・ラジオ

SHUFFLE!MEMORIES 「リシアンサス編 後編」
 四月からのアニメの総数がほんとにやばそう。こんばんは。


 まずはシア編後編の感想を。そういえばこのサイトでは普通に”キキョウ”の名前を使っていましたが結局アニメには出てこないのでしょうか?・・・・・・まあ、気にせず”キキョウ”を使って書いていきます。

 話はプリムラを助け魔界から帰ってきた後。帰ってきてからどことなくネリネの雰囲気が変わったことを感じるシア。そしてその理由は直接ネリネの口から語られました(ネリネ編後編でのネリネの決意)。次はシアの番だというネリネにシアはどう返せばいいかわかりませんでした。・・・・・・ネリネがいい意味で変わったことは私もうれしかったです。

 買い物中稟を見かけるシア。しかし隣に亜沙先輩の姿があったからか声をかけられず帰ってしまいます。その夜シアに語りかける声が。それは鏡にその身を映らせたもう一人のシアからでした。もう一人のシアは言います、恋は戦いであると。そして稟に声がかけられなかったように意気地なしなままもたもたするなら自分が稟のことを奪うと宣言します。・・・・・・鏡を使った会話、ノベル版を思い起こします。構図の入れ替わり方がうまいと思いました。

 翌日の朝、登校しようとする稟の前にシアが。いきなりデートしようと言われ戸惑う稟。そんな稟にお構いなくいつもと感じの違うシアは稟を連れまわします。・・・・・・キキョウさんその行動に容赦なしです。人を犯罪者にしてはいけません。

 女の涙に負けた稟はシア(キキョウ)に連れまわされるはめに。映画を見たり買い物したり。ところどころで稟を誘惑したりしました。・・・・・・キキョウさん子悪魔です、強いです。

 夕暮れの川原。稟になら、とキスを求めるシア。しかし稟はそれを拒みます。そしてシアの瞳には涙が。走り去るシアに何も言えなかった稟。・・・・・・本当の涙を見るのは辛いです。でも稟のしたことは間違いではないですし、う~ん。

 自室にて今日の行動に対する怒りをもう一人の自分にぶつけるシア。でも彼女のとった行動はシアのことを想ってしたことでした。その想いに対してシアは「私一人が幸せになるわけにはいかないから」と答えます。しかしもう一人のシアはそれは自分のせいだと思ってしまいます。そして自分の幸せを想ってくれるならシアが幸せになってと、もう二度と出てこないと言い消えてしまいます。消えないでと言うシアを残して。・・・・・・キキョウは本当はいい子なんです。シアもいい子なんです。これは二人が互いを思いやった結果起きてしまった悲しいことなんです。

 次の朝、稟と顔をあわせづらいシアは少し離れたところからみんなを見ます。そこでの稟と亜沙先輩のやりとりから稟の気持ちを察します。そして一つの決心をします。花咲く丘に稟を誘うシア。そこでシアは自分ともう一人の自分について話します。生まれてくることを望まれなかった双子の妹を、自分の中に確かに存在するもう一人の自分を。彼女は自分の裏側で一人ぼっちなのにいつも表にいる自分だけが幸せになってはいけないと思っていたシア。しかし彼女はそんなことを望んでいなかったことを知り、そして勇気をもらったシアは稟に告白しました。しかし、稟の答えは・・・。・・・・・・シアよく頑張った。すっごくよかった告白シーンでした。

 稟の答えをわかっていたというシア。告白できてすっきりしたと。そして笑顔で二人一緒に戻るシアと稟。ところがシアが最後に言った言葉は・・・「神界は一夫多妻制だよ」と。・・・・・・シアさん最後にいいこと言います。というか、SHUFFLE!って神界で一夫多妻制があって女の子たちがみんな仲がいいから一番ハーレムEDに向いているんですよね。まあ実際はそんな綺麗にはいかないから存在しないのかもしれませんが。

 今回やけに作画が綺麗に感じられました。特にキキョウのでてくるシーンとか。私の目がおかしい?でもシアとキキョウのやりとりのなか、キキョウが「嘘だっ!!」と言ったときに『ひぐらしのなく頃に』のレナを思い浮かべたのは私だけではないはずです。

 次回はプリムラ編の後編です。なんとなくネリネ編とかぶりそうな気がしますが。


 四月からのアニメの話。今見る作品のピックアップ&時間調整中なのですが、数が本当に多そうです。よく見たら『風の聖痕』とか『ラキスタ』とか原作をもっている作品がアニメ化するのでさあ大変です。見きれるのか?


 それではこれで。全部の感想は無理っぽいです。


 追記~拍手レス

 >http://srwmx.dip.jp/srw_w/img_loda/img/w_img_00329
 >リンク先はアリア全身図です


 どうもありがとうございます。早速行かせてもらいました・・・・・・が、ページが見つからないと表示されてしまいました。こちらのパソコンの問題なのかそれともサイト側の問題なのか・・・・・・。とりあえず、コメントありがとうございました!

テーマ:SHUFFLE!MEMORIES - ジャンル:アニメ・コミック

京四郎と永遠の空 第10話感想
 アクセスが困難になってました。こんばんは。


 さあさあ、今回もカズヤ王子様が全開の回でした。もちろん物語としてもクライマックスが近づいた第十話”天使の牢獄”の感想にいきます。

 開始早々たるろって&ソウジロウはカズヤに敗れてしまいます。ソウジロウのためにも死力を尽くすたるろって。しかし、カズヤの力はやはり圧倒的でたるろってはカズヤたちに連れて行かれてしまいます。一方先にカズヤの元に集められた他の絶対天使たち、かおんは束縛され、せつなは空の世話係、その空は自由に過ごしていました。しかし、空は自らもよくわからない無意識の行動を。その行動に疑問を感じたときたるろってを連れたカズヤが帰ってきます。とうとうカズヤの元に全ての絶対天使が。・・・・・・ソウジロウと戦ってたときのカズヤの台詞、いや~カズヤ様節が全開でした。見ていて逆に清々しいくらいに。あと、空が作っていたものは京四郎への約束の招待状?

 カズヤに敗れたソウジロウは一度京四郎の下へ。そこでカズヤと再び戦うことを宣言すると今度は機動風紀隊に協力を求めに。協力をする代わりに大神が出した条件、それは・・・事が終わったあと再び機動風紀隊総督の座に戻ることでした。・・・・・・とりあえずソウジロウの肩書きにびっくりでした。まさかそんな設定があったとは。

 カズヤの目的、それは欠片であった絶対天使を一つにし完全な空に戻すこと。そしてその準備は着々と進みます。それはまるで結婚式のように。かっての記憶のない空も素直にそれを受け入れます。京四郎からプレゼントされた思い出の白馬のブローチが捨てられても何も感じることなく。・・・・・・儀式を結婚式にしてしまうとはさすが真・王子様だと思いましたね。見ていて飽きませんこの人。

 ひみこはかおんを救出するために一人カズヤの元を目指します。その途中マナバスターの重さにふらつき崖から落ちそうになったところを同じくカズヤの元に向かっていたソウジロウに助けられます。危険だから帰るよう言うソウジロウを「かおんちゃんが待っているから私が行かなきゃ」と言い認めさせてしまいます。そして機動風紀隊も集まりいざ乗り込もう、とするとき目の前には絶対天使の雛形である鋼鉄天使が。その戦いの最中背後をとられたひみこを救ったのは・・・壊れた眼鏡を捨て新たな決意を胸にした京四郎でした。犠牲を出しつつも京四郎たちはついにカズヤの元へ。・・・・・・自分が王子様ではなく道化だと気づいた京四郎は吹っ切れていて前よりいい男だと感じました。頑張れ、京四郎(でもせつなのことは許さん)。

 京四郎たちが戦っている間にも絶対天使たちは一人一人装置の中に。そしてその装置に入る前にせつなが空に渡したもの、それはカズヤに捨てられた白馬のブローチでした。そのブローチを見てほんの一瞬京四郎の顔が思い浮かぶ空。そしてようやくたどり着いた京四郎の叫び。この声は空の心に届くのかというところでEDに。・・・・・・かなわないとわかっていても京四郎の危機を感じ取り向かおうとするせつなが健気過ぎます。この作品のヒロインはやはりせつなですよ。私的に。

 このまま素直に空の記憶が戻ることは・・・・・・ないとは思います。絶対なにかあると、そう疑ってます。どちらにしてもカズヤとの直接対決は避けられないでしょうが、そのときの京四郎たちの策が気になるところ。・・・・・・まさか何もないなんて事は。


 それではこれで。アクセスできないからメモ帳で文章打ってました。

テーマ:京四郎と永遠の空 - ジャンル:アニメ・コミック

コードギアス20話 感想
 とりあえずスパロボWクリアー。こんばんは。


 最初にちょっと報告を。スパロボWをクリアーしました。ラスボスのHPが20万→30万の計50万だったり二回行動してきたりで思ったより苦戦しましたがなんとか倒すことができました。物語的にはハッピーエンドの形で終わりましたね。

 全体的にかなり面白かったです。オリジナルのストーリーが実はかなり壮大で、しかもちょっと心温まるようなものだったのがよかったです。他の作品同士の関わり合いも。

 これからのんびり2週目を始めようと思います。2週目はストーリーに微妙な変化が起こるらしいので楽しみです。


 それではコードギアス19話”キュウシュウ 戦没”の感想にいきます。今回の後半はかなり熱いものでした。

 中華連邦の支援を受け亡命していたサワザキがフクオカを占領、そしてキュウシュウにて日本独立を宣言。スザクたちはシュナイゼルから借り受けたアヴァロンでキュウシュウを目指します。しかし、その前にスザクは過去の負い目からユーフェミアの騎士を辞退。なおコーネリアの軍は悪天候に見舞われ進軍困難な状態に。・・・・・・騎士を辞退するときスザクがユーフェミアに父親殺しのことを話していたことが印象的でした。前回でカレンに話していたときも感じましたが、一度ルルーシュに知られたことで抵抗意識が薄まってしまったのでしょうか?辞退した理由はスザクらしいとは思いましたが。

 ルルーシュ、スザク、カレンがいない生徒会では戦闘で開催が困難になってしまった学園祭の準備が進められます。そんななかシャーリーは発見した自分の日記らしきものの断片のことを思い返します。そして、なぜ自分はルルーシュのことを覚えていないのかを考えます。・・・・・・シャーリーの記憶が戻る可能性が非常に高くなってきました。今後彼女がその失われた記憶のために何をするのか、そのときルルーシュがどうするのかが楽しみです。

 黒の騎士団もキュウシュウへ。ゼロはカワザキのことを中華連邦の傀儡とし、これを批難。そして今後の活動としてトウキョウに独立国を創ると宣言。これに戸惑う団員たちに「自ら動かねば何も変わらない」と叱咤するゼロ。・・・・・・このゼロの発言はやはりスザクの考えとは相反するものだったと思います。世界を変えようとする彼らしい言葉だったと思います。

 スザクから騎士を辞退されたうえシュナイゼルからは事実上戦力外通告をされ自分の無力さに打ちひしがれるユーフェミア。そんななか、ユーフェミアに一言お礼を言いたいと言いながら警備を振り切ろうとし、逆に捕まりかけたニーナと出会います。ニーナを助け、彼女と会話をしていくうちにユーフェミアはスザクのために自分に出来ることを思いつきます。・・・・・・ユーフェミアのことも考えたスザクの騎士辞退でしたがこれが逆効果でした。あと、ニーナですが・・・・・・ちょっと危な過ぎでした。いくらなんでももう少しで犯罪者になるところでしたよ。

 キュウシュウ上空に着いたスザクはランスロットにフロートという飛行装置を付けフクオカ基地を襲撃します。しかしサワザキとの会話に気をとられたスザクは敵の先手を喰らい、さらにフロートのせいでエネルギー切れを起こしかけます。余分なエネルギーの消費を抑えつつ戦うスザクにプライベート通信が。それはユーフェミアからののものでその発言は、「私を好きになりなさい!代わりに私もあなたを大好きになります!」そして「だから自分を嫌いにならないで!」というものでした。そのユーフェミアの想いを聞き、自らもユーフェミアへの想いを語るスザク。しかしその間にも確実にエネルギーは消耗してゆき、ついに敵のど真ん中で完全に沈黙してしまいます。・・・・・・ユーフェミアのとんでも発言には見ているこちらも驚かされました。でも聞いていくうちに「ああ、こういう風に誰かを支えることが出来るのか」と思いました。あと、ユーフェミアの「死なないで!」という言葉に若干反応していたスザク。おそらく”生きろ”というギアスの効力がまだ残っているんだと思います。これが今後影響することがあるのかが気になるところです。

 スザクを囲うナイトメアの軍団に突然上空から砲撃が。それはゼロとC.C.が乗り込んだガウェインからのハドロン砲でした。ランスロットの前に降り立つガウェイン。そしてサワザキを捕らえるのを手伝えとエネルギーフィラーを差し出します。それをサワザキを捕らえるのは自分だと受け取るスザク。そして、ゼロとスザクの共闘が始まりました。圧倒的な強さで次々と防衛網を突破してゆく二人。そしてついにサワザキの確保に成功します。・・・・・・私的に今回の最大の見せ場でした。挿入歌も入って、もう熱すぎました。これがゼロとスザクの最初で最後の共闘となるか、それともまた機会があるのか。できればまた見たいものですが。

 戦闘を終えたスザクはユーフェミアの元へ。再び騎士になってもらいたいと騎士の証を差し出すユーフェミア。そして、それを受け取り再び騎士となるスザク。・・・・・・花が咲き誇り、普通にいい感じの二人でした。ちゃんちゃん、と。

 今回は全体を通して見るとスザクとユーフェミアのお話でした。二人の絆がより強くなったと思います。が、今回の目玉はと言われるとやはりゼロとスザクの共闘シーンです。とにかく熱かったです。そして次回のタイトルは”学園祭宣言!”。なぜか学園祭と関係ないところでヴィレッタと扇の関係に進展がありそうです。


 それではこれで。スパロボ終わったと思ったらビデオレンタルしてきた私・・・。

テーマ:コードギアス 反逆のルルーシュ - ジャンル:アニメ・コミック

またまたいろいろと
 スパロボ終わりそ~。こんばんは。


 今日も雑記っぽくいきます。ちょっとはまともなネタがあるとは思います。


 ・スパロボWの現状

 様々な時間を犠牲に突き進んできたスパロボWも54話をクリアーしたところです。展開的に次が最終話。とりあえず主人公機の最終形態があまりにスパロボちっくで思わず叫んでしまいました。「なんだってー!?」って。最終話もおそらく大して苦戦はしない(主人公が馬鹿みたいに強いので)と思うので2週目の話を。2週目もする予定ですが、さすがに今みたいな強行軍はしないつもりです。というか、このままの生活パターンはさすがに不味すぎるので。あ、アリアがかわいいので誰か全身絵の在処を教えてください。


 ・CLANNAD劇場版公式サイトオープン

 あの名作『CLANNAD』がいよいよスクリーンに登場します。不安点としては、あの壮大なストーリーをいかにしてまとめるか。時間的に全ての要素を詰め込むのは不可能なのでそこをどうするのか。気になるのはサイトトップに書かれている”大切な人をなくしたことがありますか?”という言葉。どうくる?


 ・神曲奏界ポリフォニカがPS2に!

 ちょい古い情報ですが今まであげてなかったので。現在発売中のキネティックノベル版『神曲奏界ポリフォニカ』をそのままPS2に移すようです。追加CGや初回限定特典があるそうなのですでに持っている人も要チェックです。値段もそれほどではないですし。


 ・久々にちょっと描いてみました
 
 コーティカルテー3

 ポリ赤からコーティカルテ(大)です。本当はクリーンナップして彩色すべきだったのですが時間的にラフのままで。でもそれだけでは寂しいので手元にあった赤鉛筆で赤色だけ。色ちゃんとでてますか?・・・・・・いや、一応イラストサイトを自負している以上あまり期間が開きすぎるのはまずいな~って思ったんですよ。・・・・・・すいません、いいわけです。


 それではこれで。今夜はコードギアスです。

テーマ:雑記 - ジャンル:日記

またいろいろと
 今日も雑記でいきます。こんばんは。


 ・KOTOKOの新曲

 きちんと初回版で買ってきました。ですがまだ聴いていないと。・・・・・・CD一枚聴けないとは、我ながらどんな生活をしているのでしょうか、ほんと。
きれいな旋律(初回限定盤)(DVD付) きれいな旋律(初回限定盤)(DVD付)
KOTOKO (2007/03/07)
ジェネオン エンタテインメント

この商品の詳細を見る


 ・スパロボWはストーリー的にどうなのか

 昨日はオススメのシリーズの話をしましたが、今日は内容的にどうなのかを話します。
 今作はストーリー面でもかなり面白いです。というのも、今作では各作品同士のカラミが非常に多いからです。テッカマンとガオガイガー、フルメタルパニックとガンダムWなどキャラの掛け合いが面白いです。設定にもそれが反映されていてゴライオンとガオガイガーはかなりの関係性を秘めています。また、今作は余分なエピソードは省いている感があります。そのため全作品が比較的バランスよく使われていて楽しめます。逆に一つの作品に入れ込んではいないので参加作品の中で”この作品をめいいっぱい楽しみたい!”という人には向かないかも。第二部に登場するSEEDもけっこう簡略化されていますし。
 全体的にかなり面白い作品です。47話現在でもまだ主人公側のオリジナルストーリーの謎は多いですし、かなり納得のボリュームだと思います。


 ・最近のお気に入り曲

 ちょっと尺増やしに。私がここ数日聴いていていいなと思った曲の紹介をします。

 ・純白サンクチュアリィ / 茅原実里
 おそらく、声の質というのか歌い方というのかが私の好みにヒットしているんだと思います。サビの部分の調子が好きです。

 ・Answer/片霧烈火
 まだ見ぬ新作『G線上の魔王』のOPテーマであかべぇそふとつぅ ボーカルコレクション(初回限定盤)(DVD付) / ゲーム・ミュージック、片霧烈火 他に収録されています。私にとっての片霧烈火さんの魅力の一つである”かっこよさ”がロックによってよく出ていると思います。

 ・Close Your Eyes/彩音
 こちらはEDの方で同じく収録されています。この曲のよさはとにかくサビのところです。ここでの盛り上がり方が大好きです。歌詞も好きですし。

 ・Crystal Letter/水樹奈々
 THE MUSEUM(DVD付) / 水樹奈々に収録されている『WILD ARMS the Vth Vanguard』のEDテーマだそうで。この曲は全体的に歌詞がいいです。個人的に「ありきたりの言葉だけどごめんね」の部分がやけに耳に残ります。


 それではこれで。今夜はスパロボ以外のことをするぞ~。

テーマ:雑記 - ジャンル:日記

いろいろ日記?
 タイトルが決まらない・・・。こんばんは。


 今日は雑記みたいな内容で。

 
 ・アニメ『神曲奏界ポリフォニカ』の放送局、時間決定!

 アニメの『神曲奏界ポリフォニカ』の局と時間が決まりました。4月3日よりTBSで放送開始です。それはいいのですが問題は時間、毎週火曜日28:15~だそうで・・・・・・おそっ!!これでは生で見るのが相当きついです。録画という手もありますが折角なので直に見たいです。・・・・・・これは水曜日の時間割は朝のが入れられませんな。


 ・スパロボW攻略情報

 第二部もある程度進んできたので、ここで私オススメのシリーズを紹介します。私の主力部隊です。
 <主人公グループ>
 ヴァルホーク、ヴァルストーク、第一部終盤で手に入るXXX、この三機の改造が共有されているので強化するのが非常に楽です。ほとんどの場合で出撃ができますし。

 <ガオガイガーシリーズ>
 第一部、第二部通して間違いなく主軸となるシリーズ。ガオガイガーは装甲とENを改造すれば敵陣に特攻させても生き残れます。他の機体が持つステータスダウン能力のある武器はボス戦に活躍します。ストーリー上でもメインクラスです。

 <フルメタルパニックシリーズ>
 宗介、クルツ、マオを育てます。マオが少々使いづらいですが三人の合体攻撃であるウルズ・ストライクがかなり使いやすいため目を瞑りましょう。ENをある程度上げておいてやれば三連撃も可能です。

 <テッカマンシリーズ>
 第一部では戦力不足な気がしてしまいます。しかし第二部になるとこのシリーズだけで戦えるほど戦力が充実します。基本的に運動性とENと攻撃力を上げておけば大丈夫です。気力が溜まれば遠近万能です。

 <ガンダムWシリーズ>
 個人的にゼロとデスサイズを育てるのがいいです。このさいにはヒイロにヒット&アウェイをつけてツインバスターライフル→移動の戦術がいいです。デスサイズは私がなんとなく使いやすいからですが。

 あとはSEEDとかもいますが加入時期が後半で出番も今のところ少ないので省きます。マジンカイザーやゲッターは最初は使えますが第一部の後半から私としてははっきり言っていらなかったです。


 ・シャイニング・フォース イクサ

 こちらもちまちまと進めています。第10章を終えたところですが、最近トウマが主力になりつつあります。理由はいい装備を手に入れたため、敵に突撃してひたすら殴るという素人戦法が使いやすくなったからです。シリルはボス戦での攻撃力不足が気になり始めました。そろそろ頭を使わないとシリルで戦っていくのは厳しくなってきました。

 
 ・四月からのアニメ
 まだどれを見るか細かく調べていませんが、かなり多くなりそうな気がします。とりあえずポリフォニカとヒロイック・エイジは確定。ヒロイック・エイジの製作陣が蒼穹のファフナーと同じなので期待しています。感想の書き方は視聴数が決まったところで考えます。


 それではこれで。スパロボやってたら登場作品のアニメが見たくなりました。

テーマ:雑記 - ジャンル:日記

うたわれるものらじお第35回
 今日も雨降ってきた~。こんばんは。


 今回はゲストを含めてかなりハイならじおでした。いい感じにはじけてましたよ。

 それで今回のゲストはトウカこと三宅華也さんです。以前ゲストだったときは柚ちゃんと二人きりにもかかわらずステキな名言を残してくださった華也さんですが、今回もいい感じでした。

 OPのショートドラマ、どうも最近力ちゃんはここでアドリブをしたがるらしく台本にない”さーや”発言をしとりました。もちろん柚ちゃんがステキに怒ってくださいましたが。

 それでらじおが始まりました・・・・・・が、OPのが響いてもうゆる~くぐだぐだ、と言うのかなんと言うのかでスタート。柚ちゃんは華也さんがゲストということでチョコレートをお土産に買ってきました。それでそのときの華也さんのリアクションなのですが・・・・・・マジでかわいいかったです。柚ちゃんもそういったリアクションは多いのですが、連続でこられるとわざわざ書いてしまうくらいキます。と、いうわけでこの日記でもこれからは華也さんのことを華也ちゃんと呼びます(かなりマテ)。さらにさりげなく柚ちゃんからの「あ~ん」でチョコを力ちゃんが食べました。

 ふつおたコーナーでのリスナーの妄想”うたらじデスクトップアクセサリー”ですが・・・・・・でたら即購入です。みなさんのうたわれコスプレ見たいです。ですから音泉含むスタッフの方々、ぜひに。

 トウカの旅行記のパンの話から発展した力&柚デートwithカメラマン華也ちゃん。ぜひとも写真は”うたらじデスクトップアクセサリー”のほうに。

 ドリグラでは華也ちゃんの誕生日会!柚ちゃん、力ちゃん二人からのプレゼントに大感激な華也ちゃんでした。チョコレートがいっぱいでしたが華也ちゃんは大好物らしいので問題なしと。・・・・・・華也ちゃんホントいいテンションです。

 最後の最後で華也ちゃんの「柚ちゃん、力ちゃん、二人のベィビーによるうたらじ」発言。心よりお待ちしております。

 三人でいい具合のらじおでした。途中力ちゃんが女性二人に押され気味だったり、柚ちゃんと力ちゃんがラブラブ(いつもどうり)だったりととても濃い内容でした。面白いという方向で。それで今回のらじおで華也ちゃんの魅力を新たに発掘。ふにゃふにゃのときのトウカは華也ちゃんそのまんまだったということが判明しました。あとラジオ関西の方の放送は3月いっぱいで終了してしまうそうです。でも音泉の方は続くそうなので安心です。


 スパロボWは第二部に突入。なかなかうまい具合に第一部から続きましたし、第二部の出だしからアストレイを使っていたので新鮮でした。ただ、第一部からの経過時間的に劇場版ナデシコは無茶だった気が。ちなみに現在の最強機は主人公機です。まだ序盤とはいえボスクラスすら相手になりません。


 それで最近、凱兄ちゃんのおっしゃるとおりスパロボに熱くなりすぎて絵を描いとりません。けっこうまずい傾向です。そろそろプレイ規制を設けた方がいいかもしれません。


 それではこれで。でもスパロボ面白いんだよな~。

テーマ:うたわれるものらじお - ジャンル:テレビ・ラジオ

SHUFFLE!MEMORIES 「ネリネ編 後編」
 強い雨風に敗北しました。こんばんは。


 それでは、楓編、亜沙編と比べるとどことな~く物足りなく感じてしまうネリネ編 後編の感想にいきます。

 まずOP。前編と同じものですが、やはりラストカットのネリネとリコリスはすばらしいの一言だと思います。

 始まりはプリムラの異常から。自分の意思とは関係なく物を凍結させてしまうプリムラ。その症状を治すには魔界へ帰るしかないという。しかし、ネリネはもう一人の自分の感覚からそこには隠されていることがあることを感じ取ります。・・・・・・妙に場面の転換が早いように感じられました。見ていて「あれ?」という感じで。

 みなの前でプリムラに会いに魔界へ行くという稟。楓やシアが賛成する中、ネリネは「大切な人を失いたくない!」とその場から去ってしまいます。その後公園でネリネは稟に大切な人、リコリスのことを話します。幼いときリコリスと過ごした日々と、そして死に掛けた自分をその命を持って救ってくれた彼女のことを。だからこそもう二度と大切な人を失いたくないことを。・・・・・・リコリスと過ごした時間が描かれていたことはよかったと思います。ネリネにとってのリコリス、リコリスにとってのネリネがどういう存在なのかが伝わってきました。

 亜沙先輩に後押しされ稟は再び魔界へ行く決意をします。そして楓、シアと共に再びネリネを説得しようとします。稟たちのプリムラを想う気持ちにネリネも魔界へ行くことを決めます。・・・・・・一瞬キキョウが出てきました。ストーリー上キキョウの話が入るのか激しく不安です。

 後半、稟たちは魔界へ。研究所で眠るプリムラに稟たちは呼びかけ続けます。するとプリムラは意識を取り戻しかけます。しかし意識が戻りかけたため魔力の暴走が。プリムラを入れたカプセルが割れかけた時ネリネは魔法でその魔力を押さえ込みます。その隙に稟はプリムラに呼びかけます。そして完全に意識を取り戻したプリムラは完全に魔力も制御できていました。そしてプリムラを守ったのはネリネ・・・ではなく彼女と一つになったはずのリコリスでした。リコリスは別れの挨拶と稟に「ありがとう」と告げ再びネリネの中にかえっていきました・・・・・・ここでリコリスか!という感じでした。素直に感動しました。

 体調を崩したままの亜沙先輩にプリムラのことを報告する稟とネリネ。そのやりとりからネリネは稟と亜沙先輩のそれぞれの想いを感じ取ります。そして思い出の公園で全てを話すネリネ。8年前に稟が出会ったのはリコリスであること、この想いも歌もリコリスのものであったこと、リコリスとして生きようとしたこと、そのリコリスの想いは研究所で「ありがとう」と伝えられたことでかなったこと、そして、リコリスが消えた後も残る自分の稟への想い。今はまだまだだけど、これからもっと稟を知って誰にも負けない想いにすると宣言しネリネはそれまでの約束と稟の頬に口付けをしました。・・・・・・すごく綺麗にまとまったと思います。稟の心に他の女性がいても関係ないというネリネはとても強いと思いました。

 こう綺麗に後編でまとめられると楓編はなんだったんだろうという気がしてしまいます。楓のこともうまくまとまるんですよね?あと、プリムラの変化やキキョウのことがうまく入ってくるのか改めて不安になりました。本編は全24話だったらしいのですが今のところ判明している話の内容を考えるとその二つが入っていたのか不安になるのですよ。・・・・・・まあとにかく次回のシア編をまてということですが。


 スパロボWですがもうすぐ第一部が終わりそうです。今回の対ボス戦で活躍するのは超竜神とビッグボルフォグだと思います。この二機の特殊攻撃で攻撃力とバリアーを失わせてしまえばかなり楽に戦えます。おまけでマジンカイザーなどで装甲値も減らせば完璧です。


 それではここで。スパロボは今日中に第二部を目指します。

テーマ:SHUFFLE! MEMORIES - ジャンル:アニメ・コミック

京四郎と永遠の空 第9話感想
 でも文庫版はまだ読んでないです。こんばんは。


 ストーリーは大真面目、でもカズヤ王子様の動きはギャグ。そんな第九話”乙女見果てぬ”の感想にいきます。

 前回の続き、空に近づこうとするカズヤの前に立ちふさがるせつな。それは空を選んだ京四郎のことを思って・・・・・・・せつながけな気過ぎます。しかし、ワルテイシアの力で心に秘められた報われぬ思いを突きつけられ崩れてしまいます。

 話されるカズヤの体について。絶対天使の膨大なマナを浴びれば人間はただではすまない、しかし極まれにそれを自らの力に変えてしうものがいる。それが今のカズヤであると。そして空の正体。それはワルテイシアの分かたれた半身だった。自らの正体、そして空っぽな自分の理由を知り空は再び一つとなり本来の力を解放します。そう、メギンギョルドの姿に。・・・・・・空がワルテイシアの半身だということには驚きました。空のことを本当に隠された5人目の絶対天使だとばかり思っていましたから。

 なんとか再び立ち向かうせつな。しかし絶対天使としての空の力は絶大で一撃で敗れてしまいます。そのせつなに近づこうとする京四郎、しかしその前には兄カズヤの姿が。そして悪意のない、しかし絶対的な力で地に叩きつけられる京四郎。そして心も自分の憧れであった兄の本当の姿を知らされぼろぼろにされます。せめて空をとカズヤたちと共に去り行く空を呼び止める京四郎。しかし、もはや空の中には京四郎の記憶はなかった・・・・・・。とりあえずカズヤの動きはギャグにしか見えません。しかし、あれこそが真・王子様だと言われれば妙に納得できますが。

 せつなと空を手にしたカズヤはムラクモであるかおんを求めミカの元へ。ミカも対絶対天使用の切り札マナバスター(名称はあいまい)で対抗します。しかし、カズヤには余裕が。そこにムラクモの力も加えますがただかおんが苦しむばかり。ワルテイシアによって拘束が解かれたひみこはかおんの元へ。光の中でお互いの気持ちを伝え合う二人。しかしその時間も長くは続かず・・・・・・。『神無月の巫女』でもそうでしたが、ほんとこの二人は辛い思いばかりするのですね。お願いですから最後は幸せになってもらいたいです。

 カズヤに腹を貫かれ息も絶え絶えなミカ。なんとか駆け寄るひみこに自らの心の内、自分のかおんに対する思いを話します。そして憎くもかおんを救えるのはひみこだけ、とかおんのことをひみこに託し息を引き取るミカ。・・・・・・ミカはここで退場です。手段を選ばなかったことは好きにはなれませんが、かおんを愛していた気持ちだけは純粋であったと考えると気持ちの報われなかった悲惨なキャラだったのかもしれません。

 空、ワルテイシア、せつな、かおんを手に入れたカズヤは空と楽しそうに戯れます。一方全てを失った京四郎はただうつむき続けます。その手に、渡されるはずだった空の招待状を握って・・・・・・。おそらくせつなも京四郎の記憶を忘れさせられたのでしょうが、その姿がせつないです。無表情でカズヤたちの傍らに立ち続けるその姿が・・・・・・。

 カズヤは自分のことを絶対者だと思っているようです。そして絶対天使という存在に心酔していると。しかもSっぽいですし。京四郎の泣き顔が見たいとか言ってますし。さらにその力は絶対天使以上で、なおかつ言動に悪意が感じられないと。そしてその動きはギャグ。あらゆる意味で最強です、真・王子様は。


 話は変わってサイトの話。Enterページの画像を変えてみました。新しくしたやつはなんか微妙な気がして。ただ、今回もどうかな~って気がしないでもないのですが。・・・・・・色のセンスないですな~自分。


 それではこれで。最近アニメ内容がかなり濃くなってきているのでこの感想の書き方は限界っぽいです、私の。

テーマ:京四郎と永遠の空 - ジャンル:アニメ・コミック

コードギアス19話 感想
 今日はひな祭り~(男である私には関係ありませんが)。こんばんは。


 今回のコードギアス、その新用語やら展開速度やらに私の脳処理が付いていけませんでした。というわけで、ちょっと記憶が心配な第19話”神の島”の感想へいきます。

 ゼロ、スザク、カレン、ユーフェミアの四人は気が付くとそれぞれ知らない島にばらばらに飛ばされていました。その島でゼロはユーフェミアと、スザクはカレンと出くわしました。そしてスザクはカレンが黒の騎士団であることを知り、ユーフェミアはゼロがルルーシュであることを指摘します。開始早々それぞれの正体がばれたことに驚きました。・・・・・・というかカレン、状況的にそれがベストだろうけど裸で突っ込んでいかなくても、と思ってしまいました。

 一方砲撃が行われた現場では事後処理とユーフェミアの捜索が。そしてアヴァロン内ではロイド、セシル、そしてシュナイゼルの会話が。ハドロン砲の砲撃は不確定要素によってスザクが助かることに賭けたものだったことが判明します。クールかと思っていたシュナイゼルが好青年で部下思いだったのでかなり驚きました。もちろん裏の顔というのが存在するのかもしれませんが。会話後、シュナイゼルとロイドはアヴァロンを使ってのユーフェミア捜索ということで回収したランスロットが置かれた部屋をあとにします。

 場面は変わって謎の島。スザクとカレン、ユーフェミアと正体のばれたゼロことルルーシュ、それぞれの視点に。まずルルーシュ、ゼロの仮面をとったルルーシュは本来のルルーシュとしてユーフェミアと接します。ユーフェミアもその穏やかな時間がいつまでも続かないものなのかとルルーシュに問いかけます。またこのときの会話からルルーシュの母親を殺したという疑惑のあるコーネリアは逆にその彼女のことを尊敬していたということがわかりました。一方スザクたちはそれぞれの主張をぶつけ合います。結果が全てだというカレンと過程こそ大切だというスザク、それぞれがそれぞれの体験、思いを元に生まれた主義は簡単には変わらないのでしょう。・・・・・・ただ、スザクは揺らぐことが多いのでなんとも言えませんが。

 黒の騎士団は無事脱出。ところがゼロ捜索に関して藤堂とディートハルトが対立。扇がなんとか丸く治めましたが、ゼロがいないと黒の騎士団は不安定になってしまうことがわかりました。C.C.は観測者という立場にいるらしい人物と交信。話の内容からゼロたちを謎の島に移動させた張本人のようなのですが、真相はいかに?

 一夜明け、それぞれのグループはそれぞれ見たというライトの明かりを探して島を移動します。そして四人が出くわします。彼らが動き出したとき地面から謎の紋章と一瞬の謎のビジョンが。そして地面が抜け四人は落ちていきます。このとき一瞬映った人物、C.C.の言う観測者なのでしょうか?

 ルルーシュたちが見た明かりはユーフェミアの捜索と同時に行われていた遺跡調査の明かりでした。その遺跡の中に落ちてきたゼロたち。ユーフェミアがいるため銃を使えない兵士たちの隙をぬってゼロは試作機”ガウェイン”を奪取し逃走。スザクは落下時に見たビジョンのせいなのか呆然としていました。ガウェインはゼロの専用機になるのでしょうか。遺跡調査のために運び込まれたということもあり何らかの特殊機能があるのかもしれません。少なくとも飛行能力にはびっくり。

 遺跡から出てきたスザクはいきなり拘束されます。その理由はゼロの足止めという命令を放棄したから。そうルルーシュが命じたギアスの内容、それは”生きろ”というものでした。それにより砲撃が迫ったためスザクはゼロを放し脱出、そのときの音声録音があったため捕まったということです。もちろんスザクにはそのときの記憶はありませんが。・・・・・・このギアスがどれだけの効力があるのかによってスザクの運命は大きく変わると思います。自己犠牲主義のスザクにとってまさに最悪のギアスといえるでしょう。ただ、このギアスによってスザクが生き延びたとき何かが起こるのかもしれません。

 今回舞台となった謎の島、名前を正確に聞き取れなかったのですがおそらく神音島だと思います。遺跡があったことといいこの島にはどんな秘密が隠されているのか、これが今後のポイントだと思います。

 次回は”キュウシュウ戦没”です。今回のラストで九州に日本のマークをつけた部隊が強襲をかけていました。彼らの正体は何なのか?待て次回!!・・・・・・ということで。


 それではこれで。今日はぎりぎりになってしまいました。

テーマ:コードギアス 反逆のルルーシュ - ジャンル:アニメ・コミック

実はラーゼフォン見てました
 そういえばもう三月で春休みは一ヶ月くらいしかないんですよ。こんばんは。


 この間某レンタルショップでレンタル80円セールが行われていました。それで借りた作品が『ラーゼフォン』のアニメ版全9巻でした。

 一気に見たため細かい部分の感想は省きますが、一言で言うなら「世界を変えた純愛」といったところでしょうか。ボキャブラリーが少ないのでうまく言えませんが。

 記憶を改ざんされもはや思い出すことすらかなわないような心の奥底でも遙を思い続け、そして再びその遙を愛した綾人、東京を離れたあといろいろありながらもずっと綾人のことを思い続けてきた遙。そしてその二人の思いが世界を調律した結果がエピローグの世界だと。・・・・・・愛で世界が生まれ変わった、ということでいいのでしょう。一つの究極の純愛の形なのかもしれません。

 作品全体としてみてみると、音楽がモチーフとなっているだけに楽曲はすごくよかったと思います。特にOPの『ヘミソフィア』はかなり頭にも残り続けるほどの名曲です。ストーリーもところどころわかりづらい所はありましたが奥深く、とにかくすごいと言わしめるだけのものでした。映像も美しかったと思います。

 総じてすごくよかった作品でした。実は劇場版は一度見たことがあったのですが、これはこの世界を元にまた少し違う世界を構築して生まれた作品なのでアニメ版を見終えた今、もう一度見てその違いを確かめたくなりました。
ラーゼフォン DVD-BOX ラーゼフォン DVD-BOX
BONES、 他 (2007/03/23)
メディアファクトリー

この商品の詳細を見る


 ちょっと短めですがこれで。今夜は『コードギアス』の世界を楽しみます。

テーマ:日記 - ジャンル:アニメ・コミック



プロフィール

RyO(卯竜)

Author:RyO(卯竜)
サイト『空を舞う竜のように』の管理人です。アニメ、マンガ、ゲーム、ラノベ、イラスト、カードゲーム、と趣味の幅は広いです。

また、「卯竜」名義でイラストレーターをやっています。イラストのお仕事を募集中です。何かありましたらご気軽にご連絡くださいませ。

現在キリ番企画実施中
7000hitありがとうございます!!キリ番を踏んだ方はよろしければイラストのリクエストをどうぞ!! next→8000hit
pixiv



web拍手

web-拍手2

日記でもサイトでも何かご意見・ご感想がありましたらこちらからもどうぞ。



お知らせなど

コミックマーケット89に参加します

3日目・西つ15b



フリーエリア



ついったー



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



ブログ内検索



月別アーカイブ



カテゴリー



リンク

このブログをリンクに追加する



カレンダー

02 ≪│2007/03│≫ 04
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



RSSフィード



メール

名前:
メール:
件名:
本文:





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。